エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ
Estadio José Amalfitani
"エル・フォルティン"
Velez1.JPG
施設情報
所在地 ブエノスアイレス自治市、リニエルス地区[1]
位置 南緯34度38分7.35秒 西経58度31分14.56秒 / 南緯34.6353750度 西経58.5207111度 / -34.6353750; -58.5207111 (エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ)座標: 南緯34度38分7.35秒 西経58度31分14.56秒 / 南緯34.6353750度 西経58.5207111度 / -34.6353750; -58.5207111 (エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ)
起工 1941年-1943年
開場 1943年4月11日
修繕 1947年-1951年
拡張 1978年(1978 FIFAワールドカップ開催時)
所有者 CAベレス・サルスフィエルド
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m x 70 m
使用チーム、大会
CAベレス・サルスフィエルド(サッカー、1943年-),
ジャガーズ(ラグビー、2016年-),
ラグビーアルゼンチン代表,
収容能力
49,540人
エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ
エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ
エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ
エスタディオ・ホセ・アマルフィターニの位置
(ブエノスアイレス市)

エスタディオ・ホセ・アマルフィターニスペイン語: Estadio José Amalfitani)は、アルゼンチンブエノスアイレス自治市西部のリニエルス地区にあるスタジアム

サルミエント鉄道線のリニエルス駅の近くにあり[1]、エル・フォルティン・デ・リニエルス(リニエルス地区の小要塞)という愛称でも知られている[2]サッカークラブのCAベレス・サルスフィエルドと、ラグビーユニオンアルゼンチン代表(ロス・プーマス)のホームスタジアムである。ミュージシャンのコンサートなども行なわれている。49,540人を収容するが、アルゼンチンの他のスタジアム同様、全席固定座席ではない。

歴史[編集]

スタジアム周辺の土地を購入する前、CAベレス・サルスフィエルドビジャ・ルーロ地区にあるグラウンドを賃貸してホームゲームを行なっていた。最初のグラウンドは1932年に建設され、エル・フォルティン(小要塞)という愛称で呼ばれた。1940年にベレスがプリメーラ・ディビシオン(1部)から降格すると、賃貸していたビジャ・ルーロ地区のグラウンドから撤退し、1941年にはブエノスアイレス西部鉄道が所有していた現在の土地を購入した。グラウンドはマルドナード下水道によって浸水しており、スタジアム建設は困難を極めたが、ベレスのホセ・アマルフィターニ会長が建設を主導し、1943年に竣工した。新スタジアムは旧スタジアムの木造スタンドを転用し、CAリーベル・プレート戦(2-2)が初試合となった。ベレスのフアン・ホセ・フェラーロが初得点を決め、その他にはアンヘル・フェルナンデス(ベレス)とアドルフォ・ペデルネーラ(リーベル、2得点)が得点した。1947年から1951年にはセメント造で再建された[1]

サッカー[編集]

開場から27年後の1978年に拡張工事が行なわれ、アルゼンチンで開催されたFIFAワールドカップでは、グループリーグの3試合が行なわれた[3]。1979年にはコパ・アメリカ1979に使用され、グループリーグや決勝戦プレーオフが行なわれた。2001年にはFIFAワールドユース選手権に使用され、3位決定戦や決勝戦が行なわれた。

ラグビーユニオン[編集]

2005年11月、南アフリカ共和国代表(スプリングボクス)がアルゼンチンを訪れ、ロス・プーマスとテストマッチを行った。ロス・プーマスはハーフタイム時点で20-16とリードしていたが、その後スプリングボクスに逆転されて23-34で敗れた。2006年6月のテストマッチ月間には、ロス・プーマスはアルゼンチンでウェールズ代表(レッドドラゴンズ)と2試合、ニュージーランド代表(オールブラックス)と1試合のテストマッチを行った。レッドドラゴンズとの1戦目がエスタディオ・ラウル・コンティで行われたのち、2戦目はホセ・アマルフィターニで行われ、ロス・プーマスが45-27で勝利した。この勝利はレッドドラゴンズに対する最多得点差勝利となった。次週にはホセ・アマルフィターニでオールブラックスとのテストマッチが行われ、ロス・プーマスは世界最強豪国のひとつに19-25で敗れた。2007年のワールドカップ前、プーマスはアルゼンチンでアイルランド代表と2試合のテストマッチを行い、ホセ・アマルフィターニでのテストマッチには16-0で勝利した[4]。2016年より、スーパーラグビーを戦うジャガーズも本拠地としての使用を開始している。

2016年3月16日、スーパーラグビー第4節ジャガーズ対チーフス

コンサート[編集]

拡張工事以来、ホセ・アマルフィターニでは以下のアーティストのコンサートが開催された。コンサートの際には50,000人を収容する。

アーティスト 日付 ツアー
クイーン 1981年2月28日・3月1日・8日 The Game Tour
ボン・ジョヴィ 1990年2月1日 New Jersey Syndicate Tour
ロクセット 1992年5月2日・3日 Join The Joyride! World Tour
ニルヴァーナ 1992年10月30日 Nevermind Tour
メタリカ 1993年5月7日・8日 Nowhere Else to Roam
エアロスミス 1994年1月17日 Get a Grip Tour
デペッシュ・モード 1994年4月8日 Exotic Tour/Summer Tour '94
ホイットニー・ヒューストン 1994年4月16日・17日 The Bodyguard World Tour
ラモーンズ 1994年5月14日 20th Anniversary Tour
ルイス・ミゲル 1994年11月11日・12日 Segundo Romance Tour
アイアン・メイデン 1998年12月12日 Virtual XI World Tour
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 2001年1月24日 Red Hot Chili Peppers 2001 Tour
ロジャー・ウォーターズ 2002年3月7日 In the Flesh Tour
ルイス・ミゲル 11月24日・15日 Mis Romances Tour
シャキーラ 2006年11月24日・25日 Oral Fixation Tour
ボブ・ディラン 2008年3月15日 Never Ending Tour 2008
ロッド・スチュワート 2008年4月11日 Rocks His Greatest Hits Tour
ガンズ・アンド・ローゼズ 2010年3月22日 Chinese Democracy Tour
アイアン・メイデン 2011年4月8日 The Final Frontier World Tour
ロッド・スチュワート 2011年10月22日 Heart & Soul Tour
エルトン・ジョン 2013年3月2日 40th Anniversary of the Rocket Man
ボン・ジョヴィ 2013年9月26日 Because We Can: The Tour

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Estadio José Amalfitani” (Spanish). CAベレス・サルスフィエルド. 2012年5月5日閲覧。
  2. ^ ESTADIO JOSÉ AMALFITANI”. Soccerway. Global Sports Media. 2012年11月19日閲覧。
  3. ^ Estadio José Amalfitani”. The Stadium Guide. 2012年11月19日閲覧。
  4. ^ “Argentina 16–0 Ireland”. BBC ジャガーズ. (2007年6月2日). オリジナル2007年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070705040756/http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/rugby_union/irish/6715723.stm 2007年6月2日閲覧。 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エスタディオ・ホセ・アマルフィターニに関するカテゴリがあります。