ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガール
ビートルズ楽曲
収録アルバム ラバー・ソウル
英語名 Girl
リリース 1965年12月3日 (1965-12-03)
録音
ジャンル フォークロック[1]
時間 2分32秒
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ラバー・ソウル 収録曲
消えた恋
(B-1)
ガール
(B-2)
君はいずこへ
(B-3)
ミュージックビデオ
「Girl」 - YouTube

ガール」(英語: Girl)は、イギリスロックバンドビートルズの楽曲で、1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のB面2曲目に収録された。レノン=マッカートニー名義となっているが、ジョン・レノンによって書かれた[2][3]リード・ボーカルはジョン・レノンで、終始けだるい感じで歌っている。ビートルズのラブソングの中でも、メランコリックで複雑な楽曲となっている[4]

解説[編集]

楽器によるイントロはなく、ジョンのボーカルから始まる。

歌詞のインスピレーションについて、1980年のインタビューでレノンは「まだ見ぬ理想の女性像を歌ったもの。結果的にそれはヨーコのことだった」と語っている[5][6]。またレノンは同年に「ウーマン」という曲を発表しているが、これについても「ビートルズ時代に作った「ガール」の1980年版だよ」と語っている[5]

前述のとおり、主にレノンによって書かれた楽曲だが、後にポール・マッカートニーは「Was she told when she was young that pain would lead to pleasure / That a man must break his back to earn his day of leisure」というフレーズを加えたことを明かしている[3]

中間部には、「tit tit tit....(おっぱい・おっぱい・おっぱい)」と繰り返すバック・コーラスが入っている。マッカートニーは、このボーカル・アレンジについてビーチ・ボーイズの影響を受けているとし、「彼らが"la la la la"と歌っているのが好きだったんだけど、同じ事はしたくなかったから代わりの言葉を探した」と語っている[7]

リリース[編集]

本作は、1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のB面2曲目に収録された。3日後にアメリカで発売された同名の編集盤にもB面2曲目に収録された。

1981年に韓国で発売された『ビートルズ バラード・ベスト20』の同国盤には、1993年まで歌詞に検閲が入った「ノルウェーの森」の代替として収録されていた[8]

演奏[編集]

※出典[9]

収録盤[編集]

カバー[編集]

日本においては、1990年代にたまがテレビ番組やライブにて独自の訳詞をあててカバーした[注釈 1]。なお、1980年代からビートルズの楽曲著作権保護が強化され、その影響で、1960年代や1970年代にカバーの際に行われていた歌詞の変更(替え歌及び訳詞)が世界的に認められなったことから、このカバー版は現在も商品化されていない[12]

また、ビートルズのパロディ・バンドであるTHE GOGGLESは、本作のパロディ曲「BOY(ボーイ)」を発表している[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ リード・ボーカルは柳原陽一郎知久寿焼石川浩司滝本晃司の順番でとっている。

出典[編集]

  1. ^ Brackett, Nathan; Hoard, Christian (2004). David The New Rolling Stone Album Guide. Simon and Schuster. p. 53. ISBN 978-0-74320-169-8. https://books.google.com/books?id=t9eocwUfoSoC&pg=PA53 David 
  2. ^ Sheff 2000, p. 197.
  3. ^ a b Miles 1997, p. 275-276.
  4. ^ Unterberger, Richie (2009年). “Girl”. Allmusic. 2019年1月5日閲覧。
  5. ^ a b Cott 1980.
  6. ^ Ryan 2006, p. 404.
  7. ^ Kruth 2015, p. 192.
  8. ^ The Beatles - The Beatles Ballads - 20 Original Tracks (1981, Vinyl)”. Discogs. Zink Media, Inc.. 2020年4月23日閲覧。
  9. ^ MacDonald 2005, p. 181.
  10. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 479. ISBN 1-904994-10-5 
  11. ^ The Brothers Four Sing Lennon/McCartney The Brothers Four Sing Lennon-McCartney - A Beatles Songbook (Vinyl, LP, Mono) | Discogs
  12. ^ 話題332 ビートルズ”. 石川浩司のひとりでアッハッハー (2010年12月31日). 2020年4月23日閲覧。
  13. ^ ゴーグルズのトリビュート・アルバム第1弾参加アーティスト発表に藤原さくら、キノコホテル、伊藤銀次ら5組!”. POPSCENE (2018年2月9日). 2020年4月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]