エルベ級支援母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルベ級支援母艦 (404型)
Tender Donau A516.jpg
A516 ドナウ
基本情報
種別 Sボート母艦 / 掃海母艦 / 潜水母艦
命名基準 ドイツの河川名
運用者  ドイツ海軍
建造期間 1992年 - 1994年
就役期間 1994年 - 就役中
同型艦 6
前級 ライン級 (401 / 402 / 403型)
要目
満載排水量 3,170 t
全長 100.55 m
全幅 15.4 m
吃水 4.05 m
主機関 デゥーツ-MWM SBV-12M-628 ディーゼルエンジン×1基
推進器 スクリュープロペラ×1軸
サイドスラスター×1基(47 kN)
出力 3,360 bhp
最大速力 15 ノット (28 km/h)
航続距離 2,000 海里 (3,700 km)(11ノット巡航時)
搭載能力 6.2mスタンダードコンテナ×24基
補給品
・艦艇用燃料:700
・航空燃料:60m³
・真水:280m³
・弾薬:160 t
・その他消耗品:40 t
回収品
・固形廃棄物:5 t
・汚水:180m³
・廃油:32m³[1]
乗員 士官4名+曹士36名
戦隊幕僚12名+特技兵38名
兵装 Rh202 20mm単装機銃×2基
MLG-27 27mm単装機銃に後日換装
スティンガー近SAM発射機×2基
搭載機 ヘリコプター甲板有り、シーキングまでのヘリコプターが着艦可能
格納庫無し
テンプレートを表示

エルベ級支援母艦ドイツ語: Tender Elbe-Klasse; Tender Klasse 404とも)は、ドイツ海軍補給艦・母艦である。6隻が建造された。

ドイツ海軍が多数運用する掃海艇ミサイル艇、そして潜水艦などの小規模艦艇に対する補給艦としての役割を担うほか、艦艇の小規模な修理や、負傷者病人の収容が役目である。この支援艦の存在によって艦艇は帰港することなく出動海域において連続的に任務を遂行できる。

燃料、真水、弾薬、物資を搭載し、また逆に相手から廃棄物や廃油を回収する。

ヘリコプター発着甲板のほか、人員収容スペースと医療設備も有するが、通常、軍医は乗艦していない。

支援艦艇として海外派遣も多い。エルベ級は補給艦として一まとめに運用されるのではなく掃海艇隊やミサイル艇隊の各隊に分散配置されており、相手の艦種に応じて一部の設備を変換する。とくに潜水母艦となるときにはそうである。20mm機関砲はMLG-27 27mm機関砲へ置き換えられる予定。

同型艦
# 艦名 起工 就役 配属 退役
A511 エルベ
Elbe
1992年
5月11日
1993年
1月28日
第7高速艇戦隊
A512 モーゼル
Mosel
1992年
2月29日
1993年
7月1日
第5掃海艇戦隊
A513 ライン
Rhein
1992年
10月7日
1993年
9月1日
第3掃海艇戦隊
A514 ヴェラ
Werra
1992年
11月11日
1993年
12月9日
A515 マイン
Main
1992年
8月3日
1994年
6月10日
第1潜水艦戦隊
A516 ドナウ
Donau
1993年
6月25日
1994年
11月15日
第1コルベット戦隊

参考文献[編集]

関連項目[編集]