オーバーライド (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーバーライド
Override
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 PCエンジン (PCE)
開発元 スティング
発売元 データイースト
デザイナー 末吉公道
ARABU
プログラマー 阿部真一
國廣豊史
音楽 山藤靖江
美術 末吉公道
高瀬努
人数 1人
メディア 2メガビットHuCARD[1]
発売日 日本 199101081991年1月8日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:DE90006
テンプレートを表示

オーバーライド』は、1991年1月8日に日本のデータイーストから発売れたPCエンジン縦スクロールシューティングゲーム

自機「ギガイアス」を操作し、バイオコンピュータ「フレイア」を破壊し人類を救出する事を目的としたゲーム。自機が戦闘用ホバータンクという設定が特色となっている。

開発はスティングが行い、ゲーム・デザインはPCエンジン用ソフト『ゼビウス ファードラウト伝説』(1990年)を手掛けた末吉公道、音楽はPCエンジン用ソフト『サイコチェイサー』(1990年)を手掛けた山藤靖江が担当している。

同年には開発元のスティングによって『ラストバタリオン』のタイトルでX68000に移植された。PCエンジン版と共に「Mission Code -Override-」というサブタイトルが付けられている。PCエンジン版は2007年Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された他、2017年Windows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信された。

PCエンジン版はゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」にてシルバー殿堂入りを獲得した。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

全6面構成1周エンド。メインショットと攻撃方法の異なる各種オプションパーツをパワーアップさせながら、ゲームを進める。

エネルギー制とストック制の併用となっており、障害物に接触してもダメージは無いが、スクロールにより背景に挟まれるとその時点で1ミスとなる。

自機のスピード調節はボタンを押すことにより行う。この際、機体後部より発せられる「バックファイヤー」にも攻撃判定がある。

一定時間ショットを撃たずにいると機体が光りだし、この時にショットボタンを押すと「プールショット」を発射し、敵弾及び耐久力の無いザコ敵を一掃する。使用回数に制限は無く何度でも使えるが、チャージ中に敵から攻撃を受けると最初から溜め直しとなる。

アイテム[編集]

特定の敵を倒すと出現。オプションアイテムを取ると自機に2個のオプションパーツがつき、取った色に応じた攻撃方法を取る。なお、オプションパーツ自体に攻撃判定や敵弾を消す効果はない。

オレンジ「ブレイジング・ファイアー」
オプションが機体斜め45度前方に固定され、斜め方向に弾を放つ。パワーアップするとホーミング性能が加わる。
イエロー「リバース」
オプションが機体の左右に付き、レバーと逆方向に弾を放つ。
グリーン「トルネーザー」
オプションが機体の周囲を回転し、弾を前方に放つ。
ブルー「フォローウィング」
オプションが機体の動きをトレースし、前方に雑魚敵を貫通するレーザーを発射する。
パープル「サイドウェポン」
オプションが機体の左右に固定され、弾を左右に放つ。
  • P - メインショットをパワーアップする。
  • E - エネルギーを1目盛り回復する。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ラストバタリオン 日本 199111151991年11月15日
X68000 スティング スティング 5インチ2HDフロッピーディスク2枚組 -
2 オーバーライド 日本 200709042007年9月4日
Wii スティング ジー・モード ダウンロード
バーチャルコンソール
- 2012年3月6日配信終了
3 オーバーライド 日本 2017年5月16日[2][3]
Windows スティング D4エンタープライズ ダウンロード
プロジェクトEGG
-

スタッフ[編集]

PCエンジン版
  • プログラマー:阿部真一、國廣豊史
  • グラフィック・デザイナー:末吉公道、高瀬努
  • サウンド・コンポーザー:山藤靖江
  • サウンド・エフェクト:山藤武志
  • ゲーム・デザイナー:末吉公道、ARABU
  • スペシャル・サンクス:H.YOSHIDA
X68000版
  • プログラム:山藤武志、阿部真一
  • デザイン:末吉公道、高瀬努、山縣明、牛久宏治
  • サウンド:山藤靖江
  • スペシャル・サンクス:河野光二、國廣豊文、木村俊章

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games80% (PCE)[4]
ファミ通30/40点 (PCE)[5]
(シルバー殿堂)
月刊PCエンジン84/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン32/40点 (PCE)
PC Engine FAN19.67/30点[1]
(総合354位)
PCエンジン版
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計で30点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得[5]、『月刊PCエンジン』では90・90・75・85・80の平均84点(満100点)、『マル勝PCエンジン』では9・8・7・8の合計32点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.67点(満30点)となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で354位(485本中、1993年時点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.34 3.09 3.58 3.49 3.31 2.86 19.67

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 72頁。
  2. ^ 今藤祐馬 (2017年5月16日). “「プロジェクトEGG」、PCエンジン版「オーバーライド」を発売” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年9月4日閲覧。
  3. ^ STG「オーバーライド(PCエンジン版)」がプロジェクトEGGで配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2017年5月16日). 2019年9月4日閲覧。
  4. ^ Override for TurboGrafx-16 (1991)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年7月14日閲覧。
  5. ^ a b オーバーライド まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]