オフセット・プロバイダープログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オフセット・プロバイダープログラム(オフセット・プロバイダープログラム)とは環境省カーボン・オフセットのサービスを行う事業者について定めた制度。[1]

概要[編集]

環境省の「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」においては、「オフセット・プロバイダー」を「市民、企業等がカーボン・オフセットを実施する際に必要なクレジットの提供及び カーボン・オフセットの取組を支援又は取組の一部を実施するサービスを行う事業者」と定義している。[2]

オフセット・プロバイダープログラムは、排出権の取引を持ちかけ、高齢者などから多額の現金を騙し取る投資詐欺などの事件[3]をうけて、環境省が創設した制度。

プログラムに参加申請するオフセット・プロバイダーは、予備審査機関によりクレジットの取引状況などについて信頼性・透明性が一定の基準の下にあるか確認(予備審査)を受けたのち、カーボン・オフセット制度登録認証委員会の確認を経て、「オフセット・プロバイダープログラム参加者」として公表される。 [4]

旧制度では、「あんしんプロバイダー制度」と呼ばれており、気候変動対策認証センターという第三者機関を利用して、透明性を確保するための取組を行っていることを表明する制度であった。[5]

オフセット・プロバイダープログラム参加事業者一覧[編集]

(以上、2013/06/24参加)[6]

参考記事[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ カーボン・オフセット制度”. 環境省. 2014年3月1日閲覧。
  2. ^ 我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)”. 環境省   (2008年2月7日). 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ 二酸化炭素の排出権取引で出資金詐欺、3人逮捕 読売新聞 2013年7月1日
  4. ^ 平成24年度カーボン・オフセットレポート (PDF)”. カーボン・オフセットフォーラム. 2014年3月14日閲覧。
  5. ^ あんしんプロバイダー制度”. 気候変動対策認証センター   (2013年6月28日). 2014年3月12日閲覧。
  6. ^ オフセット・プロバイダープログラム参加者一覧”. 環境省. 2014年3月12日閲覧。


関連項目[編集]