コスプレダンスパーティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コスプレダンスパーティーとは、参加者がコスプレ(主に、アニメやゲームに関するもの)をして参加し、クラブ(ディスコ)あるいはレンタルホール公民館等の会場でアニメソングゲームソングユーロビートハイパーテクノをはじめとするダンスミュージックなど、さまざまなジャンルの楽曲で踊るイベントのことである。参加者の中にはコスプレダンパ、また単にダンパ等と省略して呼ばれている。現在もコスプレイベントの一要素として定着しており、ダンスパーティー単独での開催は全盛期からは減ったものの、コスプレイベント開催時にダンスパーティーのフロアを用意している主催者も存在する。

関東有名会場は晴海客船ターミナルホールや、ムーブ町屋、東京ドームシティアトラクションズ(ジオポリス)等。他地方でも様々な場所で行っている。

歴史と変遷[編集]

1990年代以前[編集]

誰がいつコスプレダンパを始めたか、という質問には諸説あり明確な回答を求める事はできない。一般に言われているのが、同人誌即売会の一角、もしくは終了後にラジカセを持ち込んで皆で歌ったり踊ったりしていたのが発祥と言われている。超時空要塞マクロスの登場人物でアイドル歌手という設定のリン・ミンメイのコスプレをした女性達によるカラオケ大会をアニメ雑誌『マイアニメ』が取り上げて発展した物だとも言われる。また、「コスプレダンスパーティ」という形態でイベントを始めたのは名古屋もしくは大阪が最初という説もあるが、実際には定かではない。

1990年代[編集]

俗に「コスパ」として略して呼ばれることもあるが、このコスパの狭義の意味としては株式会社ブロッコリーが主催していたコスプレダンスパーティーイベントの名称のことを指す。コスパは1994年10月に東京・芝浦のディスコ「Gold」にて第1回が開催され、このときの動員数は593人[1]。以後同人誌即売会「コミックキャッスル」と並んで創業当初のブロッコリーの営業の主力を担ったとともに、各種メディアに取り上げられるなどして当時勃興し始めたコスプレブームの一翼を担い、コスプレダンスパーティーやコスプレイベントの代名詞となった。

但し、初期には1000人規模の動員もあった(1995年5月「GOLD」で約1200人、同年9月「ヴェルファーレ」で約1200人)ものの、1997年頃には既に動員数は減少傾向にあり(1997年9月「ツインスター」で約500人)、これは企画のマンネリ化やブームに乗っていただけのコスプレイヤーが居なくなったためとされる。また、開催者側にとっては収益の出ない事業であり、メセナや他業の宣伝と割り切って続けられていた[1]

会場は主に神楽坂「ツインスター」(現在は閉店)、六本木ヴェルファーレ」(2006年末閉店)が使われており、それ以外にも全国主要都市で開催、最盛期には年間10〜20回のペースで催され、年間約10万人の動員を記録した。またブロッコリーが初めて横浜アリーナを借り切って開催したイベントも、このコスプレダンスパーティーイベントであった。

その後、ブロッコリーの業態がキャラクターコンテンツビジネスに主眼を置くようになり、また他のイベント主催者がコスプレダンスパーティーを始めとするコスプレイベントを多数開催するようになったため、2001年5月をもってブロッコリー主催のコスパは終了することとなった。このコスパのイベント開催経験をもとに、ブロッコリーは様々なイベントを開催していくようになる。一方で1995年には、コスパの主要スタッフが独立し「株式会社コスチュームパラダイス(その後株式会社コスパに社名変更)」を創業、コスプレ衣装の制作・販売や各種イベントの開催・運営を行っている。

2000年代[編集]

2000年代のコスプレダンスパーティーは、企業主導で行なわれてきた1990年代とは異なり、アマチュアの個人団体によるイベントの開催も盛んとなってきた。関東のコスプレダンスパーティーでは、アニメソングユーロビートテクノ(テクパラ)の3ジャンルを中心とするイベントが主流である。しかし、イベントの種類によっては、アニメソング限定であったり(これは特に懐古系、いわゆるじじい系と呼ばれる古いアニメソング中心のイベントに多い)、さらには定番3ジャンル以外のクラブダンスミュージックトランスハウスヒップホップR&B)等を中心としてクラブテイストを全面に押し出したイベントがこのころから増加してきた。

2010年代[編集]

2007年頃から、曲を踊ることを中心としたダンパという形態とは異なり、クラブスタイルのイベント(アニソンクラブイベント、通称:アニクラ)が登場し、2010年代からの主流となった。コスプレダンパと異なるのは、そのスタイルである。振り付けを踊ったり、曲を次々と変えて踊ることに重点を置いたコスプレダンパに対し、アニソンクラブイベントでは、音楽そのものをDJのプレイとともに楽しむことを目的とし、踊りもフリースタイルやヲタ芸が中心である。一方、コスプレダンパでは、定番3ジャンルのイベントは関東地方以外では大きく縮小した。その背景には、2000年代のコスプレダンパにおいて、配布されたDVDなどの映像をもとにイベントの外であらかじめ踊りを覚えてくるようなスタイルが主流となり、初心者が入りづらくなったこと、ならびに個人団体によるイベントの減少などの理由から昼間に開催するイベントが減少し未成年者が参加しづらくなったことがある。

音楽(ジャンル)[編集]

関東地方のスタンダードなコスプレダンパでは以下のジャンルが中心に流れる。

また、他ジャンルとしては以下のものがあげられる。

踊り方[編集]

1997年頃の「コスパ」ではユーロビートに合わせてパラパラが踊られることがあったが、パラパラもユーロビートも当時は「(コスパ以外では)ブームの過ぎた過去の遺物」とされていた[1]

コスプレダンパが他のクラブ系イベントと異なるのは多様性である。クラブのイベントでは振り付けが禁止されていたり、ユーロビート・テクノを中心とするディスコ系のイベントではパラパラを踊ることが事実上の強制となっているが、コスプレダンパでは踊り方は自由であることが原則である。コスプレダンパでの踊り方は、振りとフリーの2つに大きく分類される。

振り[編集]

決まった振り付けを踊ることである。コスプレダンパではアニメソング邦楽を振り付けで踊ることに対して使用される言葉である。コスプレダンパでは、主に以下を総称して「振り」と呼んでいる。

  • 音楽制作者ならびにタイアップ対象作品の制作者が公式として発表した振付(例:AKB48恋するフォーチュンクッキー」、HHH×MM×ST「Follow Tomorrow」)
  • ニコニコ動画「踊ってみた」で発表されている振付(例:「ハッピーシンセサイザ」「サイバーサンダーサイダー」)
  • ユーロビート・テクノなどの特定のジャンルに付けられているパラパラ(例:NIGHT OF FIRE
  • コスプレダンパ参加者が独自に制作した振付(例:『ONE PIECE』主題歌「ウィーアー!」)

公式振付ならびにニコニコ動画での振付はアニソンクラブイベントで、パラパラはユーロビート・テクノを中心とするクラブ・ディスコイベントでも踊られている。コスプレダンパの特徴でもあるのは参加者が独自に作成した振付である。それらの多くは、パラパラを基本とした振りに、主題歌となっているアニメのキャラクターが各所でとる固有のポーズを付加したものが現在では主流となっている。

フリー[編集]

本来、決まった振付を付けずに自由に踊るという意味であるが、コスプレダンパにおいては「振り」に対照的な概念として用いられる。 そのため、フリーダンス以外に、本質的には振り付けであっても、下記のようなものはフリーに分類される。

  • ヲタ芸(ヲタ芸で踊ることが主流となっている曲を除く)
  • コスプレダンパで付けられた振りで踊ることが主流である楽曲における公式の振り付け
  • 手拍子、掛け声、ステップ、ポーズ(1990年代前半、1980年代のアニメソングはほとんどがこのスタイルである)

地域性[編集]

コスプレダンパは有志により開催されていることが多く、そのため団体により各イベントの特徴は異なるが、地域ごとにおおまかな傾向を持つ。ここでは関東・東海・関西のそれぞれの地方における特色を述べる。

関東地方
アニソン・ユーロビート・ハイパーテクノの3ジャンルをメインとし、振り付けにより踊るイベントが主流である。
東海地方
関東地方の3ジャンルにダンスポップ・ロック等のクラブ系(ディスコ系)サウンドを全面に押しだしたものが加わる。アニソンは名古屋地区ではフリーが、静岡地区では振り付けが主流である。ディスコサウンドの中でも、80年代ユーロビートを星の子・風の子と呼ばれる名古屋地区独自の振り付けで踊るという特徴を持っている。
近畿地方
主にアニソン中心のイベントであり、フリーで踊ることが多い。一時期は東海地方の影響を受け、ユーロビートやテクノ等のパラパラ系サウンドも普及したが、近年はアニメソングやアイドルソングに合わせてオタ芸を打つスタイルが中心となってきている。

地域毎の特色は、DJや主催者、参加者同士の交流によって他地域に影響を及ぼすことも多々ある。また近年では、アニソンクラブイベントの台頭によるものか、関東地方のようなスタイルのコスプレダンスパーティーは他地域では少数派となってきている。このため、なんらかの事情により関東地方から他地域に引っ越した場合、楽しめるイベントがない(雰囲気が自分に合わない,開催日程が限られるなど)という問題も生じている。

コスプレダンパでの論点[編集]

コスプレダンパはそのあり方自体が多種多様である。またコスプレイベントでありつつもクラブ・ディスコ等のいわゆるオタク文化とは対極にある要素を持つものでもある。そのようなことからコスプレダンパのあり方についての議論はたえない。今日のコスプレダンパ界では、主に次のようなことが議論される。

マナー[編集]

他の同人・コスプレイベントと同様に、コスプレダンスパーティーでもマナー・ルール違反が目立つようになっており、主催者・参加者ともに現在ではマナーの向上を図っている。何がルール違反となるかは団体やダンパのスタイルにも大きく異なるが、一般的に以下のようなことがマナーとされる。

  • ステージではその曲のコスプレイヤーを優先する
  • 走らない
  • ダンスフロアに座り込まない

振り付けの複雑化[編集]

これは主にアニソンを中心にして起きる問題である。アニソンのジャンルにおいて、1990年代のコスプレダンパではユーロビートと異なり振りをせず、自由にリズムをとったり仲間同士の掛け声で盛り上がったり等「フリー」と呼ばれるスタイルでの「踊り方」や、あるいは振り付けがあっても簡易なものであった。しかし、2000年代以降、振りつけの複雑化が進んだ。簡単な振りはパラパラや他ジャンルのダンスをベースにした複雑な振りになり、これによって、ダンパの会場で踊れる人の振り見てその場で真似して覚えるというスタイルから、ダンパ以外の場所で事前に振り付けを覚えるという準備をして、覚えたものをダンパ会場で踊るという流れが主流になった。この変遷はダンパのスタイルにも大きな影響を及ぼした。

非コスプレイヤーの流入によって生じる問題[編集]

この問題はユーロビートやハイパーテクノ等のパラパラ系ジャンルを主体とするイベントにてしばしば見られる。コスプレダンパ参加者、特に上記2ジャンルを中心に踊る参加者の中には、コスプレ系ではない一般のクラブイベントに参加する者も多く、コスプレイヤー以外との繋がりを持つことがある。このようなことから、最近ではクラブイベントの参加者がコスプレダンパに参加をしたり、クラブイベントの主催者と合同でイベントをするということもしばしば見受けられる。しかし、コスプレダンパと一般のクラブイベントでの文化や慣習の違いから、次のようなことが問題となっている。

  • ステージの利用方法における、慣習の違いによる問題
  • コスプレダンパという異なる場所において、クラブでの人間関係、特に上下関係をそのまま持ち込むことによるトラブルの発生
  • マナーの許容度の違いによる問題
  • コスプレダンパであるにもかかわらず、コスプレイヤーに対する偏見を持って参加する一般参加者の問題

このような問題を未然に防ぐため、一般の参加者が多く来場することが想定されるコスプレダンパでは、価格設定に差を設けたり、ステージに上がることをコスプレイヤー優先あるいは限定にする等の措置が設けられている場合が多い。

最近は声掛け等の盛り上げも薄れて来て、楽しく面白くみんなで踊るよりもどれだけ美しく上手く完璧かに変わりつつある。楽しむために有るはずの物が楽しさを二の次に完璧さばかり求め、ダンパ好きと嫌いの溝も広がりつつある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『私をコミケにつれてって!』

参考資料[編集]

  • 「コスプレ・マニアックワールド……「コスパ」「コスプレ誌」を取り巻くビジネス事情 - いざ!コスプレパーティへ」 増田晶文別冊宝島358『私をコミケにつれてって! 巨大コミック同人誌マーケットのすべて』 ISBN 4-7966-9358-0宝島社、1998年1月16日、pp.175-181
    • 主に1994年から1997年頃のコスプレパーティについて記載。インタビューに「絵夢」(歌舞伎町、2002年頃閉店)、「コスチュームパラダイス」。