キリル・ペトレンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キリル・ペトレンコ
Кирилл Петренко
生誕 1972年2月11日(44歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦(現在の ロシアの旗 ロシア)オムスク
学歴 ウィーン国立音楽大学
ジャンル クラシック
職業 指揮者
担当楽器 指揮

キリル・ガリエヴィッチ・ペトレンコロシア語: Кирилл Гарриевич Петренк,Kirill Petrenko, 1972年2月11日 - )は、ロシア出身の指揮者

生涯[編集]

オムスクで父ガリはヴァイオリニスト、母オルガは音楽学者というユダヤ系家族に生まれた。11歳でピアニストとしてオムスクの交響楽団と演奏してデビューし、18歳の時に父がフォアアールベルク交響楽団で演奏しているオーストリアに転居した。ペトレンコはフェルトキルヒのフォアアールベルク州立音楽学校で音楽を学び、ピアノの修養を優秀な成績で終えるとウィーン国立音楽大学に移りそこでウロシュ・ラヨヴィチらに師事した。また彼はペーター・ギュルケドイツ語版チョン・ミョンフンエドワード・ダウンズエトヴェシュ・ペーテルセミヨン・ビシュコフにも指揮を学んでいる。

1995年にフォアアールベルクでベンジャミン・ブリテンオペラを作ろう英語版でオペラ指揮者としてデビューし、1997年から1999年まではウィーン・フォルクスオーパーの指揮者となってボリス・ゴドゥノフの初稿版上演を行っている。1999年から2002年までマイニンゲン宮廷楽団の音楽監督を務め、2001年にはクリスティーネ・ミーリッツドイツ語版演出でワーグナーニーベルングの指環を指揮し、Alfred Hrdlickaドイツ語版による舞台芸術としては初の4日間連続の公演で国際的に注目を集めるようになった。

続いて2001年からウィーン国立歌劇場魔笛ロイヤル・オペラ・ハウス蝶々夫人パリ国立オペラドン・ジョヴァンニメトロポリタン歌劇場メリー・ウィドウリセウ大劇場バイエルン国立歌劇場スペードの女王(オペラ)英語版フランクフルト歌劇場ホヴァーンシチナフィレンツェ五月音楽祭エフゲニー・オネーギン (オペラ)ゼンパー・オーパームツェンスク郡のマクベス夫人の指揮を行った。

2002年からはベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽監督に就任し2007年まで務めた。音楽監督となって3シーズンを終えた2005年にはオペルンヴェルト誌の年間最優秀指揮者部門でピエール・ブーレーズに続く2位を受賞した。ペトレンコはその後も同誌の年間最優秀指揮者に2007年、2009年、2014年、2015年にも選出されている。

2009年にバイエルン国立歌劇場でイェヌーファを上演すると続いてフランクフルト歌劇場でハンス・プフィッツナーパレストリーナ (オペラ)ハリー・クプファーの演出で公演を行った。同年10月には予定されていたウィーン国立歌劇場でのムツェンスク郡のマクベス夫人の公演を突然中止したが、翌年5月には病気の小澤征爾の代役としてオエフゲニー・オネーギンのシリーズを同劇場で振っている。2011年にアンドレアス・クリーゲンブルクドイツ語版の新演出でトスカをフランクフルトで指揮し、2012年3月にメトロポリタン歌劇場でムソルグスキーのホヴァーンシチナをアウグスト・エファーディングの1985年の演出で公演し、この上演は世界に中継された。

オペラ指揮者としてのキャリアと並行してベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団クリーヴランド管弦楽団バイエルン国立管弦楽団ロンドン交響楽団バイエルン放送交響楽団ハンブルク・フィルハーモニカーフランクフルト・ムゼウム管弦楽団ケルンWDR交響楽団北ドイツ放送交響楽団ウィーン放送交響楽団ウィーン交響楽団といったオーケストラを共演した。

2013年より、ケント・ナガノの後任としてバイエルン国立歌劇場の音楽監督に就任するほか、同年からバイロイト音楽祭の新演出によるニーベルングの指環の指揮も担当している。

2015年にベルリン・フィルの次期首席指揮者・芸術監督に選出され、2018年からサイモン・ラトルの後任として就任する事が発表された[1]

ロシア出身指揮者が務めるのはレオ・ボルヒャルト以来である。

脚注[編集]

  1. ^ Congratulations to Kirill Petrenko! The Berliner Philharmoniker are delighted to announce their new chief conductor(ベルリン・フィル公式サイト)

外部リンク[編集]

先代:
マリー=ジェンヌ・デュフォー
マイニンゲン国立歌劇場
音楽総監督
1999 - 2002
次代:
ファブリツィオ・ヴィンチューラ
先代:
ヤコフ・クライツベルク
ベルリン・コーミッシェ・オーパー
音楽総監督
2002 - 2007
次代:
カール・セントクレア