ニード・フォー・スピード ノーリミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Need For Speed No Limits
ジャンル レースゲーム
対応機種 iOS 9.0以降
Android 4.1以上
開発元 Firemonkeys Studios
運営元 エレクトロニック・アーツ
シリーズ ニード・フォー・スピードシリーズ
人数 1人
メディア ダウンロード
2.1GB(iOS)
57MB(Android)
運営開始日 2015年9月30日(iOS・Android)[1]
最新版 5.3.31(iOS 2021年6月8日)
5.3.31(Android 2021年6月8日)
ダウンロード
コンテンツ
基本ダウンロード無料+アイテム課金
テンプレートを表示

ニード・フォー・スピード ノーリミット』(Need For Speed No Limits、略称:NFSNL)は、エレクトロニック・アーツが開発し、スマートフォンおよびタブレット端末向けに提供しているレースゲーム

アプリケーションのダウンロードは無料で、アイテム課金制を取っている。

概要[編集]

同社のレースゲームである「Real Racing 3」の開発者Firemonkeys Studiosによるモバイル専用『ニード・フォー・スピード』シリーズ第1弾。

1回のレース時間は約1分程度と短いカジュアルゲームでもある。

システム[編集]

操作[編集]

ステアリング
ステアリングの操作方法は、タッチ(画面の左右を押しっぱなしにする)・傾け(デバイスのモーションセンサーを使用)・バーチャルステアリング(画面をスワイプ)の3種類から選択可能。また、車はコースに沿ってある程度自動的に曲がる補助がかかる。
アクセルペダル
レースの始まりがスタンディングスタートの場合、これを押したり離したりしてエンジン回転数を調整する。
タコメーターのオレンジ色のゾーンでスタート出来れば「ナイススタート」、緑色のゾーンでスタート出来れば「パーフェクトスタート」となり、スタートダッシュが有利になる。回転数が足りなかった場合は「アンダーレブ」、多すぎる場合は「オーバーレブ」となる。
ローリングスタート時は出現しない。
ナイトロ
画面を下から上にスワイプするとナイトロゲージを全て消費し急加速が可能。
ナイトロゲージは時間経過で自然回復するが、ドリフト・ジャンプ・敵のスリップストリームに入ることによって更に回復量が大幅アップする。これらの技によって、ナイトロの消費量を抑えることも可能。
ドリフト
画面を上から下にスワイプするとブレーキランプが点灯しドリフト待ち受け状態になる。点灯中にステアリングを操作し車体にある程度ドリフトアングルを付けるとドリフト走行状態になり、グリップ走行時よりも速くコーナリングが可能。

プレイヤーレベル[編集]

  • プレイヤーレベルを上げるにはレースに勝利(アンダーグラウンド、マシンシリーズ、キャンペーン)したり、デイリー任務をこなして「REP」と呼ばれる経験値を稼ぐ必要がある。
  • プレイヤーレベルが1つ上がる度、15ゴールドと燃料全回復の報酬が得られる。100レベル以降はガレージ容量が大きくなる。
  • 最大レベルは100までだったが、アップデートにて上限が500に引き上げられた。

燃料・チケット[編集]

  • このゲームではスタミナ制を採用しており、レースに参加する際、アンダーグラウンド(現名称・キャンペーン)とマシンシリーズでは「燃料」を、チューナートライアルでは「トークン」を、スペシャルイベントでは「イベントチケット」を消費する。
  • 燃料・チケットは一定時間ごとに回復するほか、ゴールドを支払って強制的に全回復させることも可能(初回は無料)。

通貨[編集]

このゲームには以下の通貨が用意されている。

キャッシュ
パーツの取り付け時やブラックマーケットの一部商品の購入、クラシックコンテナを開ける際に必要となる。レース報酬で勝敗関わらず得られる。また、イベント専用のキャッシュも存在する(こちらはイベント専用のパーツの購入や取り付けに必要)がイベント終了時にイベント専用車の設計図も含めて通常のキャッシュに変換される。
ゴールド
プレミアムコンテナを開ける時やスタミナ回復、ブラックマーケットの一部商品の購入、スペシャルイベントの強制スキップ等で必要となる仮想通貨。
基本的にはストアで実際にお金を払って購入(個別課金)するが、プレイヤーレベルアップ報酬やデイリー任務報酬、一部のマシンシリーズ報酬、一部のイベント報酬、広告動画閲覧(1回30秒で1ゴールド、一日5回迄)等で僅かではあるが課金しなくても入手することは可能(上位のみではあるがトーナメント報酬としても入手可能。現在はトーナメントが終了したため入手不可)。
ビジュアルポイント
モッドショップでマシンドレスアップを行う際に必要となる。バージョン2.0.6のアップデートに伴い廃止、残ったビジュアルポイントはキャッシュなどに変換された。
トーナメントクレジット
トーナメントマーケットで商品を購入する際に必要となる。トーナメントの終了に伴い廃止、トーナメントマーケットの廃止に伴い残ったトーナメントクレジットはキャッシュに変換された。
チューニング・ツール
マシンチューニング解放にて使用可能となる。

キャッシュの支給ルール[編集]

レース完了後のドロップアイテムも存在するが、基本的には以下のルールでキャッシュ支給が行われる(ただし、大破した場合はキャッシュ支給はされない)。

ドリフト
ドリフトした距離に応じて支給。
スリップストリーム
120km/h以上で敵車のスリップストリームに入っていた時間に応じて支給。
ナイトロチャージゾーン
ナイトロラッシュでチャージゾーンを走行していた時間に応じて支給。
滞空時間
ジャンプ台や段差で四輪が浮遊した時間に応じて支給。
対向車線
対向車線を走行していた距離に応じて支給。
バリケード回避
ブロッケードで警察のバリケードを接触せずに通過すると1箇所につき100 - 200キャッシュ支給。
ニアミス
アザーカーをギリギリで回避すると、1台につき100キャッシュ支給。パトカー・敵車は対象外。
テイクダウン
敵車・パトカーをテイクダウンすると、1台につき250キャッシュ支給。
バレル回避
バレルを接触せずに通過すると支給。一部イベントのみ。
障害物回避
障害物を接触せずに通過すると支給。一部イベントのみ。
ESF回避
警察側が発射する車用のスタンガン。ヒットすると車両がかなり減速しナイトロが数秒間使用できなくなる。回避することで支給。

ゴールドのレート[編集]

ゴールドはボリュームディスカウントを採用しており、一度に多い単位のものを購入したほうが1ゴールドあたりのレートが下がり、最小単位をバラ買いするよりもおトクになる。

購入ゴールド数量 価格
(通常時。稀にセールあり。)
1ゴールドあたりのレート
(小数点第3位を四捨五入
付与VIPポイント
(詳細は後述)
デイリーゴールドデリバリー契約
(14、30、90日間、毎日のログインボーナスに
55、60ゴールドが追加)
610円、1220円、3680円 約0.79円、約0.73円、約0.68円
(14/30/90日間皆勤達成の場合)
300、600、1800
50 250円 5円 50
140 610円 約4.36円 140
290 1220円 約4.21円 400
600 2440円 約4.07円 950
1630 6100円 約3.74円 3000
3750 12000円 3.2円 7500

VIP特典[編集]

  • ストアでゴールドや車両の購入を行うとVIPポイントが還元される。
  • そのポイントに応じボーナスゴールドの追加や燃料増加等の恩恵を受けられる。
  • VIPレベル1 - 3は有効期限が存在し、期限内に次のレベルに進めなければ最初からやり直しとなる。
  • レベル4以上に達すればそれ以降降格は発生しない。
VIPレベル 総獲得VIPポイント 特典 有効期限
1 ・ゴールド購入 +5%おまけ追加
・最大所持燃料 11ポイント迄拡張
10日間
2 ・ゴールド購入 +10%おまけ追加
・最大所持トーナメントチケット 6枚迄拡張
・最大所持燃料 12ポイント迄拡張
オールアクセスパス購入可 一日1回
20日間
3 ・ゴールド購入 +12%おまけ追加
・最大所持燃料 13ポイント迄拡張
・イベントリプレイ 1回リストア可能
・最大所持トーナメントチケット 6枚迄拡張
・オールアクセスパス購入可 一日1回
30日間
4 3100 ・ゴールド購入 +15%おまけ追加
・最大所持燃料 14ポイント迄拡張
・最大所持スペシャルイベントチケット 6枚迄拡張
・最大所持トーナメントチケット 6枚迄拡張
・オールアクセスパス購入可 一日1回
・イベントリプレイ 1回リストア可能
無期限
5 7500 ・ゴールド購入 +18%おまけ追加
・最大所持燃料 15ポイント迄拡張
・最大所持トーナメントチケット 7枚迄拡張
・オールアクセスパス 14日おきに無料支給
・最大所持スペシャルイベントチケット 6枚迄拡張
・チューナートライアルトークン 1回回復可
・イベントリプレイ 2回リストア可能
・オールアクセスパス購入可 一日1回
無期限
6 15000 ・ゴールド購入 +20%おまけ追加
・最大所持燃料 16ポイント迄拡張
・最大所持トーナメントチケット 7枚迄拡張
・チューナートライアルトークン 2回回復可
・最大所持スペシャルイベントチケット 6枚迄拡張
・オールアクセスパス 13日おきに無料支給
・イベントリプレイ 2回リストア可能
・オールアクセスパス購入可 一日1回
無期限
7 30000 ・ゴールド購入 +25%おまけ追加
・最大所持燃料 17ポイント迄拡張
・イベントリプレイ 3回リストア可能
・チューナートライアルトークン 3回回復可
・最大所持トーナメントチケット 7枚迄拡張
・オールアクセスパス 13日おきに無料支給
・最大所持スペシャルイベントチケット 6枚迄拡張
・オールアクセスパス購入可 一日1回
無期限
8 55000 ・ゴールド購入 +30%おまけ追加
・最大所持燃料 18ポイント迄拡張
・最大所持トーナメントチケット 8枚迄拡張
・最大所持スペシャルイベントチケット 7枚迄拡張
・イベントリプレイ 3回リストア可能
・オールアクセスパス 12日おきに無料支給
・チューナートライアルトークン 4回回復可
・オールアクセスパス購入可 一日2回
無期限
9 85000 ・ゴールド購入 +35%おまけ追加
・最大所持燃料 20ポイント迄拡張
・最大所持スペシャルイベントチケット 8枚迄拡張
・イベントリプレイ 4回リストア可能
・最大所持トーナメントチケット 9枚迄拡張
・オールアクセスパス 10日おきに無料支給
・チューナートライアルトークン 5回回復可
・オールアクセスパス購入可 一日2回
無期限
10 150000 ・ゴールド購入 +40%おまけ追加
・最大所持燃料 20ポイント迄拡張
・最大所持トーナメントチケット 10枚迄拡張
・最大所持スペシャルイベントチケット 9枚迄拡張
・イベントリプレイ 5回リストア可能
・オールアクセスパス 7日おきに無料支給
・チューナートライアルトークン 6回回復可
・オールアクセスパス購入可 一日3回
無期限

レースルール[編集]

ラッシュアワー
最大4台でのレース。場所によりアザーカーは多め。
タイムトライアル
単独走行し、制限時間内にゴールに辿り着く。アザーカーは皆無 or 少なめ。
ハンター
プレイヤーはターゲットよりも後方からスタート。ターゲットをオーバーテイクし先にゴールに辿り着く。
デリバリー
指定の車両を制限時間内にゴールまで運転し届ける。アザーカー・壁へ接触すると持ち時間が減るので要注意。
ナイトロラッシュ
タイムトライアルにナイトロチャージゾーンが追加されたもの。
青白いオーラを纏った車線がナイトロチャージゾーン。ここを通るとナイトロが強制的に大幅チャージされる。使用不可残量から回復した時はタイムラグがあり、すぐには発動出来ない
エアボーン
ラッシュアワーのコース上にジャンプ台を沢山設置したもの。
ブロッケード
ラッシュアワーに警察バリケードが追加されたもの。脇道からパトカーが急に飛び出してレースを妨害してくる。
ゲッタウェイ
指定の車両を制限時間にゴールまで運転し逃亡する。パトカーに接触すると持ち時間が減るので要注意。
チャレンジ
「テストコース」、または、一部キャンペーンに組み込まれているレース。内容としては「ドリフト」、「滞空時間」、「ナイトロゾーン」、「ニアミス」の4つを設定された数値に到達する+「1位」「制限時間内にゴール」することでクリアとなる。また、この4つのうちの2つや3つを組み合わせた「ミックス」「メガミックス」がある
ロックダウン
「Breakout」、または、一部キャンペーンで組み込まれている警察とのガチバトルイベント。内容としては「パトカーテイクダウン」「ESF回避」「バリケード回避」の3つを設定された数値に到達する+「1位」「制限時間内に逃げ切る」ことでクリアとなる。また、このイベントにはヒートレベルがあり、ここでのヒートレベルは目標の量として設定されている。最大で4まであり、

2つならば「1位or逃げ切り」+「テイクダウン/バリケード/ESFのうちの一つ」 3つならば「1位or逃げ切り」+ 「テイクダウン/バリケード/ESFのうちの2つ」 4つならば「1位or逃げ切り」+「全て」となる。例えるなら「テストコースの警察ver」と考えれば良い

ダメージ[編集]

  • 壁やアザーカーへ接触するとダメージが蓄積していく。一定量のダメージが蓄積してしまうと「大破」となり強制的にリタイアとなる。
  • プレイヤーだけでなく敵車両も対象となっており、アザーカーや壁等に接触させる等してダメージを与えればテイクダウンすることも可能。

レースモード・施設等[編集]

アンダーグラウンド / キャンペーン[編集]

  • このゲームのストーリーモードとも言うべき存在のモード。全チャプター19。
  • 各チャプターごとに10レースが用意されている。新しいチャプターを出現させるためにはREPを稼いでプレイヤーレベルを上げる必要がある。
  • バージョン1.5.4のアップデートより名称がキャンペーンに変更され、バージョン4.1.2のアップデートでリニューアルされた。
  • バージョン4.3.4のアップデートよりチャプター20以降が追加された。

登場人物[編集]

過去のニード・フォー・スピードシリーズに登場した人物もゲスト出演している。

アンダーグラウンド / キャンペーン[編集]

キム
主人公をサポートするヒロイン。搭乗車種はGolf GTI。また、一部の期間限定イベントではPorsche 918 Spyder。
タイラー
主人公を支えるメカニック。搭乗車種はCorvette Z06(C7)。
オフィサー・リベラ
ブラックリッジ市警の巡査警。ストーリーの終盤に登場する。
本名はアシュリー。
ダリウス
主人公のメインライバル。搭乗車種はM3 E36、終盤ではHuayra。
Joy Riders(ジョイライダーズ)
ストリートの車で構成されたクルー。クルーカラーはオレンジ/緑。リーダーはドウェイン(Impreza)。また、ドウェインは「FASTLANE」の主催者でもある。
Renegades(レネゲーズ)
マッスルの車で構成されたクルー。クルーカラーは赤/青。リーダーはジャクソン(Mustang GT)。
Flaming Skulls(フレイミング・スカルズ)
クラシックスポーツの車で構成されたクルー。クルーカラーは青/銀。リーダーはアイビー(BNR32)。また、アイビーは「SK1LLMASTE3RS」の主催者でもある。
Powerhaus(パワーハウス)
スポーツの車で構成されたクルー。クルーカラーは黄/紫。リーダーはブレーク(R35)。また、ブレークは「Breakout」の主要人物でもある。
Blackridge Royals(ブラックリッジ・ロイヤルズ)
スーパー、ハイパーの車で構成されたクルー。クルーカラーは銀/金。リーダーはマーカス・キング(CCX)。
BLOODFANGS(ブラッドファングス)
Royals撃破後現れたクルー。

期間限定イベントのみ[編集]

スヌープ・ドッグ
期間限定イベントの「スヌープドッグ」にて、実名・似顔絵入りで登場した。
レイザー
ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッドからゲスト出演。期間限定イベントの「Return of Razor レイザーの帰還」で登場した。
このイベントで彼が搭乗していたBMW・M3(E46)のカラーを完全再現・トリビュートしたBMW・M4(F82)が実装された。同じく序盤に搭乗していたMustang GT(2005年モデル)のカラーを完全再現・トリビュートしたMustang GT(2016年モデル)も実装。

なお過去の話で「アーバンレジェンド」にも登場している。

ボブ・ナターレ
期間限定イベント「ランボルギーニ・アカデミア」で登場。プロドライバー集団の「リトル・ヘルパー」のリーダー。
イベント開催中は全てのレースが吹雪の中で行われた。
ケン・ブロック
期間限定イベントの「エクストリーム・レーシング・チャンピオンシップ」にて、実名・似顔絵入りで登場した。
トリッパ
期間限定イベントの「丙申猴年」で登場。「ファイアーモンキーレースクルー」のリーダー。
西を目指す旅の途中でブラックリッジにやってきた。オーラの走りを得意としている。
イベントレースではコース上に旧正月を祝う飾り付けが行われ、打ち上げ花火も上がった。
ディーノ・ダッレ・カルボナーレ
自動車ニュースサイト「スピードハンターズ」との期間限定コラボレーションイベント「アイ・アム・ザ・スピードハンター」並びに「ゼロ・トゥ・ヒーロー」にて、実名・似顔絵入りで登場した。
ケリー
アップデート後より登場。チョップショップを経営している。
期間限定イベントの「タイダルラン」ではレースを主催する。
コーチ
期間限定イベントの「エクストリーム・レーシング・チャンピオンシップ」、「アンリーシュト」、「ブラックリッジ・ランブル」等にて登場。また、BLOODFANGS登場後のキャンペーンにも登場する。
「ノヴァト・ベイ」のドライバーで地元の走り屋のドラテクの指導を行っている。
「ブラックリッジ・ランブル」では、「ソードフィッシャークルー」というクルーを結成し、参戦したようだ。
リル・ウェイン
期間限定イベントの「リルウェイン」にて、実名・似顔絵入りで登場。
ジュン・イマイ
ミニカー「ホットウィール」の日系デザイナー。「ホットウィール」との期間限定コラボレーションイベントにて、実名・似顔絵入りで登場した。
ジーナ・ダンジェロ
期間限定イベントの「アンダーワールド」並びに「アンダーワールド:ダウンフォール」にて登場。
暗黒街の女ボスで金融業を仕切っている。
エース
期間限定イベントの「レベルズギャンビット」にて登場。
イベントの主催者でもある。
サム
期間限定イベントの「デビルズ・ラン:アルペンストーム」にて登場。
本名はサマンサ。デビルズランナーの一人で、搭乗車種はCCX。
また、キャンペーンに登場する、オフィサー・リベラの妹である。
マイケル・スピードウェイ
期間限定イベントの「用意...トラクション!」並びに「恐怖の用意...トラクション!」にて登場。また「ナイト、ドラマ、トラクション!」アップデートで再登場。「恐怖の用意…トラクション!」から約2年ほど経っている。
アクション映画の監督をしている。搭乗車種はFerrari 458 Italia。
ブライアン
期間限定イベントの「パースートレジェンズ」並びに「エクリプス」にて登場。
ニード・フォー・スピード ホット・パースートに登場する、シークレストカウンティを拠点としており、ファントムという正体不明のレーサーを追って、ブラックリッジにやってきた。
ファントムとは何らかの関係があるらしいが、ネタバレ防止の為、詳細は伏せておく。
ルーク
期間限定イベントの「ノーマンズランド」並びに「ブラックリッジ・ランブル」にて登場。
レッドクレストキャニオンを拠点とする「DUSTHOWLERS」のリーダーだが、あることがきっかけで逮捕され、クルーが解散してしまう。
「ブラックリッジ・ランブル」では優勝すると主催者と契約を結べるため、「ノーマンズランド」のイベント中に回収したVenom GTを主人公に与える。
チップ
期間限定イベント「エクストリーム・レーシング・チャンピオンシップ3」に登場。
XRCに出場するドライバー。
スティーヴ・アオキ
期間限定イベントにて、実名・似顔絵入りで登場しており、「ネオンフューチャー」ではメインキャラクターとして再登場した。
主催者
「デビルズラン」シリーズ、並びに「ブラックリッジ・ランブル」等に登場する謎多き大富豪。
シグリッド
期間限定イベント「アンダーカバー」にて登場。悪徳業者「ゼニス」のトップ。
ジョー
期間限定イベント「エクリプス」にて登場。ニード・フォー・スピード ヒートのプロローグの前日譚で、ブライアンの協力でスピードハンターイベントで戦う。

マシンシリーズ[編集]

  • アンダーグラウンドとは違い、参加可能車種が制限されている。また、レースは一度クリアすると再プレイは不可能。
レースシリーズ名 参加可能車種
フィエスタ・フィエスタ Fiesta ※Ken Block仕様は不可。
ウーバーSUBARU BRZ・Impreza
東京ストリート 86・FD
ジャーマン・プレシジョン GOLF・M3・993
レーザー・ビーマー M3・M4(無印・Razor仕様)
スポーツクラシック FD・993・BNR32
イーストVSウェスト Impreza・Challenger(無印・Snoop Dogg仕様)
コール911 993・991
マッスル・ハッスル GT500・Challenger(無印・Snoop Dogg仕様)
イチ、NISSAN BNR32・R35
スーパーSUPRA Supra
ホースパワー Mustang(無印・Razor仕様)
フーニガン Fiesta Ken Block仕様・Mustang Hoonicorn仕様
アウトバーン・オーバードライブ 991・M4(無印・Razor仕様)・AMG GT ※旧正月仕様は不可
ブラウンVSブレイン M4(無印・Razor仕様)・Viper
ワイルドスタリオン GT500(無印・Snoop Dogg仕様)
MERCEDESスプリント SLK 55 AMG・AMG GT ※旧正月仕様は不可
ビバ・イタリア F40・Huracan・Murcielago
ルナライド F-TYPE・AMG GT 旧正月仕様 ※無印は不可
スーパークーペ R35・458Italia
スネークバイト Viper
バトル・イタリア 458Italia・Aventador
ヒプノティック・エキゾチック 650S・Huayra
ハイパースペース Huayra・Aventador・CCX
キング怪獣 BNR34
ストラトスフィア CCX
スピードデーモン Diablo
レーシングストライプ GT (2006)
クラシック・ビューティー Silvia・Lancer Evo VI
180デグリー 180SX
ボスと将軍 Charger・Mustang Boss 302
CHEVYウェイトチャンピオン Camaro
HACHI-ROKU AE86
クーペ軍団 370Z・M2
スーパーソニックスポーツ C63・Corvette
ダイカスト・ダイナモ Time Attaxi・Gazella GT
フュージョンフォース LaFerrari・P1・918 Spyder
トラックマシン GT3
マッドマッスル Model 18・Falcon XB
ヘルライダー Challenger SRT Demon・Charger Hellcat
ゴールド・スタンダード GT(2017)・XE SV Project8
軽量レジェンド Exige cup 380・Zonda Cinque
ザ・マスターピース F1 LM
タイタンズ One:1・Venom GT
エクストリームエボリューション M5・MX-5(スピードハンター)
ANNIVERSARIO Centenario・Veneno
THUNDERSTORM Regera・C-X75
ブレークスルー Huayra BC・Aventador SV
フォーリーフクローバー Giulia Quadrifoglio
モダンクラシック NSX・Enzo
ファスト&フェローシャス 720S・812 Superfast
ブラックリスト M3 GTR
コースレコード FXX-K Evo・Agera RS
ユニオンジャック 600LT・XJ220
ロードアンドトラック GT2 RS・P1 GTR
バックストリート 240ZG・Civic Type R
ネオン・ライト 240ZG(ネオンフューチャー)
メディテラネオ R.S.01・488 Pista
ニード・フォー・ライトスピード FXX-K Evo・Chiron
レッドホライゾン BNR32・F355
CROWN JEWELS Vulcan・One-77
クイックシルバー Carrera GT・Continental GT
ザ・ビースト F132
スピードの契り Lancer Evo X・S2000
隠れたヘビ Venom F5

チューナートライアル[編集]

  • 日替りで特定の素材が入手可能なレース。参加するには燃料に加え、トークンが必要。トークンはレース勝利時にのみ消費する。
  • レースはレアリティに沿って5段階に分かれている。レースルールは参加するごとにランダムに変更される。
  • 「オールアクセスパス」というアイテムを使用すると、その日に限り全レースが開放され、所持トークンも全回復する。
  • バージョン1.5.4のアップデートより通貨以外のレアリティに「BLACK EDITION」が追加され、6段階となった。マシンチューニングを解放すると火曜日の通貨がチューニング・ツールへと置き換わる。

各曜日の入手可能素材[編集]

曜日 入手可能素材
月曜日 エンジン関連
火曜日 通貨(及びチューニング・ツール)&ターボ関連
水曜日 ホイール関連
木曜日 通貨&ギアボックス関連
金曜日 ECU関連
土曜日 ナイトロ関連
日曜日 全て

各レアリティの参加指定車種[編集]

レアリティ 参加指定車種
コモン Fiesta
アンコモン M3
レア Supra
エピック 991
レジェンド Viper
BLACK EDITION Huayra

トーナメント[編集]

  • 不定期に開催されるオンラインイベント。こちらも、参加可能車種が制限されている。
  • プレイヤーは必ず最下位のクラス15からスタートし、クラス1になるのを目指す。レースに勝利するとポイントを得ることが出来、そのポイントが一定数に達するとランクが昇格するようになる。
  • イベント終了時に結果に応じた報酬が与えられる。
  • 2016年11月10日をもってこのオンラインイベントは終了された。

トーナメント最終結果ランク[編集]

トーナメント終了時には順位により以下のランクに分けられる。報酬は上位になるほど豪華になる。

ランク名 最終順位
チャンピオン 1位
ボス 2 - 10位
エース 11 - 25位
エリート 26 - 50位
オーサム 51 - 100位
スーパー 101 - 250位
ベテラン 251 - 500位
チャレンジャー 501 - 1000位
コンテンダー 1001 - 2500位
走り屋 1501 - 2500位
モータリスト 2501 - 4000位
アプレンティス 4001 - 6000位
ルーキー 6001 - 7500位
ノービス 7501 - 9000位
アマチュア 9001 - 10000位
参加者 10001位以下かつ最低1レース完走

ブラックリッジ・ライバル[編集]

  • アップデートにて追加されたオンラインイベント。こちらは参加可能車種が制限されていない。
  • レースに勝利するとスピードポイント(SP)というポイントを得ることが出来、敗北するとポイントを失う。相手のSPが高いと勝利するポイントを大幅に手に入れられるが、相手のSPが低いと敗北するとポイントを大幅に失う。そのポイントが一定数に達するとランクが昇格するようになる。
  • レースを3回行うとスポンサーシップボーナスとしてキャッシュを入手、ランクの昇格ごとにボーナスが増加される。また目標のボーダーラインを越すことでコンテナ、限定ラップを入手することができる。
  • シーズンイベント終了時に結果に応じた報酬が与えられる。
  • 2018年9月10日をもってこのオンラインイベントは終了した。
ランク名 昇格目標SP
カリスマ 4500SP
チャンピオン 3600SP
チャレンジャー 2700SP
コンテンダー 1800SP
プロスペクト 900SP
ニューカマー 0SP

ガレージ[編集]

  • プレイヤーの車のチューニング、パーツの売却などを行う場所。チューニングが可能な車種には、上向きの矢印が付く。
  • 本作は車の購入ではなく、「設計図」を集めて車を作る必要がある。詳細は下記。
  • 薄く水色が付いている車は、設計図が必要分集まっていない、未完成の車。
  • 黒く、車の輪郭だけが分かる状態の車は、まだ1枚も設計図を入手していない状態の車。

マシンショールーム[編集]

  • 所持、未所持に限らず、設計図の入手場所、初期性能が見られる。ここの情報をもとに設計図を集めると良い。

モッドショップ[編集]

  • 車両の塗色変更やエアロパーツ類の交換、ホイールの交換を行える。パーツを入手するにはビジュアルポイントが必要。バージョン2.0.6のアップデートに伴いビジュアルポイントが廃止され、マシンのステージアップによりパーツが追加されるようになる。また塗料にラップが追加され、条件を満たせば入手できるようになる。
  • 一度パーツを入手すれば、あとは何度でも無料で変更可能である。ホイールと塗料に関しては一度の購入で全車共通で使用可能。外観変更による性能の変化は無し。
  • なお458イタリア等フェラーリ車や一部のイベント・ストア課金等で入手可能な特別車両に関してはモッドショップでのカスタマイズは不可能となる。
  • バージョン5.1.21のアップデートに伴いスタンス(車高・キャンバー)の調整が可能となった。

荷揚げ場[編集]

俗にいう「ガチャ」に相当するもの。ランダムで設計図・パーツ・素材を入手することが可能。

アップグレードコンテナ
一日5個無料で回すことが可能。それ以降は1回5000キャッシュ or 5回20000キャッシュで回せる。
入手可能なアイテムは比較的低レアリティ。
プレミアムコンテナ
46時間に1回無料で回すことが可能な金色のコンテナ。1回100ゴールド or 5回500ゴールド(レア以上確定)で回せる。
プレミアムなだけに比較的高レアリティなアイテムが出やすい。
期間限定コンテナ
不定期に発売される銀色のコンテナ。車の設計図が手に入りやすい。

レアリティ[編集]

  • 全てのパーツ・素材・設計図にはレアリティが設定されている。
  • 下に行くほど入手難易度は上がる。
レアリティ
コモン グレー
アンコモン グリーン
レア ブルー
エピック パープル
レジェンド イエロー
Black Edition ブラック

ブラックマーケット[編集]

  • ブラックマーケットの名が付くだけに価格は比較的高いが、荷揚げ場と違い確実にそのアイテムを入手可能な機会が多い。
  • 8個のアイテムが並ぶ。12時間ごとにラインナップがランダムに置き換わる。ラインナップが気に入らない場合はゴールドを支払ってランダムに変更可能。入手可能な物はおおよそ決まっている。

バージョン2.6.4以降からは、24時間毎にラインナップが置き換わるようになった。また、限定マシンの設計図がゴールドを支払って購入可能になった。設計図以外のアイテム(素材など)は、レアリティ別に販売されるようになり、気に入らなければ5ゴールドを消費するか、30秒程度の広告を見てアイテムを更新できるようになった。

  • なお、レジェンドパーツはVIPでなければ買えない。

チョップショップ[編集]

  • チョップショップとは所謂「解体屋」のこと。不要なパーツ・素材を廃棄するとスクラップポイントに替えられる。
  • 欲しいパーツや設計図(通常車種の殆ど)はそれを支払って手に入れることが可能。
  • もし既に☆MAXになっている車の設計図を荷揚げ場(ガチャ)で入手した場合は、自動的にスクラップポイントに替えられる。
  • バージョン2.12.1からは一部のイベントマシンの設計図が追加された。

設計図[編集]

車種 必要ポイント

(1枚あたり)

Fiesta 10000
BRZ 10310
86 10660
AE86 10940
GOLF 11040
M3 17170
370Z 18270
Mustung Boss 302 18270
Charger R/T 18270
Impreza 19400
FD 18590
Silvia 23780
993 24340
Mustang 25500
CHALLENGER 28170
BNR32 29690
991 43600
M4 56430
SLK 55 86020
AMG GT 130090
R35 140650
Viper 152200
MX-5(スピードハンター) 152610
Exige 152610
XE SV 152610
458Italia 164840
M5 183580
650S 198530
Aventador 233740
Zonda Cinque 234010
Huayra 253870
CCX 275900

パーツ[編集]

カテゴリ レアリティ 必要ポイント
ストリート アンコモン(☆2) 18880
レア(☆3) 23530
クラシックスポーツ アンコモン(☆2) 27210
レア(☆3) 29940
エピック(☆4) 33520
マッスル アンコモン(☆2) 50410
レア(☆3) 73300
エピック(☆4) 103280
スポーツ レア(☆3) 85070
エピック(☆4) 122080
レジェンド(☆5) 170560
スーパー レア(☆3) 136320
エピック(☆4) 183790
レジェンド(☆5) 245970
ハイパー レア(☆3) 340170
エピック(☆4) 372450
レジェンド(☆5) 414750

設計図[編集]

  • 荷揚げ場やレース報酬で「設計図」を入手することが可能。入手した設計図が一定数になると無料で新たな車両を建造することが可能となる。
  • 既に所持している車両も一定数の設計図を入手することでステージアップが可能となり、基礎性能が大幅にアップするほか高グレードのパーツの取り付けも可能になる。

チューンナップ[編集]

  • 車のパーツは以下の6カテゴリに分かれている。
  • そこに指定された素材を組み込むことで性能を強化する。全ての素材を組み込むと、リビルドが可能になり、パーツステージが1つアップする。
  • パーツは装着可能な車のカテゴリがあり、それぞれの車両カテゴリに一致したものしか取り付けることは不可能。
  • また、現在の車両ステージ≧取り付けるパーツステージでなければパーツを取り付けることは不可能。

マシンチューニング[編集]

  • スポーツクラス以上(☆8まで)のマシンを最高ステージアップまで到達し、チューンナップを最高までアップするとメカニックレベルが解禁される。

登場車種[編集]

通常車両[編集]

◯→エアロ・ホイール・塗料等、全部カスタム可能
△→塗料のみ変更可能、それ以外はカスタム不可
×→塗料含め全項目カスタム不可

メーカー 車名 カテゴリ 最高ステージアップ モッドショップでの
ドレスアップ可否
Ford Fiesta ストリート ☆5
SUBARU BRZ ストリート ☆5
TOYOTA 86 ストリート ☆5
Volkswagen GOLF ストリート ☆5
BMW M3 クラシックスポーツ ☆6
Mazda RX-7 FD クラシックスポーツ ☆6
SUBARU Impreza ストリート ☆5
PORSCHE 911 (993) クラシックスポーツ ☆6
TOYOTA Supra クラシックスポーツ ☆6
DODGE Challenger マッスル ☆6
NISSAN SKYLINE GT-R BNR32 クラシックスポーツ ☆6
Ford Mustang マッスル ☆6
PORSCHE 911 (991) スポーツ ☆8
BMW M4 スポーツ ☆8
Mercedes AMG GT スポーツ ☆8
NISSAN GT-R R35 スポーツ ☆8
SRT Viper SRT GT-S スーパー ☆8
Ferrari 458Italia スーパー ☆8 ×
McLaren 650S スーパー ☆8
Lamborghini Aventador ハイパー ☆8
Pagani Huayra ハイパー ☆8
Koenigsegg CCX ハイパー ☆8

特別車両[編集]

◯→エアロ・ホイール・塗料等、全部カスタム可能
△→ホイール・塗料のみ変更可能、それ以外はカスタム不可
×→塗料含め全項目カスタム不可

メーカー 車名 カテゴリ 最高ステージアップ モッドショップでの
ドレスアップ可否
TOYOTA AE86 Trueno ストリート ☆5
NISSAN 370Z ストリート ☆5
NISSAN Fairlady 240ZG ストリート ☆5
NISSAN SKYLINE GT-R BNR34 クラシックスポーツ ☆6
NISSAN 180SX Type X クラシックスポーツ ☆6
NISSAN Silvia spec R クラシックスポーツ ☆6
Nissan Skyline 2000 GT-R クラシックスポーツ ☆6
NISSAN Fairlady 240ZG(ネオンフューチャー) スポーツ ☆8 ×
MITSUBISHI Lancer EvoVI クラシックスポーツ ☆6
MITSUBISHI Evolution X スポーツ ☆8
MAZDA MX-5(スピードハンター) スポーツ ☆8 ×
Volkswagen Scirocco R ストリート ☆5
Volkswagen Beetle(スピードハンター) スポーツ ☆8 ×
BMW M2 Coupe ストリート ☆5
BMW M3 GTR クラシックスポーツ ☆6
BMW M4 Razor仕様 スポーツ ☆8 ×
BMW M5 スポーツ ☆8
BMW 3.0 CSL Hommage R スポーツ ☆8
BMW M4 M40i (G29) スポーツ ☆8 ×
DODGE Challenger Snoop Dogg仕様 マッスル ☆6 ×
DODGE Charger R/T マッスル ☆6
DODGE Challenger SRT Demon マッスル ☆6
DODGE Charger Hellcat マッスル ☆6
DODGE Viper SRT10 ACR-X スーパー ☆8
Chevrolet Camaro Z/28 マッスル ☆6
Chevrolet Corvette Stingray 427 (C2) マッスル ☆6
Chevrolet Corvette Z06 (C7) スポーツ ☆8
Chevrolet Corvette Stingray (C8) スーパー ☆8
Ford Model 18英語版 マッスル ☆6
Ford Falcon XB Coupe マッスル ☆6
Ford Mustang Razor仕様 マッスル ☆6 ×
Ford Mustang Hoonicorn仕様 マッスル ☆6 ×
Ford Mustang Boss 302 マッスル ☆6
SHELBY Daytona クラシックスポーツ ☆6
SHELBY GT500 マッスル ☆6
SHELBY GT500 Snoop Dogg仕様 マッスル ☆6 ×
Ford SHELBY GT500 (2020) マッスル ☆6
Ford Fiesta Ken Block仕様 スポーツ ☆8 ×
Ford GT (2006) スーパー ☆8
Ford GT (2017) スーパー ☆8
Honda Civic Type R ストリート ☆5
Honda Integra DC2 Type R ストリート ☆5
Honda S2000 クラシックスポーツ ☆6
Honda NSX (1991) クラシックスポーツ ☆6
Honda NSX (2017) スーパー ☆8
JAGUAR F-TYPE スポーツ ☆8
JAGUAR XE SV Project 8 スポーツ ☆8
JAGUAR XKR-S GT スポーツ ☆8
JAGUAR C-X75英語版 ハイパー ☆8
JAGUAR XJ220 スーパー ☆8
Mercedes AMG GT 旧正月仕様 スポーツ ☆8 ×
Mercedes C63 S Coupe スポーツ ☆8
Mercedes SLK 55 AMG スポーツ ☆8
Mercedes SLR McLaren 722 スポーツ ☆8
Mercedes SLS AMG Black Series スーパー ☆8
Lotus Exige cup 380 スポーツ ☆8
Alfa Romeo Giulia quadrifoglio スポーツ ☆8
Alfa Romeo 8C スポーツ ☆8
Pagani Zonda Cinque ハイパー ☆8
Pagani Huayra BC ハイパー ☆8
PORSCHE 718 Cayman GT4 スポーツ ☆8
PORSCHE GT3 RS スーパー ☆8
PORSCHE GT2 RS スーパー ☆8
PORSCHE Carrera GT スーパー ☆8
PORSCHE 918 Spyder ハイパー ☆8
HOT WHEELS Time Attaxi スポーツ ☆8 ×
HOT WHEELS Gazella GT スーパー ☆8 ×
McLaren P1 ハイパー ☆8
McLaren P1 GTR ハイパー ☆8
McLaren F1 LM スーパー ☆8
McLaren 720S スーパー ☆8
McLaren 600LT スーパー ☆8
McLaren Senna ハイパー ☆8
Lamborghini Diablo SV スーパー ☆8
Lamborghini Murcielago SV スーパー ☆8
Lamborghini Huracan ハイパー ☆8
Lamborghini Centenario ハイパー ☆8
Lamborghini Veneno ハイパー ☆8
Lamborghini Aventador SV ハイパー ☆8
Lamborghini Huracan Evo ハイパー ☆8
Lamborghini Sesto Element ハイパー ☆8
Renault Sport R.S.01英語版 スーパー ☆8
Bentley Continental GT スーパー ☆8
Ferrari F355 Berlinetta クラシックスポーツ ☆6 ×
Ferrari Enzo スーパー ☆8 ×
Ferrari 812 SuperFast スーパー ☆8 ×
Ferrari 488 Pista スーパー ☆8 ×
Ferrari F50 スーパー ☆8 ×
Ferrari LaFerrari ハイパー ☆8 ×
Ferrari FXX-K Evo ハイパー ☆8 ×
Koenigsegg One:1 ハイパー ☆8
Koenigsegg Regera ハイパー ☆8
Koenigsegg Agera RS ハイパー ☆8
Hennessey Venom GT ハイパー ☆8
Hennessey Venom F5英語版 ハイパー ☆8
Bugatti Chiron ハイパー ☆8
Bugatti La Voiture Noire ハイパー ☆8
Bugatti Divo ハイパー ☆8
Bugatti Veyron Super Sport ハイパー ☆8
Polestar Polestar 1 (NFS Heat) スーパー ☆8 ×
Aston Martin 5 クラシックスポーツ ☆6
Aston Martin DB11 AMR スーパー ☆8
Aston Martin One-77 スーパー ☆8
Aston Martin DBS Superleggera スーパー ☆8
Aston Martin V12 Vantage S スーパー ☆8
Aston Martin Vulcan ハイパー ☆8
Aston Martin Valkyrie ハイパー ☆8
Beck Kustoms F132 マッスル ☆6
Brabham BT62英語版 スーパー ☆8
DeLorean DMC-12 (ザ・ハンドレッズ) スポーツ ☆8 ×
Maserati GranTurismo MC Stradale スポーツ ☆8

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]