オミナエシ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オミナエシ属
Patrinia villosa 0807.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: オミナエシ科 Valerianaceae
: オミナエシ属 Patrinia
学名
Patrinia Juss.
タイプ種
Patrinia sibirica (L.) Juss.[1]
シノニム

edia Adans.
Fuisa Raf. [1]

  • 本文参照

オミナエシ属(おみなえしぞく、Patrinia )はオミナエシ科の一つ。APG植物分類体系ではマツムシソウ目スイカズラ科に含まれるが、オミナエシ科として分離してもよいとしている。

特徴[編集]

多年草が羽状または掌状に中~全裂する。

は茎の先に集散花序をつける。花冠は5裂し、黄色、ときに白色。雄蕊は4本あり、花柱は分裂しない。

日本には5-6種、東アジアと中央アジアに約15種知られている。

[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Patrinia