アンティグア・バーブーダの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンティグア・バーブーダの国旗
アンティグア・バーブーダの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民海上?
縦横比 2:3
制定日 1967年2月27日
使用色
テンプレートを表示

アンティグア・バーブーダ国旗は、1966年にレジナルド・サミュエルによって描かれ、1967年2月27日に採用された[1]

黄金の太陽は新時代の始まりを、赤は奴隷であった先祖の活力と国民の力強さを、青は希望を、黒は農場とアフリカ人の遺産を象徴する。また、金、青、白はアンティグア・バーブーダの観光地である太陽と海と砂浜を表している。国旗を仕切るV字は「ヴィクトリー・アト・ラスト」の頭文字を取ったものである[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Government of Antigua and Barbuda 2016年11月7日閲覧。

関連項目[編集]