ホーリー・モーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホーリー・モーターズ
Holy Motors
監督 レオス・カラックス
脚本 レオス・カラックス
製作 マルティーヌ・マリニャック
アルベール・プレヴォ
モーリス・タンシャン
出演者 ドニ・ラヴァン
エディット・スコブ
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
イヴ・カペ
編集 ネリー・ケティエ
製作会社 Pierre Grise Productions
配給 フランスの旗 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
日本の旗 ユーロスペース
公開 フランスの旗 2012年5月23日CIFF
フランスの旗 2012年7月4日
ドイツの旗 2012年8月30日
日本の旗 2013年4月6日
上映時間 116分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
英語
中国語
製作費 3,900,000[2]
興行収入 $1,544,384[3]
テンプレートを表示

ホーリー・モーターズ』(Holy Motors)は、レオス・カラックス監督・脚本による2012年のフランス・ドイツのファンタジードラマ映画である。カラックスにとっては1999年の『ポーラX』以来の長編映画である。第65回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門に出品された[4][5]

あらすじ[編集]

オスカーは妻子の見送りのなか、今日も派遣されたリムジンに乗り込む。彼のすべき仕事は山積しているのだ。リムジンの運転を行なう秘書のセリーヌは、さっそく今日の予定ファイルをオスカーに提示し、作業は始まった。腰の曲がった老婆となって通行人に金銭を恵んでもらう。ヴァーチャルキャラクターと一体化し、相対する女性キャラクターと淫靡に踊り続ける。怪人メルドとなって墓場に出現し、人々を襲ったあげく女性モデルを拉致し、彼女の歌う子守唄で眠る。おのれの娘とともに自家用車で出かけながら、彼女の放埓さを叱責する……それら意味不明の仕事をこなすオスカーだったが、そのなかでふと気持ちを寄せる女性に出会いながらも、彼にその思いを全うする機会は与えられなかった。そして彼はチンパンジーの妻子が待つアパートに帰宅し、セリーヌも、運転してきたリムジンもその正体を現わし、深い眠りにつくのだった。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ HOLY MOTORS (18)”. British Board of Film Classification (2012年7月31日). 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ Lemercier, Fabien (2011年6月10日). “Arte France Cinéma backs Carax's Holly Motors”. cineuropa.org. Cineuropa. 2011年8月21日閲覧。
  3. ^ The Collection”. Thenumbers.com. 2013年1月15日閲覧。
  4. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. timeout. 2012年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]