ジェルバ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェルバ島
Djerba south-coast-3.jpg
座標 北緯33度47分00秒 東経10度53分00秒 / 北緯33.78333度 東経10.88333度 / 33.78333; 10.88333座標: 北緯33度47分00秒 東経10度53分00秒 / 北緯33.78333度 東経10.88333度 / 33.78333; 10.88333
面積 514 km²
海岸線長 150 km
最高標高 53 m
所在海域 地中海
所属国・地域 チュニジアの旗 チュニジア
地図
ジェルバ島の位置(チュニジア内)
ジェルバ島
ジェルバ島
ジェルバ島の位置(チュニジア
テンプレートを表示
衛星写真

ジェルバ島(Djerba)は、チュニジアの島。チュニジア南部、ガベス湾内にある北アフリカでもっとも大きな島で、リビアとの国境に近くに浮かぶ。人口12万人。中心都市はフーム・スークである。

概要[編集]

オデュッセウスが上陸した島であるとされる。紀元前587年頃からカルタゴ人が数度来訪した。エルサレム神殿破壊後、多くのユダヤ人が島へ避難してきた。ローマ人が島に都市と商業港を数カ所建設し、農業を発展させた。キリスト教徒、ヴァンダル族東ローマ帝国アラブ人に次々と征服されたジェルバ島は、1960年代以降は人気のある観光地となった。ジェルバ島はイスラエル建国以後、チュニジア国内で最大のユダヤ教徒コミュニティとなっている[1]。また、チュニジア国内でも数少ない、ベルベル語が話される地域でもある。

本土とは島南西部との間をフェリーが往復し、所要時間は約15分である。島の南東端は本土と7kmほどしか離れておらず、古代ローマ時代には本土とつながっていた。現在は島南東のエル・カンタラと本土との間に橋が架かっている。

由来[編集]

古代よりジェルバの名は伝説によって知られていた。ホメロスの『オデュッセイア』において、この島はロートファゴイ(ハス食い人、Λωτοφαγῖτις)がいたと記されている。島は3世紀までいくつかの名で呼ばれた。偽スキュラクスのペリプルスは『ブラキオン』(Βραχείων)と呼び、ヘロドトスはフラ(Phlâ)、ポリュビオステオプラストスラテン語の著述者たちはメニンクス(Meninx)と呼んだ。

気候[編集]

ジェルバ島は地中海性気候であるが、地中海とサハラ砂漠からの空気が混じり合う交差路にあたるため、半乾燥気候の傾向がある。年間の平均気温は19.8℃、月平均最高気温は30℃を超えず、月平均最低気温は8℃を下回らない。夏に最高気温32.7℃を記録したが海上からの微風で熱気が下げられ、一方で冬には、月平均最高気温が12℃となる。

住民・文化[編集]

民族的にはアラブ、ベルベル、アフリカ系の住人で構成され、宗教的にはユダヤ教、スンニ派ムスリム、イバード派ムスリムが存在する。これらの諸民族、諸宗派が生業によってコミュニティを形成し、モザイク状に棲み分けを行っている[1]。生業は農業、漁業などの一次産業が盛んだが、ユダヤ教徒コミュニティは商業、銀の加工などの手工業を専らとしている。

文化的な特色のひとつに、大家族が生活するメンゼルと呼ばれる居住形態がある[1]。メンゼルはローマ時代の砦に由来する強固な構造の屋敷であり、ジェルバ島のコミュニティは数戸のメンゼルの統合体によって成り立っている。

フーム・スークにあるエルグリーバシナゴーグは、2つの伝説によって世界的なユダヤ教徒の巡礼地となっている[1]。一つ目の伝説はエルグリーバの縁起にまつわる伝説であり、紀元前586年の第一次ディアスポラによってジェルバ島にたどり着いたユダヤ教徒が、海岸にソロモン神殿の石材の一部が漂着しているのを発見し、シナゴーグを建設する事になったが建設場所に関して論争になった。論争は長引いたが、過越の祭の二日目に空から聖石が降ってきて、その場所に石材を置いてみたところエルサレムへの道が見えたという。もう一つの伝説は、人種不明の乙女の遺体が漂着したという土着の希人伝説であり、同様の聖所伝説は他の宗教コミュニティにも存在する。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 田村愛理、深沢克己(編)「漂着聖女信仰とユダヤ教徒」『ユーラシア諸宗教の関係史論:他者の受容、他者の排除』 勉誠出版 2010年、ISBN 9784585210047 pp.203-222.

外部リンク[編集]