マルバキンレイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルバキンレイカ
Patrinia gibbosa 1.JPG
福島県磐梯山 2010年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マツムシソウ目 Dipsacales
: オミナエシ科 Valerianaceae
: オミナエシ属 Patrinia
: マルバキンレイカ P. gibbosa
学名
Patrinia gibbosa Maxim.
和名
マルバキンレイカ(丸葉金鈴花)

マルバキンレイカ(丸葉金鈴花、学名:Patrinia gibbosa)は、オミナエシ科オミナエシ属多年草

特徴[編集]

地下茎は太く、横に伸びる。の高さは30-70cmになる。は茎に対生し、葉身は広卵形で羽状に浅裂する。オミナエシ属の他種の多くが、葉が中裂、全裂するのに対して特徴的である。花期は7-8月。オミナエシに似た、花冠が5裂した径5mm、長さ6.5mmの黄色の小花を集散花序につける。花冠には短い距がある。

分布と生育環境[編集]

日本では、本州の新潟県以北、北海道に分布し、山地の草原、湿原、岩礫地などに生育する。東アジアでは南千島に分布する。

参考文献[編集]