カナダ聖公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Anglican Church of Canada Coat of Arms.svg
Anglican Church of Canada Badge.svg
Anglican Church of Canada Flag.svg

カナダ聖公会英語: Anglican Church of Canada)は、カナダにおけるアングリカン・コミュニオンである。信徒数は200万人を越え、現在ではカナダ全人口の約6.9%がこの教会に所属している。

歴史[編集]

1497年6月24日にジョン・カボットがアメリカ大陸に上陸した時から、イングランド国教会による宣教活動が始まり、1579年6月19日には聖公会祈祷書による礼拝が行われた。1791年憲法で聖公会は国教と定められた。今日では国家と宗教との分離は定着している。

1988年より、後に日本聖公会中部教区になったおもに名古屋中部地方京都教区に属する県を除く)へ伝道を開始している。 [1] 2008年になると超保守派が北米聖公会を設立したため、少数が分離している。

信条[編集]

おおむねイングランド国教会を踏襲しているが、1850年代になってカナダ独自の教会会議が開催され、先住民に対する宣教も行われた。現在では離婚した人や同性愛者も参加している。世界教会協議会に所属している。

脚注[編集]

  1. ^ 日本聖公会中部教区の歴史