カキシメジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カキシメジ
Tricholoma ustale
Tricholoma.ustale.-.lindsey.jpg
カキシメジ
分類
: 菌界 Fungus
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Hymenomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: キシメジ科 Tricholomataceae
: キシメジ属 Tricholoma(Fr.)Quél.
亜属 : キシメジ亜属 Subgen Tricholoma
: キシメジ節 Sect. Tricholoma
: カキシメジ ustale
学名
Tricholoma ustale (Fr. : Fr.) Kummer
和名
カキシメジ (柿占地)
英名
Burnt knight

カキシメジ(柿占地、Tricholoma ustale)はハラタケ目キシメジ科キシメジ属キノコ毒キノコとして知られる。

種小名はラテン語で「焦げた」を意味し、英名と共にキノコ自体の褐色にちなむ[1]

解説[編集]

秋、クヌギシラカシといった広葉樹林やマツなど針葉樹林の地上に生える。傘は3 - 8センチ・メートル程度で色は栗褐色及び薄い黄褐から赤褐色まで幅があり、湿っていると幼菌時に粘性を示すが成長すると表面が繊維状になる。は根元はやや膨むがつばつぼなどはない。ひだは密で柄に湾生し白いが、のちに褐色のシミが生じる。胞子は楕円形で1個の油球がある。

ツキヨタケクサウラベニタケと並び、日本においてもっとも中毒例の多いキノコのひとつである[2]。「見た目の派手なものは有毒であり、地味なキノコは食べられる」という迷信から、本種が食用と誤認されるものと考えられる。

地方名はオショウモタシ(東北地方)、カキモタセ(新潟)、コノハシメジ(青森秋田)、マツシメジなど。日本以外ではヨーロッパ北米で見られる[1][3]


類似の食用種[編集]

外見が似ていて地上に生える食用のチャナメツムタケPholiota lubrica)やニセアブラシメジ(クリフウセンタケ、Cortinarius tenuipes)、シイタケなどと間違われる場合がある。また地方名では、食用であるニセアブラシメジ(クリフウセンタケ)をカキシメジと呼ぶ地域がある[4]

有毒成分[編集]

カキシメジの毒成分・ウスタル酸の構造

成分は水溶性のウスタル酸(あるいはウスタリン酸とも。Ustalic acid)である。ウスタル酸は2002年になって発見された[5]。なお青酸生産能もあるが微量であるため中毒を起こすには至らない。

中毒症状[編集]

喫食後30分 - 3時間後で、Na+/K+-ATPアーゼを阻害して頭痛、腹痛、嘔吐下痢を引き起こすが[6]食量により変動する。医療機関により胃の内容物を吐かせ点滴療法により1 - 3日で回復する。本種による死亡例は報告されていない。

食中毒報告状況(2001年 - 2009年)厚生労働省
発生年 発生件数 摂食者総数 患者数
2000年 1件 10人 8人
2001年 2件 6人 6人
2002年 4件 16人 16人
2003年 1件 7人 4人
2004年 3件 8人 8人
2005年 2件 9人 9人
2006年 1件 5人 5人
2007年 0件 0人 0人
2008年 1件 4人 3人
2009年 1件 2人 2人

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Alan E. Bessette, Arleen R. Bessette, Steven A. Trudell, William C. Roody (2013). Tricholomas of North America: A Mushroom Field Guide. Austin, Texas: University of Texas Press. p. 164. ISBN 0292742339. http://books.google.com/books?id=5fno_ZTd_jwC&pg=PA164. 
  2. ^ 長野県内におけるきのこ中毒発生状況 1999 - 2008年 (PDF) 長野県 食品・生活衛生課
  3. ^ Tricholoma ustale
  4. ^ 仙台市食品監視センター『食品監視センターだより第56号』(平成19年11月号) (PDF) 3つの名前を持つきのこ! 果たしてその正体は? (地方名に注意)
  5. ^ Ustalic acid as a toxin and related compounds from the mushroom Tricholoma ustale Yosuke Sano, Kazutoshi Sayama, Yasushi Arimoto, Takahiro Inakuma, Kimiko Kobayashi, Hiroyuki Koshino and Hirokazu Kawagishi Chem. Commun., 2002, 1384-1385
  6. ^ 日本農芸化学会中部支部 第143 回例会 「食の安全・安心:現状と今後の課題」講演要旨 2005年6月4日(土) 静岡県立大学13411 講義室 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]