カベゾン (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
艦歴
発注
起工 1943年11月18日
進水 1944年8月27日
就役 1944年12月30日
退役 1953年10月24日
その後 1971年12月28日にスクラップとして売却
除籍 1970年5月15日
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水 16 ft 10 in (5.1 m)
機関 ゼネラルモーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度 400ft (120m)
巡航期間 潜航2ノット (4km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員 士官6名、兵員60名
兵装 5インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃
21インチ魚雷発射管10門

カベゾン (USS Cabezon, SS-334) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はカサゴ目カジカ科に属する食用魚カベゾンに因んで命名された(カベゾンはスペイン語で「大きな頭」を意味する)。

カベソン(Cabezon

艦歴[編集]

カベゾンは1943年11月18日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1944年8月27日にT・R・クーレイ夫人によって命名、進水し、12月30日に艦長ジョージ・W・ロートラップ・ジュニア中佐(アナポリス1934年組)の指揮下就役する。カベゾンはニューロンドンを1945年2月19日に出航し、フロリダ州キーウェストに向かう。キーウェストでは訓練および艦隊音響学校での任務で3週間を費やす。その後パナマ運河を経由して真珠湾に向かい、3月15日に到着した。

哨戒[編集]

5月25日、カベゾンは最初の哨戒でデイス (USS Dace, SS-247) 、アポゴン (USS Apogon, SS-308) およびマンタ (USS Manta, SS-299) とウルフパックを構成し[1]千島列島およびオホーツク海方面に向かった。6月18日、カベゾンは北緯50度23分 東経155度06分 / 北緯50.383度 東経155.100度 / 50.383; 155.100の地点で幌筵島から出てきたばかりの輸送船団を発見。アポゴンが博愛丸日本海洋漁業、2,614トン)[2]を撃沈し、カベゾンは蔵王山丸川崎汽船、2,631トン)を撃沈した。カベゾンがこの哨戒で敵を見たのはこの時だけだった[3]。7月10日[4]、カベゾンは46日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。カベゾンはその後、修理を経て次期哨戒のためにサイパン島に回航されたが終戦となり、水上艦部隊の訓練標的艦任務に就いた。

戦後[編集]

カベゾンはサイパンでの任務の後に、9月7日から1946年1月12日までスービック湾を拠点としてフィリピン海域で沿岸での作戦活動および訓練に従事した。任務を終えたカベゾンは1946年2月6日、サンディエゴに到着した。その後しばらくは、沿岸での作戦活動に従事した。母港は真珠湾に変更され、1946年11月20日に到着、引き続き沿岸での作戦活動および西海岸での海軍予備役兵の訓練巡航を、南太平洋、北太平洋および北極圏で行った。1950年3月18日から7月29日および1952年4月21日から10月16日までの2度の極東巡航を行い、1952年の巡航では宗谷海峡の偵察も行った。カベゾンは不活性化のため1953年4月21日にメア・アイランド海軍造船所へ向けて出航する。カベゾンは1953年10月24日に予備役となり、太平洋予備役艦隊で保管される。その後、1970年5月15日に除籍され、1971年12月28日にスクラップとして売却された。

カベゾンは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。カベゾンの唯一の哨戒は成功として記録された。

脚注[編集]

  1. ^ 「SS-334, USS CABEZON」p.32
  2. ^ 小林多喜二の『蟹工船』のモデル
  3. ^ 「SS-334, USS CABEZON」p.19
  4. ^ 「SS-334, USS CABEZON」p.18

参考文献[編集]

  • SS-334, USS CABEZON(issuuベータ版)
  • Theodore Roscoe "United States Submarine Operetions in World War II" Naval Institute press、ISBN 0-87021-731-3
  • 財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年、ISBN 978-4-425-30336-6
  • Clay Blair,Jr. "Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan" Lippincott、1975年、ISBN 0-397-00753-1
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9

外部リンク[編集]