ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウエスト・カリビアン航空 708便
McDonnell Douglas MD-82 (HK-4374X).jpg
事故機(HK-4374X)
出来事の概要
日付 2005年8月16日
概要 使用限界高度突破後のアンチアイスの再起動、及びパイロットエラーによるディープストール
現場 ベネズエラの旗 ベネズエラ スリア州マチクス近郊
乗客数 152
乗員数 8
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 160
生存者数 0
機種 マクドネル・ダグラスMD-82
運用者 コロンビアの旗 ウエスト・カリビアン航空
機体記号 HK-4374X
テンプレートを表示

ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故 (West Caribbean Airways Flight 708) は、2005年8月16日火曜日の朝にベネズエラ西部のコロンビア国境付近で墜落したウエスト・カリビアン航空の旅客機墜落事故である。原因はアンチアイス(防氷装置)を使用限界高度を超えた高度で再起動した事による推力低下とパイロットの対処ミスだった。

事故当日の708便[ソースを編集]

事故概要[ソースを編集]

この便は、フランス海外県の1つであるマルティニークの旅行代理店 Globe Trotters de Rivière Salée によってチャーターされたもので、パナマトクメン国際空港からマルティニークフォール・ド・フランス空港[1]へ向かう途中であった。

搭乗していたとみられる160人のうち、乗員8人はコロンビア人。乗客152人はフランス人、コロンビア人、パナマ人で、ほとんどがパナマで休暇を過ごしたフランス人だった。

事故機は、コロンビアとベネズエラの国境付近で2基のエンジンのうち片側が、しばらくしてもう一方のエンジンに異常が発生した。緊急着陸を試みるためマラカイボの空港に向かったが、毎分7000フィートの降下を止めることが出来ず墜落した。

時間経過[ソースを編集]

ベネズエラ。機体は西から東に飛行していた

時間は UTCである。

事故原因[ソースを編集]

この事故の調査は、事故発生地点であるベネズエラの反米感情を鑑み、ベネズエラ事故調査委員会とフランス事故調査委員会の共同で行われることとなった[2]。その結果、事故原因はエンジン異常ではなく、操縦士が気流の良い高度を探して度重なる降下上昇と、着氷対策に設置されているアンチアイス(防氷装置)の起動と停止を繰り返した行為が機体制御を失わせる直接の原因となったとし、このトラブルに対する対応を間違えたことが最悪の結果につながったと結論付けた。

事の切っ掛けは、ウエスト・カリビアン航空の財政難を鑑みパイロットが燃費対策に動いたことであった。事故当日の条件ではアンチアイス(防氷装置)の使用限界高度が31900フィートであったが、燃費を稼ぐために一時停止させていたアンチアイス(防氷装置)を33000フィートで再起動したため、電力を得るためにエンジン出力を奪われ推力が低下。さらに、自動操縦システムが高度を維持しようと機首を上げたところ、最悪のタイミングで発生した乱気流により機体が上向きになりさらにエンジン出力が低下。この出力低下を機長がエンジン異常だと勘違いしたのが致命傷となり、この状況下での正しい機動である機首下げを行わなかった機体はディープストールに陥り制御不能のまま墜落した。

航空機[ソースを編集]

この事故で墜落した機体は、マクドネル・ダグラスMD-82型1986年製造) である。同機は、以前コンチネンタル航空が所有していた(当時の機体記号はN72824)が、ウエスト・カリビアン航空は2005年1月10日にこの航空機の引き渡しを受けた。

航空会社[ソースを編集]

ウエスト・カリビアン航空は、1998年に設立されたコロンビアの航空会社。2005年3月26日、ウエスト・カリビアン航空のプロペラ機がコロンビアのプロビデンシア島で離陸直後に墜落。この事故で、乗員2名と乗客6名が死亡、6人が負傷した。

708便の事故当時、同社はパイロットが燃費対策に勤しまざるをえない程に財政が悪化しており、事故後は一便も飛ぶことなく倒産。この事故が最後のフライトとなった。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 現・エメ・セゼール・マルティニーク国際空港。
  2. ^ 事故の被害者にフランス人が多かった事からの選定であるが、両者の手に負えない部分に関してはNTSB(アメリカ国家運輸安全委員会)のサポートを受けている。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]