ゲルハルト・ヘッツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲルハルト・ヘッツェルGerhart Hetzel1940年4月24日 ノヴィ・ヴェルパス (en - 1992年7月29日 ザルツブルク)は、ユーゴスラビアで生まれ、ドイツオーストリアで活動したヴァイオリニスト。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターを務めた。

略歴[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国から独立したユーゴスラビア王国(現セルビア領内)にて、ハンガリー人の父とルーマニア人の母の間に生まれ、5歳でヴァイオリンをはじめた。

1952年からスイスルツェルンで、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターであったヴォルフガング・シュナイダーハンに師事した。1956年にはシュナイダーハンらと共にルツェルン祝祭弦楽合奏団を結成した。

1963年のミュンヘン国際コンクールで入賞し、1964年から1968年までベルリン放送交響楽団(現在のベルリン・ドイツ交響楽団)のコンサートマスターを務めた。

1968年からミュンヘン音楽大学の教授を務める。

1969年、カール・ベームの推挙によって、ウィーン国立歌劇場およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとなる。ウィーン国立音楽アカデミー出身者ではないが、シュナイダーハンの直弟子であるため、全員一致による就任であった。1971年からはヴィリー・ボスコフスキーのあとを受けて、第1コンサートマスターとなった。

1986年、シュナイダーハンの後任としてウィーン国立音楽アカデミーの教授に就任する。

1992年、ザルツブルク近郊ザンクト・ギルゲンで登山中に海抜900m地点から転落し、全身打撲のため搬送先の病院で死去した。岩に手をかければ助からないこともなかったというが、楽器奏者として大切な手をかばった結果、死に至る傷を負ってしまったと伝えられている。

ソリスト・室内楽奏者としての主なレコーディング[編集]