エールフランス358便事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エールフランス 358便
316co - Air France Airbus A340, F-GLZQ@CDG,06.09.2004 - Flickr - Aero Icarus.jpg
事故機(2004年 シャルル・ド・ゴール空港にて撮影)
出来事の概要
日付 2005年8月2日
概要 天候不良とパイロットエラーによる滑走路のオーバーラン
現場 カナダの旗 カナダ トロント・ピアソン国際空港
乗客数 297
乗員数 12
負傷者数
(死者除く)
43
死者数 0
生存者数 309 (全員)
機種 エアバスA340-300
運用者 フランスの旗 エールフランス
機体記号 F-GLZQ
出発地 シャルル・ド・ゴール空港
目的地 トロント・ピアソン国際空港
テンプレートを表示
赤い実線が事故機の進入経路。なお点線は本来通るべき進入経路

エールフランス358便事故(エールフランスさんびゃくごじゅうはちびんじこ)は、2005年8月2日カナダトロント・ピアソン国際空港で起きた航空機事故である。

事故当日のエールフランス358便[編集]

概要[編集]

2005年8月2日、エールフランス358便はトロント・ピアソン国際空港滑走路24Lに着陸したが、滑走路内で止まることができずにオーバーランした。機体は大破し漏れ出た燃料により火災が発生したが、乗員乗客309人は全員緊急脱出に成功。43人が負傷したが死者は0人だった。機体は火災により全損した。

この事故は、エアバスA340の運航中で初の全損事故である。[1]

悪天候とパイロットのミスにより機体が滑走路をオーバーランし大破炎上した。負傷者は出たが乗員乗客全員が奇跡的に全員生還し、カナダの運輸大臣であるジャン・ラピエールはこの事故を奇跡と呼び、各メディアは"トロントでの奇跡"[2]などと呼んだ。

事故の経緯[編集]

358便はトロント・ピアソン国際空港滑走路24Lに、雷雨の中着陸した。着陸には成功したものの、機体は滑走路内で止まることができず、滑走路終端から300メートルほどオーバーランした。また脱出する際に使う避難シュートのうち2つが起動せず、一部の乗客はシュートを使わず、地面から2メートル近くの高さから飛び降りて脱出した。

事故が起こって52秒後には緊急対応チームが到着しており、迅速な消火・救助活動が行われた。また事故がハイウェイの近くで起こったこともあり、道路を走っていた一部のドライバーが、パイロットを含む負傷者を自分の車で、直接病院まで搬送した。

乗客[編集]

飛行機に乗っていた乗客297人のうち、168人が成人男性、118人が成人女性、8人の子供と3人の乳幼児が乗っていた。また3人が車椅子の乗客、1人は盲目だった。乗客はビジネスマン、行楽客や学生で構成されていた。

国籍 乗客
カナダの旗 カナダ 104
フランスの旗 フランス 101
インドの旗 インド 8
イタリアの旗 イタリア 19
イギリスの旗 イギリス 7
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 14
ドイツの旗 ドイツ 1
イスラエルの旗 イスラエル 1
メキシコの旗 メキシコ 1
トルコの旗 トルコ 1
不明 36
総計 297

事故原因[編集]

焼損した事故機

事故調査を担当したTSBが調査したところ、エンジントラブル、ブレーキの故障やスポイラー、または逆推力装置に問題はなかった。 また事故当時は強風と豪雨の渦巻く悪天候であり、これが直接の原因かと思われたが、悪天候だけではオーバーランは起こらない。

調査の結果判明したのが以下の要因である。

  • 地上300フィートで、風が向かい風から追い風に変わったこと。
  • 激しい豪雨の中着陸したため、視程が著しく低下していたこと。
  • パイロットはゴーアラウンドという選択を失念しており、着陸することだけを考えていた。
  • 操縦を担当していないパイロットは着陸進入中にスポイラーと逆噴射装置に関するコールアウトをしなかった。
  • パイロットは雷雨の中着陸するにもかかわらず、必要な着陸距離をしっかり計算していなかった。
  • 滑走路端の地形が航空機を大きく損傷させ、乗員乗客のけがを増やす結果になった。

TSBは最終報告書において、原因はパイロットエラーと結論付けた。事故機は当時約2,700 mの滑走路が割り当てられていたが、これは空港内で最も短い滑走路であった。

さらにパイロットはILSを使っていなかったにもかかわらず、降下率を見誤り滑走路の中央付近に接地してしまい、滑走路の残りは1,200 m程しかなかった。

そしてコールアウトが遅れ、逆推力装置スポイラーの起動が遅れ減速が間に合わなかった。操縦士はフルブレーキをかけたが間に合わず、滑走路をオーバーランした。

余波[編集]

事故後、エールフランスから乗客に1000~3700カナダドルと無料往復航空券が与えられた。その後エールフランスは1200万ドルの和解金や、空港を管理するカナダ連邦政府と裁判を行った。

現在358便はこのルートでは使われなくなり、今は356便としてボーイング777-200ERが使われている

この事故を使った作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「運航中」と断りが付くのは、この事故以前の2機は整備中の火災及び2001年スリランカで発生したタミル・イーラム解放のトラの爆破テロ攻撃(バンダラナイケ国際空港襲撃事件)によるものだからである。
  2. ^ 他には"トロントミラクル"、"ミラクル"エスケープ、"滑走路24Lの奇跡"などがある。

関連項目[編集]