ドゥッガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


世界遺産 ドゥッガ/トゥッガ
チュニジア
ドゥッガの古代劇場
ドゥッガの古代劇場
英名 Dougga/Thugga
仏名 Dougga/Thugga
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(3)
登録年 1997年
備考 北緯36度25分00秒東経9度13分00秒
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ドゥッガまたはトゥッガは、チュニジア北部にあるローマ時代の遺跡である。65ヘクタールの広さを持つ。

もともと、ドゥッガは城壁に囲まれたベルベル人の村であり、トゥッガは「牧場」を意味していた。その後、紀元前2世紀ヌミディアマシニッサがこの地を所在地とした。ローマ人は紀元前2世紀後半にこの街を占領した。

ドゥッガは東ローマ帝国の支配地となった後、ヴァンダル人に占有された。ドゥッガには印象的なローマの遺跡が残っており、1997年にユネスコの世界遺産に登録された。

外部リンク[編集]