セスキ炭酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セスキ炭酸ナトリウム

Sodium sesquicarbonate

識別情報
CAS登録番号 533-96-0
特性
化学式 C2HNa3O6
モル質量 190.00
外観 固体(白色結晶粉末)
密度 2.112 g/cm3 (2水和物)
融点

>70 (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セスキ炭酸ナトリウム(セスキたんさんナトリウム、英語: Sodium sesquicarbonate)は、炭酸ナトリウム炭酸水素ナトリウムから構成される複塩であり、炭酸塩鉱物トロナの成分である。

名称について[編集]

セスキ (sesqui-) は1.5倍を表す接頭辞なので、「セスキ炭酸ナトリウム」という名称はナトリウム1に対して炭酸1.5が含まれている塩を意味する。すなわち2Na2O:3CO2という組成でありNa2CO3・2NaHCO3という形の複塩になるはずである。しかし一般にセスキ炭酸ナトリウムと呼ばれている物質はNa2CO3・NaHCO3、つまり1.5Na2O:2CO2という組成になる。これは炭酸4に対してナトリウム3が含まれていることになるため、本来は二炭酸一水素三ナトリウム、またはテトラトリタ炭酸ナトリウム[1]と呼ぶのが正しい。

合成、反応[編集]

用途[編集]

洗剤入浴剤、またはそれらの原料として用いられる[2]。「アルカリウォッシュ」という名称で市販されていることも多い。油脂や蛋白質由来の汚れには、アルカリによる加水分解鹸化反応により非常に効果的であるが、泥汚れ等の無機質由来の汚れには、界面活性剤に大きく劣る。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]