ウェストランド ワイバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェストランド ワイバーン

ワイバーン S Mk.4

ワイバーン S Mk.4

ウェストランド ワイバーン(Westland Wyvern、飛竜の意)とは、イギリス航空機メーカーウェストランド社が開発しイギリス海軍航空隊が使用した戦闘雷撃機である。

開発[編集]

本機は開発当初、ロールス・ロイス社製のレシプロエンジンイーグルを搭載し初飛行まで漕ぎ着け、量産型は同社製のターボプロップエンジンクラウドを搭載する予定であったが、ロールス・ロイス社はジェットエンジンの開発・生産に専念するという理由で急遽、搭載エンジンをアームストロング・シドレー社製のパイソンに変更した。この搭載エンジンの変更によりギアボックスの設計を変更せざるを得なくなり開発は長期化してしまった。その後、1949年にパイソンを搭載したワイバーンが初飛行したが、搭載エンジンの変更により重量が増加した上、最大速度が低下してしまった。

配備と実戦参加[編集]

ワイバーンは1953年からブラックバーン ファイアブランドと交代する形で配備が開始され、1954年には完全にファイアブランドから更新された。

しかし、当時は既にジェット機の時代であり、エンジンの不調にも悩まされた事もあって唯一実戦に投入されたのは1956年に勃発したスエズ動乱で、HMSイーグル艦載の第830飛行隊のワイバーンが出撃し地上攻撃を行った。その後1958年に全機退役した。

各型[編集]

  • W.34 ワイバーン TF Mk.1 - 試作機
  • W.35 ワイバーン TF Mk.2 - 量産型だが実戦配備されず
  • W.38 ワイバーン T Mk.3 - 複座型練習機で1機のみ作製された。シリアルナンバーは VZ739
  • W.35 ワイバーン TF Mk.4(S Mk.4)- 量産型。実際に部隊配備されたのはこの型のみ

スペック[編集]

ワイバーン S Mk.4 三面図
  • 全幅:13.4m
  • 全長:12.9m
  • 総重量:11,113kg
  • 最大速度:616km/h
  • 航続距離:1,464km