サンヨーホームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クボタハウスから転送)
移動: 案内検索
サンヨーホームズ株式会社
Sanyo Homes Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1420 2013年4月9日上場
本社所在地 日本の旗 日本
555-0005
大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号
設立 1969年昭和44年)2月1日
業種 建設業
代表者 代表取締役 会長社長 田中康典
資本金 52億7500万円(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 12,620,000株
売上高 連結396億円(2012年3月期)
純資産 連結120億円(2012年3月31日現在)
総資産 連結412億円(2012年3月31日現在)
従業員数 連結668名(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 オリックス(株) 19.9%
(株)LIXIL 19.9%
セコム(株) 19.3%
関西電力(株) 14.8%
外部リンク www.sanyohomes.co.jp
テンプレートを表示

サンヨーホームズ株式会社は、大阪市を拠点に戸建住宅マンションの設計・販売・施工を行っている住宅メーカーである。それまでクボタ傘下だった住宅メーカー「クボタハウス」の全株式を三洋電機2002年平成14年)に取得して発足した[1]

概要[編集]

中堅住宅メーカーであり[1]プレハブ住宅の販売を中心に、マンションアパート・輸入住宅の販売、リフォームなどを事業内容としている。戸建住宅事業は関東・関西・中部を中心に、その他中国地方と九州の5エリアで展開している。2010年度の売上高は約400億円[1]

前身であるクボタハウスは1969年昭和44年)、軽量鉄骨造によるプレハブ住宅メーカーとして設立された。2002年平成14年)、三洋電機が全株式を買収して三洋ホームズを設立[1]、翌年には三洋エステートのマンション事業および2×4住宅事業も統合された。その後、2006年平成18年)3月にはオリックスセコム関西電力を新株主として迎えることになる。さらに、2008年平成20年)4月になると、第三者割当を実施して、三洋電機グループから事実上独立する。2011年平成23年)6月には、三洋電機が全株式を売却する一方[1]、大手住宅設備機器会社の株式会社LIXILが新株主に名を連ねることになった[2]

クボタハウス時代から続く鉄骨構造のプレハブ住宅事業では、三洋電機傘下に入ってから電機メーカーの特長を活かして太陽光発電住宅や24時間空調システムなどを商品化している。三洋ホームズ設立以降、それまで事業展開していた北越などでは事業が行われなくなった。ベターリビングが提唱しているCHS住宅販売では、2002年に供給実績がトップになった。2007年には太陽光発電オール電化、制震、緊急地震速報を全商品に標準搭載している。企業コンセプトは社長個人の意向で「ECO&SAFETY」である。

三洋電機との関係悪化、解消へ[編集]

親会社であった三洋電機は2011年平成23年)6月、三洋ホームズへの出資分(株式の19.9%)の全てを投資ファンド、アント・キャピタル・パートナーズ[3](東京都千代田区)に同月中にも約5億円で売却することで合意した[1]。背景には三洋電機の親会社であるパナソニックも住宅メーカー・パナホームを有すること、三洋ホームズと三洋電機との取引額が年間約10億円程度と低調であることなどがあり、三洋ホームズはこれに先立つ同年3月31日をもって「SANYO」ロゴマーク使用を終了、翌日から「クローバーマーク」に変更するとともに[4]、ブランド名を「サンヨーホームズ」に改称して、地元関西出身の子役タレント芦田愛菜を起用した新たなテレビCMを放映し始めた[1]が、他の多くの芦田愛菜を起用した他社CMに比べて圧倒的に放送量が少なかったためにCMおよびCI導入ともに認知度はかなり低い状況になっている。

2011年平成23年)9月、資本関係がなくなった旧親会社の三洋電機から、子会社の三洋リフォームと三洋ホームズコミュニティとともに「グループ企業と誤解される恐れが強い」として「三洋」商号の使用差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こされた[5]

沿革[編集]

  • 1969年2月1日:クボタハウス株式会社として設立。
  • 2002年4月1日:株式会社クボタから三洋電機株式会社への株式譲渡によって三洋電機の100%子会社となり、三洋ホームズ株式会社に商号変更(資本金30億円)。
  • 2003年12月1日:株式会社三洋エステートの住宅事業(輸入住宅)とマンション事業を統合し、マンション事業本部を設立。
  • 2006年3月1日:オリックス株式会社セコム株式会社関西電力株式会社を新株主に迎える。
  • 2007年9月1日:太陽光発電、オール電化、制震、緊急地震速報を全商品に標準搭載。
  • 2008年4月1日:第三者割り当て増資を実施し、資本金52億7200万円の自立経営体となる。
  • 2011年6月:三洋電機が全株式を手放す一方、株式会社LIXILが新株主となる。
  • 2011年9月:旧親会社の三洋電機から、子会社の三洋ホームズコミュニティと三洋リフォームとともに「三洋」商号の使用差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こされた[5]
  • 2012年12月21日:サンヨーホームズ株式会社に商号変更。子会社もサンヨーホームズコミュニティ株式会社・サンヨーリフォーム株式会社に商号変更。
  • 2013年4月9日:東京証券取引所市場第2部に上場。
  • 2014年4月9日:東京証券取引所市場第1部に指定替え。

関連会社[編集]

  • サンヨーリフォーム株式会社
  • サンヨーホームズコミュニティ株式会社
  • サンアドバンス株式会社
  • e-暮らし株式会社(中部電力との合弁会社

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 三洋、住宅から撤退 『日本経済新聞』 平成23年6月2日朝刊
  2. ^ サンヨーホームズ株式会社|企業情報|サンヨーホームズのあゆみ
  3. ^ 旧日興プリンシパル・キャピタル(元日興証券系)の後身で、現在は農林中金三菱商事の関連会社)。
  4. ^ ベースは。但し、右下の葉が、残りは黄緑で縁取られた模様
  5. ^ a b “「三洋」の名前使わないで 三洋電機、元子会社を提訴-社会”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年9月6日). http://www.asahi.com/national/update/0906/OSK201109060172.html [リンク切れ]

外部リンク[編集]