日本菌学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本菌学会(にほんきんがっかい)は、真菌および偽菌類を研究する基礎生物学系の学術団体である。1956年設立[1]。日本の菌類分類学において重要な役割を果たしている学会であるとされる[1]

英語名は The Mycological Society of Japan である。

概要[編集]

菌類に関する学際領域の研究推進と普及を目的に設立された。分類学をはじめ、生理学生態学遺伝学などさまざまな分野の菌類研究者が所属する[1]。会員数は約1000名だが、その数は減少傾向にある[1]

総会[編集]

  • 年1回

学会誌[編集]

  • 「Mycoscience」 年4刊
  • 「日本菌学会会報」 年2刊

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 細矢剛 (2011) 「日本の菌類分類学の歴史・現状・展望」日本分類学会連合ニュースレター 19 pp.2-3

参考文献[編集]

  • 日本菌学会会報(創立50周年記念号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]