シモジマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社シモジマ
SHIMOJIMA Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7482
1995年12月12日 - 2001年2月25日
東証2部 7482
2001年2月26日 - 2004年8月31日
東証プライム 7482
2004年9月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
111-0053
東京都台東区浅草橋五丁目29番8号
設立 1962年昭和37年)4月26日
(下島不動産株式会社)
業種 卸売業
法人番号 4010501024971 ウィキデータを編集
事業内容 包装資材の販売及び仕入
代表者 下島和光代表取締役社長
笠井義彦(代表取締役専務兼上席執行役員兼営業統括本部長兼営業本部長)
資本金 14億5百万円
発行済株式総数 2,425万7,826株
売上高 連結:482億78百万円
2016年3月期)
営業利益 連結:15億87百万円
(2016年3月期)
純利益 連結:10億51百万円
(2016年3月期)
純資産 連結:317億39百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:384億61百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 単体:586人(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (有)謙友 11.63%
(有)ケイエヌジェイ 11.49%
(有)和貴 9.46%
(2016年3月31日現在)
外部リンク https://www.shimojima.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社シモジマSHIMOJIMA Co., Ltd.)は、包装用品、店舗用装飾品、慶弔用品、事務用品などを扱う専門商社。本社は東京都台東区浅草橋

ギフトなどの包装、店舗の装飾品に強みを持ち、専門店を展開。包装用紙、紙袋、紙箱、レジ袋リボン、ギフトシール、食品包材、文房具、学童用品、事務機器、商品POP慶弔袋OA用品などの商品を取り扱い、ラッピングの講習会なども行っている[1]

東名阪地区を中心に直営店舗を持つほか、包装・雑貨専門店「パッケージプラザ」のフランチャイズ事業を全国展開している。

沿革[編集]

  • 1920年大正9年)1月 - 包装材料卸問屋下島商店として創業[2]
  • 1943年昭和18年)
    • 8月 - 株式会社下島商店設立[2]
    • 9月 - 株式会社下島商店が下島荷具工業株式会社に商号変更[2]
  • 1962年(昭和37年)4月 - 上場法人としての株式会社シモジマ(2代目)の直接の前身にあたる下島不動産株式会社設立[2]
  • 1964年(昭和39年)7月 - 下島荷具工業株式会社の商事部門を新たに設立した株式会社シモジマ(初代)に移管[2]
  • 1967年(昭和42年)7月 - 株式会社シモジマが有限会社彩光社に出資[2]
  • 1972年(昭和47年)3月 - 株式会社シモジマが埼玉県浦和市(後のさいたま市)に東部配送センターを設置[2]
  • 1977年(昭和52年)12月 - 株式会社シモジマが大阪府東大阪市に西部配送センターを設置[2]
  • 1979年(昭和54年)3月 - 下島不動産株式会社が下島産業株式会社に商号変更[2]
  • 1981年(昭和56年)
    • 4月 - 下島荷具工業株式会社が下島商事株式会社に商号変更[2]
    • 7月 - 下島商事株式会社が下島興業株式会社に商号変更[2]。株式会社シモジマ(初代)の外売部門・本社管理部門を新たに設立したシモジマ商事株式会社(初代)に移管[2]
  • 1989年平成元年)9月 - シモジマ商事株式会社(初代)が栃木県安蘇郡田沼町(後の佐野市)に田沼倉庫を設置[2]。同時に物流子会社としてへイコーハンドリング株式会社(後のシモジマ加工紙株式会社)を設立[2]
  • 1991年(平成3年)4月 - 下島産業株式会社をシモジマ商事株式会社(2代目)に、シモジマ商事株式会社をシモジマ株式会社(後株)にそれぞれ商号変更[2]。同時にシモジマ商事株式会社(2代目)を存続会社としてシモジマ株式会社(後株)と株式会社シモジマ(初代)を合併[2]
  • 1994年(平成6年)11月 - シモジマ商事株式会社(2代目)が下島興業株式会社を吸収合併[2]
  • 1995年(平成7年)12月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録[2]
  • 1996年(平成8年)9月 - 浅草橋5号館(後のシモジマ浅草橋本店)を新築[2]
  • 1997年(平成9年)9月 - 子会社として浅草紙工有限会社を設立し、旧浅草紙工有限会社を買収[2]
  • 1998年(平成10年)9月 - 大阪府東大阪市に西部配送センターを新規増設[2]
  • 2000年(平成12年)
    • 6月 - 子会社として商い支援株式会社を設立[2]
    • 11月 - 本社がISO14001認証を取得[2]
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)7月 - シモジマ商事株式会社(2代目)が株式会社シモジマ(2代目)に商号変更[2]
  • 2004年(平成16年)9月 - 東京証券取引所市場第一部に指定替え[2]
  • 2006年(平成18年)3月 - 子会社として下島(上海)商貿有限公司を設立[2]
  • 2008年(平成20年)
    • 1月 - 子会社としてサンワ株式会社を設立[2]
    • 3月 - 子会社の浅草紙工株式会社(シモジマかっぱ橋店)を吸収合併[2]
  • 2010年(平成22年)4月 - 株式会社リード商事を発行済株式譲受により子会社化[2]
  • 2011年(平成23年)8月 - 新基幹システム「フェニックス」本稼働開始[2]
  • 2012年(平成24年)9月 - 子会社のヘイコーパック株式会社市貝新工場が竣工[2]
  • 2014年(平成26年)

店舗[編集]

シモジマ直営店、プロパック、パッケージプラザ直営店などのブランドで運営されている。

  • 東京浅草橋周辺
浅草橋本店
浅草橋駅前店
浅草橋クラマエ店
east side tokyo
馬喰横山店
  • 関東首都圏
府中
川口
松戸
船橋
宇都宮
宇都宮市場店
canaelleグランツリー武蔵小杉
  • 名古屋地区
名古屋
明道町
岐阜
  • 関西地区
心斎橋
船場センタービル3号館店
船場センタービル7号館店
西梅田店
三宮

脚注[編集]

  1. ^ 包装に自分らしさ加えたい 気軽で喜ばれるアレンジ法」『WOMAN SMART|NIKKEI STYLE』、日本経済新聞社・日経BP、2016年12月3日、2020年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 沿革”. シモジマ. 2020年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]