ベネズエラの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベネズエラの国旗
ベネズエラの旗
用途及び属性 市民陸上、市民海上?
縦横比 2:3
制定日 2006年3月12日
使用色
テンプレートを表示

ベネズエラ国旗は、三色旗で、中央にがデザインされている。 元々のデザインは1811年の独立運動時に決められた。現在は左上に国章が配置されている。 黄色は国の豊かさを表し、赤は国民の血と勇気を表し、青はスペインとベネズエラを隔たらせている水を表す。1806年3月12日に初めて使用されたもので、現在でも3月12日を「国旗の日」としている。デザインはその後何度か一部改変され現在に至る。

19世紀前半には独立戦争時代に立ち上がった7植民地州(バルセロナバリナスカラカスクマナマルガリータメリダトルヒージョ)を表す7つの星が、国旗の中央に追加された。その後1817年アンゴストゥーラ宣言の中で、シモン・ボリーバルガイアナの解放を受け8つめの星を追加した。その後は7つ星に変更されたが、2006年3月12日に再び8つに変更された。また、国章の一部も改変され、従来の中央のが右方向に走っていたが、左方向に向けられた。この改変について、すべての国旗の変更となりコストが大きくかかる、チャベス左翼政権を象徴している、8つ目の星であるガイアナは現在独立国でありベネズエラの一部ではない、などの批判が起き、国内で大きな論争を呼んでいる。

1954年2月17日、政府用旗および軍旗には左上に国章を擁すると制定された。市民旗、商船旗、国際スポーツ大会などでは国章のないものが使用される。ただし、2006年8月2日WBAライトフライ級タイトルマッチ・亀田興毅ファン・ランダエタの試合では、国章入りのものが掲揚された。また、ヤクルトスワローズ時代のロベルト・ペタジーニ及び東京ヤクルトスワローズ時代のアレックス・ラミレスが打席に立つ際にも、同じ旗が応援席に掲出された。

歴代の国旗[編集]

関連項目[編集]