ノースウエスト航空74便胴体着陸事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノースウエスト航空 74便
Northwest 747-251B.jpg
グアム国際空港で撮影された事故機
出来事の概要
日付 2005年8月19日
概要 前輪が壊れたことによる胴体着陸
現場 グアムの旗 グアムグアム国際空港
乗客数 319
乗員数 16
負傷者数
(死者除く)
3
死者数 0
生存者数 335 (全員)
機種 ボーイング747-200
運用者 アメリカ合衆国の旗 ノースウエスト航空(NWA)
機体記号 N627US
出発地 成田空港
目的地 グアム国際空港
テンプレートを表示

ノースウエスト航空74便胴体着陸事故(ノースウエストこうくう74びんどうたいちゃくりくじこ)とは、2005年平成17年)にグアム国際空港で 発生したノースウエスト航空74便の航空事故胴体着陸事故)である。

事故の概要[編集]

ノースウエスト航空74便は、9時45分頃に成田空港を出発し、14時25分頃にグアム国際空港に到着する予定だった。 2005年8月19日、ノースウエスト航空74便は、乗員乗客335人を乗せ、定刻通りに出発し、順調に飛行していた。現地時刻14時15分頃に着陸し、そこまでは問題なかったものの、滑走路を滑走中に前輪が壊れ、結果的に胴体着陸した。辛くも、滑走路上で停止したが、乗客はしばらく機内で待機させられた。数分後、乗客は脱出を開始した。しかし、すでに客室の前方では煙が充満していた。乗員乗客は全員無事に脱出。うち3人が脱出の際に負傷しただけだった。

事故の影響でグアム国際空港はしばらく閉鎖され、グアム行きの便は、アンダーセン空軍基地などにダイバートした。

事故原因[編集]

はっきりとした原因は分かっていないが、前輪に何らかの故障もしくは問題が発生し、滑走中に折れたと見られる。

事故後の経過[編集]

脱出のため、乗客の荷物類(中にパスポートなど)が機内に残されたため、入国審査を受けられないので、乗員乗客は空港で足止めを食らうこととなった。 また事故を起こしたB747-200は、2004年の秋には塗装はニューカラーにされたばかりなのにも関わらず、NWAのタイトルを消されて銀一色となってしまった。その2年後の2007年には、エンジンも外され、グアム国際空港の敷地内に駐機されていた。2008年9月上旬にARC社により解体された[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Northwest 747-200 in Guam being scrapped