カリー観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有限会社カリー観光
Karry Kanko Bus
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
901-0232
沖縄県豊見城市伊良波146-1
北緯26度10分18.5秒
東経127度40分01.2秒
設立 2005年(平成17年)5月25日
業種 陸運業
法人番号 3360002008754 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
第2種旅行業
その他
代表者 鹿川幸正(代表取締役)
従業員数 44名(2016年3月31日現在[1]
外部リンク http://karrykanko.com/
特記事項:内閣府沖縄総合事務局運陸交第342号
沖縄県知事登録旅行業第2-287号
テンプレートを表示

有限会社カリー観光(カリーかんこう)は、沖縄県豊見城市に本社を置き、沖縄本島石垣島で路線バス・貸切バス・旅行業・ホテル業を営む企業である。

沿革[編集]

2005年設立。代表者はかつて那覇交通北部観光バスに勤務していた人物である[2]。のち石垣島にも進出した。

社名の由来は沖縄方言の「かりゆし」から。

  • 2005年(平成17年)5月25日 - 設立。
  • 2005年(平成17年)9月8日 - 貸切バス事業免許を得る[1]
  • 2005年(平成17年)10月11日 - 大型5台とリフト付き小型1台で営業開始[2]
  • 2015年(平成27年)6月22日 - 石垣島で路線バス運行開始。
  • 2018年(平成30年)7月1日 - 沖縄本島で路線バス運行開始。
  • 2019年(令和元年)10月1日 - 本部町にコンドミニアム型ホテル「カリーコンド美ら海」を開業し、ホテル業に進出[3]

営業所所在地[編集]

  • 本社営業所 - 沖縄県豊見城市伊良波146-1
  • 石垣営業所 - 沖縄県石垣市大浜201-1

貸切バス[編集]

貸切バス

沖縄本島と石垣島で営業する。2016年3月31日現在の車両数は33台[1]

車体色は白地にミンサー織りの柄の帯。

路線バス[編集]

石垣島[編集]

石垣港離島ターミナルにて 新石垣空港にて
石垣港離島ターミナルにて
新石垣空港にて
  • 55:石垣空港 ⇔ 石垣港離島ターミナル(直行)

南ぬ島石垣空港石垣港離島ターミナルを結ぶ路線で、2015年6月22日に運行開始した[4][5]

石垣空港 - 石垣港離島ターミナル間の直行で、途中の停留所には停車しない。そのため所要時間は約30分で、東運輸が運行する空港線(4・10番系統)に比べ若干短い。8時台から19時台まで30分間隔、21往復が運行される。運賃は当初は東運輸と同額の540円であったが、2016年7月1日に500円に値下げされ[6]、900円の往復割引チケットが発売されている。

「ミンサー号」の愛称が付けられている[5][7]

車両は他社から移籍したバリアフリーバス、ノンステップバスなどが使用され[8]、貸切バスと同一色である。2016年3月31日現在の路線車両数は7台[1]

当初は2014年の運行を計画し、同年3月26日に沖縄総合事務局運輸部に申請したが[9]、離島ターミナルのバスの混雑の問題を理由に石垣市が離島ターミナルでのバス停留所設置を許可しなかったことなどで同年内の運行開始はできず[10]、翌2015年2月に設置工事の許可が下り[11]、同年内に運行を開始した。東運輸の空港線とは激しい競争となっており、石垣空港では客引きまがいの行為が見られるとの指摘も出ているという[12]

沖縄本島[編集]

2018年7月1日より運行開始。那覇空港から宜野湾市北谷町のリゾートホテルなどを結ぶ。運行開始時点は宜野湾終点の「宜野湾ライナー」と北谷終点の「北谷ライナー」の2系統だったが同年10月1日より両系統が統合された。那覇市内および北谷町内のみの利用不可。朝の北谷方面便は県庁北口始発。

2019年4月1日より運行開始。那覇空港から北谷町・名護市本部町を結ぶ。那覇市内および本部町内のみの利用不可。本部方面便は予約優先便。

定期観光バス[編集]

  • 川平ライナー:離島ターミナル・各提携先ホテル - 川平湾(休憩) - 石垣空港

2016年7月20日より運行開始。離島ターミナルと各提携先ホテルで乗客を乗せて川平湾に向かい、川平湾で80分の自由時間をとり、その後石垣空港に向かう便と、逆に石垣空港で乗客を乗せて川平湾に向かい、80分の自由時間の後に各提携先ホテルと離島ターミナルで乗客を降ろす便がある。両方向とも午前始発・午後始発各1本ずつ、計2往復の運行。予約制。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「一般乗合・一般貸切旅客自動車運送事業一覧表」、平成28年度運輸要覧 (PDF) 、沖縄総合事務局運輸部、p.134
  2. ^ a b 空港への近さ利点に カリー観光バス運行開始 - 琉球新報、2005年10月12日
  3. ^ 広めの部屋でリラックス 沖縄の新ホテル 「カリーコンド美ら海」オープン - 沖縄タイムス、2019年10月2日
  4. ^ カリー観光バス石垣営業所 - やいまねっと
  5. ^ a b 笠倉出版社バスライフ』Vol.2 p.93
  6. ^ バスマップ沖縄
  7. ^ カリー観光「準備万端」 新規路線バス参入、秒読み段階 - 八重山日報、2015年5月8日
  8. ^ 来月から運行スタート カリー観光 - 八重山毎日新聞、2015年5月24日
  9. ^ 路線バスに新規参入 カリー観光バス - 八重山毎日新聞、2014年7月5日
  10. ^ バス停、当面許可せず 路線バス新規参入 - 八重山毎日新聞、2014年8月6日
  11. ^ 石垣市、新規バス停設置を許可 カリー観光バス - 八重山毎日新聞、2015年2月5日
  12. ^ 客の取り合い激化 - 八重山毎日新聞、2015年7月22日

外部リンク[編集]