カナダ聖公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Anglican Church of Canada Coat of Arms.svg
Anglican Church of Canada Badge.svg
Anglican Church of Canada Flag.svg

カナダ聖公会英語: Anglican Church of Canadaフランス語: l'Église anglicane du Canada)は、カナダにおけるアングリカン・コミュニオンである。信徒数は200万人を越え、現在ではカナダ全人口の約6.9%がこの教会に所属している。

歴史[編集]

1497年6月24日にジョン・カボットがアメリカ大陸に上陸した時から、イングランド国教会による宣教活動が始まり、1579年6月19日には聖公会祈祷書による礼拝が行われた。1791年憲法で聖公会は国教と定められた。今日では国家と宗教との分離は定着している。

2008年になると超保守派が北米聖公会を設立したため、少数が分離している。

海外宣教[編集]

英国聖公会に次いで、海外宣教を熱心に行ってきた。日本へは、1888年より、後に日本聖公会中部教区になった名古屋を中心とする中部地方(京都教区に所属する富山県石川県福井県を除き、横浜教区に属する静岡県山梨県も除く、愛知県岐阜県長野県新潟県[1])へジョン・ウォーラーマーガレット・ヤング名古屋柳城短期大学の創始者[2])などを派遣して伝道を行なった[3]

信条[編集]

おおむねイングランド国教会を踏襲しているが、1850年代になってカナダ独自の教会会議が開催され、先住民に対する宣教も行われた。現在では離婚した人や同性愛者も参加している。世界教会協議会に所属している。

脚注[編集]

  1. ^ 日本聖公会中部教区で教会を探す
  2. ^ 創設者 マーガレット・ヤングの略歴(名古屋柳城短期大学キリスト教センター)
  3. ^ 日本聖公会中部教区の歴史

外部リンク[編集]