パナマの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パナマの国旗
パナマの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1925年11月4日
使用色
テンプレートを表示

パナマ国旗(パナマのこっき Flag of Panama)は、赤・青・白の3色が用いられ、赤及び青星が配置されたデザインの旗である。

1903年コロンビアからの分離独立時に初めて掲揚され、1904年に正式に議会で承認された。1925年に白地と星の配置を変更し、現在のデザインとなった。

当時の政治情勢を象徴し、青と赤はコロンビア保守党(保守派)とコロンビア自由党(共和派)を表し、白は平和を表している。青い星はこの国の生活の純粋さと誠実さを表し、赤い星はこの国の権威と法律を表しているとされる。正式には1903年にマリア・デ・ラ・オッサ・デ・アマドール(María de la Ossa de Amador)によって制作されたとされる。

歴史的な旗[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]