キルビルPainB.B.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キルビルPainB.B.
別名 キルビル
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ヘビーメタル
職業 ミュージシャン
歌手
作詞家
作曲家
アレンジャー
ボイストレーナー
担当楽器 ボーカル
公式サイト キルビルPainB.B.の ブログ

キルビルPainB.B.(キルビルペインビービー、5月6日 - )は、日本ミュージシャン歌手作詞家作曲家アレンジャーボイストレーナー

概要[編集]

地球名➡︎西野 大輔

「声でグラスを割る男[1]」として知られる。

ロンドンブーツ1号2号田村淳のプライベート番組淳の休日の第3回「マスクdeお見合い」にて、キルビルというニックネームで呼ばれ、その日以来芸名をPainB.B.から、キルビルPainB.B.に改名する。

ロンドンブーツ1号2号田村淳プロデュースのアイドルグループスルースキルズのメインライターとして20曲以上に及ぶ楽曲提供をする。

2014年6月6日6時に(正確には6時6分6秒とされている)、エイリアンアイドル相沢美羽のプロデューサーに就任した事が発表された[要出典]

相沢とユニット名「キルビルズ」を結成し、2015年3月8日に「ペーパードライバー」でCDデビューした[1]

2015年7月、相沢美羽が、キルビルズを脱退。発売直前だった2ndシングルはお蔵入りとなる。

2016年2月18日、TBSニンゲン観察バラエティ モニタリングに出演し、両親の金婚式のお祝いを 速水もこみち と行い、お祝いソング「キンコンカンコン金婚式」を号泣しながら歌う。

翌日、NHKあさイチにて V6井ノ原快彦 が「最近感動した事は?」と聞かれ「昨日の44歳のヘビメタの人の両親への歌が感動した」と発言し、有働由美子アナに「他局・・・」と突っ込まれるというハプニングを生む。

主な出演[編集]

[編集]

  • 2013年1月 「声でグラスを割る男」として出演
  • 2013年3月 25周年記念アワード アカデミー大賞 「サイエンス大賞」を受賞
  • 2013年12月 〜ファン感謝祭2013〜 年間最優秀大賞受賞

Web放送[編集]

  • マスクdeお見合い(2012年11月・2013年11月)
  • 大人の運動会(2013年5月)
  • ポリオ撲滅運動(2013年6月・2014年11月)
  • 淳の休日・マガリー共同企画(2013年7月)「変な置物選手権」準優勝
  • 大人の文化祭 (2013年8月)
  • 淳の休日・マガリー共同企画(2013年11月)「ワンピースコスプレ撮影会」

アルバム[編集]

  • 1stアルバム「INNOCENT CRIME」(1995年)
  • 2ndアルバム「FAR BEYOND DESPERATION」(1998年)
  • 1stアルバム「BURNING FATES」(2001年)
  • 2ndアルバム「FEEL」(2005年)

DVD[編集]

  • IRONFISTの1stDVD「FEEL more」(2007年2月)
  • SKE48の9thシングル「アイシテラブル!」Type-C 特典DVD出演(2012年5月)
  • 淳の休日DVDにキルビルPainB.B.のCM収録(2013年12月) 
  • 探偵!ナイトスクープDVD15巻〜百田尚樹セレクション〜「声でグラスを割る男」(2014年3月)

楽曲提供[編集]

  • 松竹映画「念珠〜オモヒノタマ〜」劇中歌としてIRONFISTの「DEAD」が使用される
  • スルースキルズ
  • 1stアルバム(2013年4月)
「GO!GO!スルースキルズ!!!」
「ラッキーハッピーゴー」
  • 2ndアルバム(2013年12月)
「愚痴愚痴GOOD!!!」
「負けるな!捨てるな!諦めるな!」
「ウインタービンタ」
「-KAEDE-」
「恋愛トンマ」
「戦え!ジャパリーマン!!!」
  • 3rdデモCD(2014年4月)
「即実行」
「私は梅」
「ぽっちゃりとぼっちゃりの狭間で~Maron Mountain Dream Wear~」
  • シングルデモCD「キセキが起きるクリスマス」(2014年12月)
「おおきなかぶ」
  • シングルデモCD「Knock Out」(2015年2月)
「まして、オマエの為じゃない、この露出」
「かかってきなさい!」
「全部やる夏」
「罵ってもいいのよ」
「スルースルーしましょ」
「罵りたまえ」
「罵ってよ、ガンガン」
「限界の先へ」
「貫KING」
「化け化けバケーション」

脚注[編集]

  1. ^ a b “高円寺のエイリアンアイドル相沢美羽さん、「キルビルズ」でCDデビュー”. 高円寺経済新聞. (2015年3月18日). http://koenji.keizai.biz/headline/197/ 2015年9月3日閲覧。 

外部リンク[編集]