ピアノ五重奏曲 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアノ五重奏曲 イ長調は、シューベルト1819年に作曲した作品である[1]ドイチュによるシューベルトの作品のドイチュ目録ではD667にあたる。 初演の時期は不明。楽譜は死の翌年の1829年に出版された [2]

概要[編集]

この曲はシューベルトが22歳、まだ若々しく希望と幸福にあふれていた時期の名作として知られる。なおこれ以降には、シューベルトはピアノ五重奏曲を作曲していない。

第4楽章が歌曲『』D550(5つの版のうちの第3稿と考えられている)の旋律による変奏曲であるために、『鱒』(ます、: Die Forelle)という副題が付いた。先に作った歌曲が変奏曲であることとは別にこの作品(D667)の変奏曲もまた、水の中に現れては消えるのモチーフを与えている。シューベルトはこれをピアノ伴奏の中で使用した。

通常のピアノ五重奏の編成(ピアノ1台と弦楽四重奏)とは異なりシューベルトの作品ではピアノヴァイオリンヴィオラチェロおよびコントラバスという編成がとられている。同じ編成によるピアノ五重奏曲はフンメルも2曲作曲しており、『鱒』は実際にはフンメルの作品を演奏する楽団のために書かれた。作曲時期から考えると、シューベルトが参考にしたのはフンメルの「五重奏曲」変ホ短調作品87(1822年出版)ではなく、「七重奏曲」ニ短調(編成: PfFlObHrnVaVcCb)作品74のピアノ五重奏版(原曲と共に1816年頃出版)だと考えられている。

作曲を依頼したのは裕福な鉱山技師で、木管楽器とチェロの愛好家であったジルヴェルター・パウムガルトナー(Silvester Paumgartner)である。シューベルトが依頼を受けたのは1819年7月、29歳年上の友人で歌手のヨハン・ミヒャエル・フォーグルとともに北オーストリアのシュタイアー地方を旅行で訪れた際のことであった。フォーグルは、後に歌曲集『冬の旅』を初演した名歌手として知られる。なおコントラバスを加えた編成にすることと、歌曲『鱒』の旋律に基づく変奏曲を加えることは、このパウムガルトナーからの依頼であったという[1]。自筆譜は不幸にも紛失しており、上記の作曲の過程については友人のアルベルト・シュタートラー(Albert Stadler)の回想録と筆写譜などによる推測が主である。

また、この作品も生前には出版することが出来なかった。

構成[編集]

作品は、5つの楽章から構成される。

第1楽章 : アレグロヴィヴァーチェ

イ長調。 この時代の多楽章作品における通例通り、ソナタ形式をとっている。

第1主題
 
	\new PianoStaff <<
		\new Staff = "r" <<
			\clef "violin"
			\key a \major
			\new Voice {
				\voiceOne
				\relative {
					< a e' cis' a' >4\f\accent r r2
					s1
					e'2(^\markup { (Str.)} dis
					e2 < e a >)
					<< { \grace { b'16( cis } d2\accent )( cis4 b) } \\ gis1 e >>
					<< e2. { <gis b>2( <a cis>4) } >>
				}
			}
			\new Voice {
				\voiceTwo
				\relative {
					<a~ a'~>2^(_( \tuplet 3/2 { <a a'>8 <cis cis'> <e e'> } \tuplet 3/2 { < a a'> <cis cis'> <e e'> }
					<a a'>4)) r r2
					cis,,2\pp( bis
					cis1)
					b2\accent( cis4 d)
					d2( cis4)
				}
			}
		>>
		\new Staff = "l" <<
			\clef "bass"
			\key a \major
			\new Voice {
				\relative { a,,1\f( a\p)( a\pp) ( a) ( a) ( a2.) }
			}
		>>
	>>

第50小節までが第1主題の呈示とその小展開である。第84小節までが経過部。サブドミナントのテーマ繰り返しをわずかに変えて第2主題への推移を不要にした。

第2主題{ \key fis \minor \time 4/4 \relative c' { \partial 2 <b' b'>-.\p^\markup { (Pf.)} <b b'>-. <b b'> r <fis fis'>8.-. <gis gis'>16-. <a a'>8.-. <b b'>16 <fisis fisis'>4( <gis gis'>) <b b'>-. <b b'>-. <b b'> r <fis fis'>8.-. <gis gis'>16-. <a a'>8.-. <b b'>16 <a a'>4( <gis gis'>) } }

第2主題はまずピアノで現れ、ヴァイオリンで反復される。長くは続かず、第100小節あたりから小結尾となる。小結尾の材料は新しい旋律だが、第1主題と第2主題の断片を含むので、心理的に隣接する。

第2楽章 : アンダンテ

ヘ長調二部形式。複雑な転調が特徴。

第3楽章 : スケルツォ - プレスト

イ長調。トリオはニ長調。

第4楽章 : アンダンティーノ - アレグレット

ニ長調。『鱒』による変奏曲。弦楽器のみにより主題が提示された後、6つの変奏が続く。第4変奏はニ短調、第5変奏は変ロ長調になる。第6変奏(明示はされていない)はコーダを兼ねている。

主題
\new GrandStaff <<
  \new Staff { \key d \major \time 2/4 \partial 8 \set Score.tempoHideNote = ##t \tempo "" 8 = 116
<<
\relative d''{
 a8^\markup { \column {\line { Thema. } \line \bold { Andantino. } \line \center-align \smaller { (Str.) } } } d8.-.( d16-. fis8-. fis8-.) d4( a) a8.. a32 e'16.( d32 cis16. b32) a4. a8 d8.-.( d16-. fis8-. fis8-.) d4( a8) d8 cis8( \grace {d16 cis} b16.) cis32-. d8->( gis,8) a4. a8 
}
\\
\relative d'{r8 <fis a,>4-.( q8-. q8-.) fis2 <g a>4-.( q8-. q8-.) q8-. e( fis g) <fis a,>4-.( q8-. q8-.) fis4. fis8 e4. e8 e8-. g( fis e)}
>>
}
   \new Dynamics {s8\pp}
  \new Staff {\clef bass \key d \major \time 2/4 \partial 8 
<<
\relative d' {r8 d4-.( d8-. d8-.) a8( b16 cis d4) cis cis16.( d32 e16. d32) cis8-. cis( d e) d4-.( d8-. d8-.) a8( b16 cis d8 a8) a8( gis16.) a32-. b8( d) cis-. e( d cis)}
\\
\relative d {r8 d4-.( d8-. d8-.) d2 a'4-.( a8-. a8-.) a4 r4 d,4-.( d8-. d8-.) d4. d8 e4. e8 a,4 r4 }
>>
}
>>

他の作品の旋律を用いた変奏曲で構成される楽章は、弦楽四重奏曲第13番『ロザムンデ』第14番『死と乙女』、『さすらい人幻想曲』などシューベルトの作品のいくつかで見られる。

第5楽章 : アレグロジュスト

イ長調、ソナタ形式。途中で第4楽章が変形されて回想される。

難点[編集]

全曲を通して、ピアノパートは高音域での両手ユニゾンが多く、弾きにくい(第4楽章の第1変奏など)。このため、シューベルトがピアノの書法を高度に精通していなかった例として『魔王』などと共に引き合いに出されることがある [3]

ただし、当時のピアノはウィーン式のシングルアクションであり、強弱の幅はそれほどでないがオクターブのグリッサンドも容易な程であった。また、クレメンティチェルニーにもこの程度の難しさを要求する作品は同時代に作曲されており、シューベルトの作品だけが奇抜な難易度を誇っているわけではない。

備考[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Chusid, Martin (April 1997). “Schubert's chamber music: before and after Beethoven”. In Cristopher H. Gibbs (英語). The Cambridge Companion to Schubert. Cambridge Companions to Music. United KIngdom: Cambridge University Press. pp. 174-192. ISBN 9780521484244. 
  2. ^ Gibbs, Cristopher H. (April 1997). “German reception: Schubert's 'journey to immortality'”. In Cristopher H. Gibbs (英語). The Cambridge Companion to Schubert. Cambridge Companions to Music. United KIngdom: Cambridge University Press. pp. 241-253. ISBN 9780521484244. 
  3. ^ natsui (1997年9月5日). “Virtuoso Piano Transcription: Schubert/Liszt (HTML)” (日本語). 2011年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]