ハエトリシメジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハエトリシメジ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: キシメジ科 Tricholomataceae
: キシメジ属 Tricholoma
: ハエトリシメジ T. muscarium
学名
Tricholoma muscarium
Kawamura
和名
ハエトリシメジ

ハエトリシメジ(蠅取占地、学名Tricholoma muscarium)は、ハラタケ目キシメジ科キシメジ属日本特産のキノコである。

特徴[編集]

このキノコを火にあぶり水に浸したものにハエに対する誘因性と殺虫性があるので、ハエ取りに利用していたことからこの名前がある。種名のmuscariumも「ハエに関する」に由来する。

名前から毒キノコのようにも思えるが、ハエにとっては有毒であっても、ヒトにとってはうま味成分のトリコロミン酸[1]を含み食用になる。ただし、ハエトリシメジには類縁体のイボテン酸[2]も含まれる。このイボテン酸もうま味成分であるが、テングタケやベニテングタケにも含まれる毒成分であるため、ハエトリシメジを大量に食べるべきではない。食べ過ぎると悪酔い状態(精神高揚あるいは精神抑制、錯乱、幻覚、震え、痙攣など)になることがある。

テングタケも、同様にハエに対する誘因性と殺虫性があることから一部地域では「ハエトリダケ」と呼ばれる。

生態[編集]

秋に主にコナラなどの広葉樹林内の地表に群生または単生する。は直径5cmほどで、淡黄色の地に暗緑色の繊維紋があり、中央がとがる。肉は白くもろい。胞子は白色楕円形で大きさは約6×4μm。ひだは白色から淡黄色で密。は白色で細長く7cmほどになる。

トリコロミン酸[編集]

トリコロミン酸は、1964年に竹本常松らによってハエトリシメジから単離され命名された物質。しかし、完全に無毒であることが確認されていないため、旨み物質としては利用されていない。

出典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]