サンドラの週末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンドラの週末
Deux jours, une nuit
監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
脚本 ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
製作 ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
ドゥニ・フロイド
製作総指揮 デルフィーヌ・トムソン
出演者 マリオン・コティヤール
ファブリツィオ・ロンジォーネ
撮影 アラン・マルコァン
編集 マリー=エレーヌ・ドゾ
製作会社 Les Films du Fleuve 他
配給 日本の旗 ビターズ・エンド
公開 フランスの旗 2014年5月20日CIFF
日本の旗 2015年5月23日
上映時間 95分
製作国  ベルギー
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

サンドラの週末』(サンドラのしゅうまつ、Deux jours, une nuit)は2014年ベルギーフランスイタリア合作の映画。監督である、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌの長編作品の第9作目。 本作で主演のマリオン・コティヤールアカデミー主演女優賞にノミネートされた[1]

ストーリー[編集]

体調を崩し、休職していたサンドラ。回復し、復職する予定であったが、ある金曜日、サンドラは上司から突然解雇を告げられる。 解雇を免れる方法は、同僚16人のうち過半数が自らのボーナスを放棄することに賛成すること。 ボーナスか、サンドラか、翌週の月曜日の投票に向けて、サンドラが家族に支えられながら、週末の二日間、同僚たちにボーナスを諦めてもらうよう、説得しに回る。

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Oscars 2015”. 2015年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]