ジョーン・レスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョーン・レスリー
Joan Leslie
Joan Leslie
ジョーン・レスリー(『Modern Screen』誌1946年)
本名 ジョーン・アグネス・テレサ・セイディ・ブローデル
別名義 ジョーン・ブローデル
生年月日 (1925-01-26) 1925年1月26日
没年月日 (2015-10-12) 2015年10月12日(90歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優、ダンサー、ボードビリアン
活動期間 1934 - 1991
テンプレートを表示
11歳のジョーン・レスリー(『椿姫』宣材写真)
フレッド・アステアと(1943年)

ジョーン・レスリーJoan Leslie1925年1月26日 - 2015年10月12日)は、ハリウッド黄金時代に活躍したアメリカ合衆国女優ダンサー、ボードビリアン。代表作は『ハイ・シェラ』『ヨーク軍曹』『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』など。

生涯[編集]

1925年1月26日ミシガン州ハイランド・パーク英語版に生まれる。出生名はジョーン・アグネス・テレサ・セイディ・ブローデルJoan Agnes Theresa Sadie Brodel[1]。アイルランド系でカトリック[2][3]。父親のジョンは銀行員[4]、母親のアグネスはピアニスト。姉が二人いる。長女はメアリー(1916年 - 2015年)、次女はベティ(1920年生)。姉妹は母親の影響で幼い頃からサクソフォーンバンジョーといった楽器演奏を習い、人前で歌や踊りを披露する[5]。ジョーンは2歳半からそれに加わる。すぐにアコーディオンが弾けるようになる[2]

1930年代半ばに世界恐慌で父親が失業。生活のため姉妹はボードビリアンとしてショービジネス界に入り、カナダ、アメリカをツアーして回る。姉妹はザ・スリー・ブローデルThe Three Brodels)と呼ばれた。児童労働法に抵触するので姉妹は年齢をごまかした。9歳だったジェーンも調査員に16歳と嘘をついた[6]。ジェーンは最年少ながらグレタ・ガルボキャサリン・ヘプバーンモーリス・シュヴァリエザス・ピッツジミー・デュランテルイーゼ・ライナーらの物真似で人気を博した[5][7]

1936年ニューヨークでの公演中にMGMのスカウトの目に止まる。撮影所と週200ドルで6ヶ月契約を結ぶ[7]。MGMではジュディ・ガーランドミッキー・ルーニーフレディ・バーソロミュー英語版ら他の子役スターと一緒にLittle Red Schoolhouseに通った[8][9]

女優としてのデビューはグレタ・ガルボロバート・テイラー主演の恋愛映画椿姫』(1936年)[10]。テイラーの妹役だったが喋っているシーンはカットされ、またクレジットもされなかった。その後は役をもらえず、ディアナ・ダービンとともに撮影所から契約解除された[5][11]。ジョーンはニューヨークに戻り、ラジオに出たりモデルをやったりした。しかし姉のメアリーがユニバーサルと契約したので、家族でハリウッドに移る。ジョーンはフリーランスで撮影所(主にRKO[12])で働き出す[7]

『翼の人々』(1938年)で小さな役を得るが、母親が13歳だったジェーンの年齢をごまかしていたことに監督のウィリアム・A・ウェルマンが気づき、それ以降の撮影はメアリーに交代させた[13]

最初に名前(ジョーン・ブローデル)がクレジットされたのは『Winter Carnival』(1939年)。南部訛りの女優を探していた監督に抜擢された[6]

15歳の時、ハリウッド監督たちが選ぶ「Baby Stars of 1940'」13人の1人に選出される[14]

ブレイクしたのは1941年ワーナー・ブラザースと契約してから[2]。名前がジョーン・ブロンデルと名前が似ていたのでジョーン・レスリーに改名する[15]

その2週間後[16]、まだ15歳だったジョーンは何の映画かわからずにスクリーンテストを受けさせられる。キュー(合図)と同時に泣くことができたので役を獲得。映画はハンフリー・ボガートアイダ・ルピノ主演の『ハイ・シェラ』(1941年)で、ジョーンは足の不自由な少女ヴェルマを演じた[17]。映画評論家のボズレー・クラウザーは「新人ジョーン・レスリーは小さい役を立派にこなしている」と評価した[18]

その年、ワーナー・ブラザースは第1次世界大戦のアメリカ軍兵士アルヴィン・ヨーク伝記映画ヨーク軍曹』を製作することになり、ゲイリー・クーパーの相手役にジョーンが抜擢された。ヨークの婚約者グレイシー・ウィリアムズ役で、当初ジェーン・ラッセルが検討されたが、ヨーク本人が煙草も酒もやらない女優を希望したのでジョーンに決まった[19]。『ヨーク軍曹』は興行的にはその年の興収トップ、批評的にも大成功した。アカデミー賞では11部門でノミネートされ、クーパーはアカデミー主演男優賞を受賞した [20]。クーパーは24歳も年上で、「クーパーから人形のセットをもらったわ」とジョーンは後に『トロント・スター』紙で語っている。「彼は私をそういうふうに見ていたの」"[21]

『The Male Animal』(1942年)ではオリヴィア・デ・ハヴィランドの妹役を演じる。ブロードウェイのオリジナル劇ではジーン・ティアニーがこの役を演じている[22]

1942年パラマウント映画の『スイング・ホテル』のオーディションを受けるが、ワーナー・ブラザースは彼女を『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』のジェームズ・キャグニーの相手役に指名する[23]。ブロードウェイのエンターテイナー、ジョージ・M・コーハン(英語版の生涯を描いたミュージカル映画[24]、ジョーンはコーハンの妻で野心的な歌手メアリーを演じた[25]。アカデミー賞では主演男優賞のキャグニーを含む8部門にノミネートされた[26]。ジョーンはスターとなり、「甘ったるく見えないイノセントな乙女」と形容された[4]

1943年には4つの映画に出演した。『虚栄の花』ではアイダ・ルピノ、デニス・モーガン英語版と共演。『ニューヨーク・タイムズ』紙は「役がそうであるように器用で何をやらせてもうまい」と評した[27][28]。『青空に踊る』はRKO作品でフレッド・アステアの相手役。ハロルド・アーレン作曲・ジョニー・マーサー作詞の『My Shining Hour』を歌った[29]。他にロナルド・レーガン共演の『ロナルド・レーガンの陸軍中尉英語版』、『Thank Your Lucky Stars』に出演。

第2次世界大戦中は軍人向けの慰安酒保ハリウッド・キャンティーンで兵士と踊ったり、何百枚もサインするなど、定期的にボランティアをした。ワーナー・ブラザースがそのハリウッド・キャンティーンを舞台に作った『ハリウッド玉手箱』(1944年)に本人役で主演。ただし内容はフィクションでロバート・ハットン英語版演じる兵士と恋に落ちる。この映画には姉のベティ・ブローデルも出演している。

戦後の1946年、『Motion Picture Herald』紙のアンケートで「将来が最も期待されるスター」に選ばれる[30]

ジョーンは撮影所が与える役に徐々に不満を感じるようになる。若さから求められる純情派のイメージから脱却し、よりシリアスな大人の女性を演じたいと思うようになった。その背景にはキリスト教カトリックの道徳観があったようで[31]、ワーナー・ブラザースとの契約解除を求めて裁判を起こした[32]。ワーナー・ブラザースのジャック・L・ワーナー英語版は報復としてジョーン・レスリーをブラックリストに載せハリウッドのメジャー・スタジオから閉め出した[33]1947年、ジョーンはポヴァティ・ロウ系の小スタジオだったイーグル・ライオン・フィルムズと契約。フィルム・ノワール『Repeat Performance』(1947年)[34]や西部劇『荒原の征服者』(1948年)[35]といったB級映画に出演した。

イーグル・ライオン・フィルムズとの契約終了後、『The Skipper Surprised His Wife』(1950年、MGM)で久々にメジャー復帰を果たす。[36]

1950年3月、産科医のウィリアム・コールドウェルと結婚[7]。翌年1月に双子の娘パトリースとエレンを出産[37]

1950年代は娘の子育てに重きをおき、映画出演は不規則になる。1952年、低予算の西部劇映画を製作していたリパブリック・ピクチャーズと短期間契約[33]アメリカ空軍で活躍した実在の看護婦リリアン・キンケラ・ケイルの伝記映画『女の戦場』に主演する[38]。最後の映画出演は『The Revolt of Mamie Stover』(1956年)。しかし、テレビには子育ての合間をみて散発的に出演を続ける[7]。『Fire in the Dark』(1991年)を最後に引退[5][39]

2015年10月12日ロサンゼルスで死去。90歳だった[40]ホーリー・クロス墓地に埋葬された。

レガシー[編集]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • Signing Off (1936) ※短編、ブローデル。シスターズとして
  • 椿姫 Camille (1936) ※クレジットなし
  • 翼の人々 Men with Wings (1938) ※クレジットなし
  • Nancy Drew... Reporter (1939) ※クレジットなし
  • 邂逅 Love Affair (1939) ※クレジットなし
  • Winter Carnival (1939)
  • Two Thoroughbreds (1939)
  • ラディー Laddie (1940)
  • High School (1940) ※クレジットなし
  • Young as You Feel (1940)
  • Alice in Movieland (1940) ※短編
  • Star Dust (1940) ※クレジットなし
  • Susan and God (1940) ※クレジットなし
  • Military Academy (1940)
  • 海外特派員 Foreign Correspondent (1940) ※クレジットなし
  • ハイ・シェラ High Sierra (1941)
  • The Great Mr. Nobody (1941)
  • The Wagons Roll at Night (1941)
  • Thieves Fall Out (1941)
  • ヨーク軍曹 Sergeant York (1941)
  • Nine Lives Are Not Enough (1941) ※クレジットなし
  • The Male Animal (1942)
  • ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ Yankee Doodle Dandy (1942)
  • 虚栄の花 The Hard Way (1943)
  • 青空に踊る The Sky's the Limit (1943)
  • ロナルド・レーガンの陸軍中尉英語版 This Is the Army(1943)
  • Thank Your Lucky Stars (1943 )
  • ハリウッド玉手箱 Hollywood Canteen (1944)
  • I Am an American (1944) ※短編、クレジットなし
  • Where Do We Go from Here? (1945)
  • アメリカ交響楽 Rhapsody in Blue (1945)
  • Too Young to Know (145)
  • 婿探し千万弗 Cinderella Jones (1946)
  • Janie Gets Married (1946)
  • 王子と運ちゃん Two Guys from Milwaukee (1946)
  • Repeat Performance (1947)
  • 荒原の征服者 Northwest Stampede (1948)
  • The Skipper Surprised His Wife (1950)
  • 濁流(生まれながらの悪女) Born to Be Bad (1950)
  • 馬上の男 Man in the Saddle (1951)
  • 虐殺の砂漠 Hellgate (1952)
  • アリゾナの勇者 Toughest Man in Arizona (1952)
  • 私刑される女 Woman They Almost Lynched (1953)
  • 女の戦場 Flight Nurse (1953)
  • テキサス街道 Jubilee Trail (1954)
  • Hell's Outpost (1954)
  • The Revolt of Mamie Stover (1956)

テレビ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gala Musical Due at Eckel”. Syracuse NY Journal, 1943. 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c Joan Leslie, an update”. Toledo Blade. p. 28 (1986年6月26日). 2020年4月12日閲覧。
  3. ^ Joan Leslie's Ego Isn't Inflated by Film Fame”. Tampa Bay Times. p. 37 (1946年1月6日). 2020年4月12日閲覧。
  4. ^ a b Joan Leslie. (October 26, 1942). https://books.google.com/books?id=UEEEAAAAMBAJ&pg=PA75&dq=joan+leslie&hl=sv&sa=X&ei=oCf7UvTsL4jiywPDhoCQCQ&ved=0CHEQ6AEwCQ#v=onepage&q=joan%20leslie&f=false 2020年4月12日閲覧。 
  5. ^ a b c d Joan Leslie profile at. The Women of Warner Brothers: The Lives and Careers of 15 Leading Ladies. https://books.google.com/books?id=OfwMkz8vpIgC&pg=PA154&lpg=PA154&dq=joan+leslie 2020年4月12日閲覧。 
  6. ^ a b Detroit's outlaw Brodel sisters go straight in Hollywood”. The Sunday Morning Star (1941年8月10日). 2020年4月24日閲覧。
  7. ^ a b c d e Joan Leslie. "Movies Were Always Magical": Interviews with 19 Actors, Directors, and .... https://books.google.com/books?id=pNQylJinyQsC&pg=PA109&lpg=PA109&dq=%22movies+were+always+magical%22+%22joan%22 2020年4月12日閲覧。 
  8. ^ Tutoring kid stars was an exciting challenge”. The Lowell Sun. p. 65 (1972年10月8日). 2015年8月29日閲覧。 - via Newspapers.com [リンク切れ]
  9. ^ You Ain't Heard Nothin' Yet: Interviews with Stars from Hollywood's Golden Era. Univ Pr of Kentucky. (2017). p. 155. ISBN 978-0813174211 
  10. ^ Child actress prefer cooking to acting”. The Liberty Vindicator. pp. 2 (1937年11月3日). 2020年4月12日閲覧。
  11. ^ One film puts Joan Leslie on brink of stardom at 16”. PM. p. 44 (1941年8月24日). 2020年4月12日閲覧。
  12. ^ Joan Leslie - She's acted every age but her own; has kept Fred Astaire waiting”. Oakland Tribune. p. 55 (1944年8月20日). 2020年4月12日閲覧。
  13. ^ Hollywood Highlights”. Ottawa Citizen. p. 21 (1938年7月13日). 2020年4月12日閲覧。
  14. ^ “Directors Favor Brunettes”. Arizona Independent Republic: p. 50. (1940年10月19日). https://www.newspapers.com/clip/1983811/directors_favor_brunettes/ 2020年4月12日閲覧。  オープンアクセス
  15. ^ Margalit Fox (2015年10月15日). “Joan Leslie, a Hollywood Girl Next Door, Dies at 90”. The New York Times. 2020年4月12日閲覧。
  16. ^ Warner Bros. turns 75”. Kentucky New Era. p. 18 (1998年6月22日). 2020年4月12日閲覧。
  17. ^ Raoul Walsh: The True Adventures of Hollywood's Legendary Directors. The University Press of Kentucky. https://books.google.com/books?id=5GkWBzW-zCAC&pg=PT115&lpg=PT115&dq=%22joan+brodel%22+%221940%22 2020年4月12日閲覧。 
  18. ^ Bosley Crowther (1941年1月25日). “THE SCREEN; 'High Sierra,' at the Strand, Considers the Tragic and Dramatic Plight of the Last Gangster”. The New York Times. 2020年4月12日閲覧。
  19. ^ Hollywood Chatter”. The Daytona Beach News-Journal. p. 4 (1941年7月12日). 2020年4月12日閲覧。
  20. ^ Sergeant York (film by Hawks [1941)]”. Encyclopædia Britannica. 2020年4月12日閲覧。
  21. ^ Bernstein, Adam (2015年10月15日). “Joan Leslie, girl-next-door movie star of the 1940s, dies at 90” (英語). The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/entertainment/joan-leslie-girl-next-door-movie-star-of-the-1940s-dies-at-90/2015/10/15/495f4a58-734b-11e5-9cbb-790369643cf9_story.html 2020年4月12日閲覧。 
  22. ^ Joan Leslie gets part”. Deseret News. p. 4 (1941年7月11日). 2020年4月12日閲覧。
  23. ^ Joan Leslie Happy to Be Just 18”. Milwaukee Journal Sentinel. p. 70 (1942年12月27日). 2014年2月21日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ Whatever Happened to...Joan Leslie”. Melbourne Observer. p. 22 (2012年3月14日). 2020年4月12日閲覧。
  25. ^ Yankee Doodle opens at three theaters today”. The Miami News. p. 17 (1942年2月19日). 2014年2月25日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ Yankee Doodle Dandy”. Oscars.org. 2014年2月22日閲覧。 [リンク切れ]
  27. ^ Ida Lupino, Joan Leslie, Dennis Morgan in The Hard Way”. The Spokesman-Review. p. 21 (1944年2月16日). 2020年4月12日閲覧。
  28. ^ T.S. (1943年3月13日). “At the Strand”. The New York Times. 2020年4月12日閲覧。
  29. ^ Meet the Stars”. Big Spring Daily Herald. p. 3 (1944年1月27日). 2015年8月29日閲覧。 - via Newspapers.com [リンク切れ]
  30. ^ “The Stars of To-morrow.”. The Sydney Morning Herald (NSW: National Library of Australia): p. 11 Supplement: The Sydney Morning Herald Magazine. (1946年9月10日). http://nla.gov.au/nla.news-article17994035 2020年4月21日閲覧。 
  31. ^ Joan Leslie ostracized for turning down roles against her principles”. =The Canadian Register. p. 5 (1947年6月14日). 2020年4月21日閲覧。
  32. ^ Records and Briefs of the United States Supreme Court”. 2020年4月12日閲覧。}
  33. ^ a b Joan Leslie Interview”. Western Clippings. 2020年4月12日閲覧。
  34. ^ Repeat Performance”. UCLA film and television archive. 2020年4月12日閲覧。
  35. ^ Headed for Paramount”. Toledo Blade. p. 40 (1948年12月2日). 2020年4月12日閲覧。
  36. ^ Joan Leslie on her way to big screen comeback”. Toledo Blade. p. 43 (1949年11月24日). 2020年4月12日閲覧。
  37. ^ Joan Leslie Has Twins”. The Sunday Herald. p. 4 (1951年1月7日). 2020年4月12日閲覧。
  38. ^ Lillian Kinkella Keil, 88; 'an Airborne Florence Nightingale'”. LA Times (2005年7月10日). 2020年4月12日閲覧。
  39. ^ Steen, Kathleen (October 4, 1991). “Television Reviews 1991–1992”. Variety. https://books.google.com/books?id=RxHbPxbBM1AC&pg=PP212&lpg=PP212&dq=%22fire+in+the+dark%22+%22joan+leslie%22 2020年4月12日閲覧。. 
  40. ^ Joan Leslie Caldwell: Obituary”. Los Angeles Times (2015年10月15日). 2020年4月12日閲覧。
  41. ^ Joan Leslie”. Hollywood Walk of Fame. 2020年4月12日閲覧。
  42. ^ A compendium of the 500 stars nominated for top 50 'Greatest Screen Legends status”. American Film Institute. 2020年4月12日閲覧。
  43. ^ Eastwood honoured with Golden Boot Award”. USA Today. 2020年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]