スーパーマリン シミター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正面から見たシミター。ジェットエンジンのエアインテイク(空気取り入れ口)にはカバーがされている。

スーパーマリン シミター (Supermarine Scimitar) とはイギリス航空機メーカー、スーパーマリン社が開発し、イギリス海軍が使用した艦上戦闘攻撃機である。

開発と特徴[編集]

開発は第二次世界大戦終了直後、1945年海軍の要求で開始された。当時のジェット機は試行錯誤の段階に在り、シミターも機体を軽量化するため降着装置を装備せず胴体着陸を行う事も計画案に盛り込まれたが、計画を煮詰める際にこの要求は却下された。やがて、ドイツから後退翼の研究データが持ち出されるとシミターにも後退翼が採用されエリアルールを採用した機体は独特のくびれを持っていた。シミターは戦闘機攻撃機戦術偵察機として使用できる様に設計された多用途艦上機であった。その後、1951年に初飛行し、1958年にはホーカー シーホークと交代する形で部隊配備が開始された。

部隊配備[編集]

シミターは核兵器搭載能力を有する初のイギリス海軍の近代的艦載機であったが、開発が順調に進んでいたブラックバーン社のブラックバーン バッカニアが部隊配備されるまでの繋ぎ役とされてしまったため、生産数は76機にとどまった。しかし、バッカニアが甲板が狭いイギリスの航空母艦から兵装を搭載した状態で燃料を満載すると発艦が出来ず、燃料を半載にして発艦しなければならなかったため、発艦後、燃料ポッドを搭載したシミターがバッカニアに空中給油を行わなければならず、シミターは1966年まで現役で任務をこなしていた。

シミターの開発を最後にスーパーマリン社はビッカーズ社に吸収合併された。

スペック[編集]

  • 全幅:11.3 m
  • 全長:16.8 m
  • 総重量:15,500 kg
  • 最大速度:1,140 km/h
  • 航続距離:2,300 km(増槽使用)