エア・トランザット961便事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エア・トランザット 961便
Airbus A310-308, Air Transat JP317426.jpg
2004年にマンチェスター国際空港で撮影された事故機
事故の概要
日付 2005年3月6日
概要 疲労破壊による方向舵の脱落
現場  キューバ バラデーロ ファン・グアルベルト・ゴメス空港英語版
乗客数 262
乗員数 9
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 271 (全員)
機種 エアバスA310-308
運用者 カナダの旗エア・トランザット
機体記号 C-GPAT[1]
出発地 キューバの旗 ファン・グアルベルト・ゴメス空港英語版
目的地 カナダの旗 ケベック・ジャン・ルサージ国際空港
テンプレートを表示

エア・トランザット961便事故(えあ・とらんざっと961びんじこ)は、2005年3月6日に発生した航空事故である。ファン・グアルベルト・ゴメス空港英語版ケベック・ジャン・ルサージ国際空港行きだったエア・トランザット961便(エアバスA310-308)の方向舵疲労破壊により飛行中に脱落した。パイロットはファン・グアルベルト・ゴメス空港への緊急着陸に成功し、乗員乗客271人は全員無事だった。2018年10月時点で事故機は、エア・トランザットで運用されている[2][3]

調査の結果、方向舵の検査手順が適切ではなかったと結論付けられた[4]。事故後、機体の複合構造への検査手順が変更された。

事故の経緯[編集]

961便はEST2時48分にファン・グアルベルト・ゴメス空港英語版を離陸した。機体は、巡航高度の35,000フィート (11,000 m)に達し、客室乗務員が機内サービスを開始した。3時02分に、機体が突然激しく揺れ、ダッチロールに陥り、上昇し始めた。パイロットは、フォートローダーデール・ハリウッド国際空港へ緊急着陸を行おうとしたが、エア・トランザットのオペレーションセンターはファン・グアルベルト・ゴメス空港へ引き返すことを勧めた。コックピットでは警報は何も作動しておらず、方向舵ヨーダンパーに問題があると考えられた。4時19分に961便は緊急着陸に成功した。駐機場で、パイロットらは外部点検を行った。それにより、垂直尾翼から方向舵が脱落していることに気付いた[4]

事故調査[編集]

異常が発生してから、着陸するまでの時間が長かったため、フライトデータレコーダーコックピットボイスレコーダーの記録は問題が起きた瞬間を記録していなかった。しかし、調査により事故機は離陸前から方向舵に疲労が起きていた事が推定された。A310の尾部は、疲労の成長を食い止めるような構造にはなっていなかった[4]

カナダ交通安全委員会英語版は、複合材料を用いていた方向舵の検査が不十分であったと結論付けた[5]。そのため、方向舵の耐久強度も疑問視された。961便の事故は、エアバスA300-600/-600RエアバスA310の方向舵の問題について警鐘を鳴らす契機となった。

事故後[編集]

2010年に撮影された事故機

事故機は、2018年10月現在もエア・トランザットに在籍している[2][3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Canadian Civil Aircraft Register (C-GPAT)". Transport Canada.
  2. ^ a b Canadian Civil Aircraft Register: Aircraft History Details”. Transport Canada (2009年11月18日). 2017年1月17日閲覧。
  3. ^ a b Flight Activity History (C-GPAT)”. FlightAware.com (2017年1月17日). 2017年1月17日閲覧。
  4. ^ a b c Report Number A05F0047”. Transportation Safety Board of Canada (TSB) (2007年11月22日). 2008年8月26日閲覧。
  5. ^ “Airbus inspection program inadequate at time of incident: Board”. Toronto Star. (2007年11月23日). https://www.thestar.com/Business/article/279102