ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガール
ビートルズ楽曲
収録アルバム ラバー・ソウル
リリース 1965年12月3日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年11月11日
ジャンル ロック
時間 231 (stereo version)
2分34秒 (monaural version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ラバー・ソウル 収録曲
A面
  1. ドライヴ・マイ・カー
  2. ノルウェーの森
  3. ユー・ウォント・シー・ミー
  4. ひとりぼっちのあいつ
  5. 嘘つき女
  6. 愛のことば
  7. ミッシェル
B面
  1. 消えた恋
  2. ガール
  3. 君はいずこへ
  4. イン・マイ・ライフ
  5. ウェイト
  6. 恋をするなら
  7. 浮気娘

ガール」("Girl" )はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のB面2曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。ジョン・レノンのアイデアをもとに、ポール・マッカートニーとの協力でつくられた。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。終始けだるい感じで歌っている。

楽器によるイントロはなく、ヴォーカルから始まる。中間部のバック・コーラスは「tit tit tit....(おっぱい・おっぱい・おっぱい)」というふざけたものといわれてきたが、titには、英国のスラングとして「ばか者」の意味もあり、歌詞の文脈から考えると、こちらのほうが適切な訳とも考えられる。少女の「乳房」と「ばか者」の二重の意味を使った言葉遊びととることが妥当とも考えられる[要出典]。この曲では息継ぎがレコーディングされた曲だが、発表された当時「本当にジョンが息継ぎしているか?」ということで大いに話題になっていた。

なお、ジョン・レノンは1980年に「ウーマン」という曲を発表しているが、このときジョンは「ビートルズ時代に作った「ガール」の1980年版だよ」と述べていたという。

"Girl"は"Boys"などと同じようにビートルズ・ナンバーの中でタイトル名が最も短い曲の1つである。

イギリスでは、セント・ルイス・ユニオン、トゥルースのカバー・ヴァージョンがシングル・リリースされ、セント・ルイス・ユニオンのヴァージョンは全英最高位11位、トゥルースのヴァージョンは全英最高位27位をそれぞれ記録した。

収録盤[編集]