ハクサンオミナエシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハクサンオミナエシ
Patrinia triloba 0907.JPG
福島県会津地方 2009年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マツムシソウ目 Dipsacales
: オミナエシ科 Valerianaceae
: オミナエシ属 Patrinia
: ハクサンオミナエシ Patrinia triloba
学名
Patrinia triloba (Miq.) Miq. var. triloba
シノニム

Patrinia gibbifera Nakai

和名
ハクサンオミナエシ(白山女郎花)

ハクサンオミナエシ(白山女郎花、学名:Patrinia triloba var. triloba)は、オミナエシ科オミナエシ属多年草。別名、コキンレイカ

特徴[編集]

の高さは20-60cm。は茎に対生し、茎の下方の葉には長い柄がつく。葉の形は広卵形で、幅は3-10cm、掌状に3-5中裂し、裂片は歯牙または欠刻がある。花期は7-8月、オミナエシに似た、花冠が5裂した径5mmの黄色の小花を集散花序につける。

分布と生育環境[編集]

本州の北陸地方から東北地方に分布し、山地の岩場に自生する。

変種[編集]

  • キンレイカ Patrinia triloba (Miq.) Miq. var. palmata (Maxim.) H.Hara 関東以西の太平洋側と九州に分布する。
  • シマキンレイカ Patrinia triloba (Miq.) Miq. var. kozushimensis Honda 伊豆七島の神津島に特産する。
  • オオキンレイカ Patrinia triloba (Miq.) Miq. var. takeuchiana (Makino) Ohwi 福井県に特産する。

参考文献[編集]