オーバードライビンDX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーバードライビンDX』は1996年にエレクトロニック・アーツ=ビクターから販売されたPlayStation用のドライビングゲームである。日本国外では『The Need for Speed』の名称で販売されている。

解説[編集]

ニード・フォー・スピード』シリーズ第1作。本作は対戦モードが存在し、画面が2分割される。また、本体を2台用意すれば通信モードによる対戦が可能である。

本作では警察が存在し、スピード違反をすると警察に追跡される。警察の追跡を振り切れれば問題ないが、追い越されて止められると切符を切られてしまう。同じレースで2回切符を切られるとゲームオーバーとなる。

本作に収録されているコースは全てが仮想のコースであり、環状コースが3コース、ストレートコースが3コース存在するほか、隠しコースが1コースある。

車種[編集]

プレイアブル[編集]

レースモード[編集]

  • タイムアタック プレイヤーの1台でコールまでのタイムを競う
  • 1VS1 ライバルとの一騎討ちレース
  • シングルレース 好きなコースで7台のライバルと競うレース
  • トーナメント 7台のライバルと全てのコースで競うレース