ジェットブルー航空292便緊急着陸事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェットブルー航空292便
JetBlue292Landing.jpg
不時着する瞬間の画像。降着装置から炎が上がっている
出来事の概要
日付 2005年9月21日
概要 ランディングギアの故障
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
乗客数 140
乗員数 6
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 146(全員)
機種 エアバスA320-232
運用者 アメリカ合衆国の旗 ジェットブルー航空
機体記号 N536JB
出発地 アメリカ合衆国の旗 ボブ・ホープ空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ジョン・F・ケネディ国際空港
テンプレートを表示

ジェットブルー航空292便緊急着陸事故 (じぇっとぶるーこうくう292びんきんきゅうちゃくりくじこ、JetBlue Airways Flight 292)は、2005年9月21日アメリカジェットブルー航空が国内定期便として運行していたエアバスA320-232前部主脚に異常が発生し、緊急着陸を余儀なくされた事故である[要校閲] [いつまで?]

事故の概要[編集]

降着装置の異常[編集]

事故機のA320

ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港行きジェットブルー航空292便は2005年9月21日午後3時17分にカリフォルニア州バーバンクボブ・ホープ空港を離陸した。

離陸後まもなくして、操縦士が降着装置を収納しようとレバーを引いたが、降着装置を引き込むことができなかった。異常を察知した操縦士は、近くにあるロングビーチ空港管制塔に降着装置の状態を目視で確認してもらったところ、前部の降着装置が進行方向に対して直角に曲がっていることが分かった。

この事態に操縦士はすぐに着陸することが必要と考え、滑走路が長く、近場だったロサンゼルス国際空港に緊急着陸することを決めた。

減らされた機体重量[編集]

機体が重いと損傷している前部のギアに負担がかかると考えた操縦士は、バーバンク上空でしばらく飛行を続けて燃料を消費し、機体の重量を減らすことにした。A320は燃料投棄システムを持たない。また、機体前部をできるだけ軽くするために、待機旋回中に乗客と手荷物を機体後部に移動するなどの対策をとった。

しばらくして重量を減らした292便は、ロサンゼルス国際空港への着陸体勢に入った。空港には火災が発生した場合を想定した消防車と消防隊が配置されていた。

緊急着陸[編集]

ロサンゼルス国際空港の航空写真

292便は滑走路25L(3382m)に着陸した。滑走中に摩擦が原因で前部の降着装置から炎が上がったが、幸い機体には燃え移らず、午後6時20分に滑走路上で無事停止した。

前部降着装置が接地するのをなるべく遅らせようと逆噴射は行わなかったため、停止までの滑走距離は通常よりも長くかかり、停止地点から滑走路の終端まではわずか300mほどしか残っていなかった。停止後の前輪は滑走路との摩擦により半分近く平らに削り取られていた。

機内の各席には機内エンターテイメントシステム液晶ディスプレイのが設置されており、乗客は自分達が乗っている便が着陸するまでの様子をCNNのニュースで見ることができたという[誰によって?]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]