世界教会協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界教会協議会(せかいきょうかいきょうぎかい、英語:The World Council of Churches 、略:WCC)は、世界的なエキュメニカル組織である。スイスジュネーヴを本拠地に、120か国以上からの340を超える教会と教派の会員が所属している。

世界教会協議会は、1970年代テロ活動を行っていたグループに資金援助をしていたため、論争をまき起こした。世界教会協議会自身は、「1948年イスラエル建国以来、聖地の平和のために努力してきた」と主張している。[1]

歴史[編集]

1910年エディンバラ宣教会議を含む、19世紀後半から20世紀初頭のエキュメニカル運動の成功により、1937年、教会指導者たちは、世界教会協議会の設立に合意した。 その公式な設立は、第二次世界大戦の勃発により、1948年8月23日まで延期された。

会員[編集]

WCCの会員には、多数のプロテスタント、ほとんどの正教会アングリカン・コミュニオン聖公会)、いくつかのバプテスト教会ルター派世界連盟に加盟するルター派教会(保守的なルター派教会はWCC非加盟)、メソジスト改革派教会カリスマ運動復古カトリック教会が含まれる。

最も大きなキリスト教の教派の一つであるローマ・カトリック教会はWCCの正式なメンバーではないが、30年以上密接な関係にあり、すべての会議にオブザーバーを派遣してきた。キリスト教会組織の一致を促進するバチカンは、12人を委員会の正式の委員に任命している。

脚注[編集]

  1. ^ ."Who are we?英語

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「世界教会協議会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。