ウィル (不動産会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ウィル
WILL,Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 3241
2015年12月24日上場
本社所在地 日本の旗 日本
665-0035
兵庫県宝塚市逆瀬川1丁目14番39号[1]
本店所在地 665-0035[1]
兵庫県宝塚市逆瀬川1丁目14番6号[1]
設立 1995年6月12日[1]
業種 不動産業
法人番号 2140001081230
事業内容 不動産流通事業
リフォーム事業
リノベーション事業
開発分譲事業
賃貸事業
受託販売事業
ファイナンシャルプランニング事業
広告クリエイティブ事業
教育事業
ほか[1]
代表者 代表取締役社長 坂根勝幸
資本金 277,780,850円(2019年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 1134万5000株(2019年3月31日現在)[2]
売上高 連結:60億5400万円(2018年12月期)[2]
営業利益 連結:5億0700万円(2018年12月期)[2]
経常利益 連結:4億8800万円(2018年12月期)[2]
純利益 連結:3億2900万円(2018年12月期)[2]
純資産 連結:26億3600万円(2018年12月期)[3]
総資産 連結:68億4900万円(2018年12月期)[3]
従業員数 連結:216人(2019年6月現在)[1]
支店舗数 11店舗(2019年3月31日現在)[1]
決算期 毎年12月31日
会計監査人 太陽有限責任監査法人
主要株主 株式会社岡本俊人 57.80%
岡田 洋子 1.76%(2019年6月30日現在)[4]
主要子会社 株式会社ウィル空間デザイン
株式会社リノウエスト
株式会社ウィルフィナンシャルコミュニケーションズ
株式会社遊
株式会社ウィルスタジオ[1]
関係する人物 伊知地俊人(創業者)
外部リンク https://www.wills.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

株式会社ウィル(かぶしきかいしゃウィル)は、1993年10月創業の兵庫県宝塚市に本社を置く不動産会社である。不動産流通事業、リフォーム事業、リノベーション事業、開発分譲事業、賃貸事業、受託販売事業、ファイナンシャルプランニング事業、広告クリエイティブ事業、教育事業(志信館)を展開している。

グループ会社として、1997年10月にリフォームの設計、施工を行う株式会社ウィル空間デザインを子会社化。2008年1月にファイナンシャルプランニング業務などを行う株式会社ウィルフィナンシャルコミュニケーションズを設立。以降、不動産を購入する人に不動産仲介、リフォーム、住宅ローン、保険を合わせて提供する「ワンストップサービス」が事業の中心となっている[5]。また、2014年7月に株式会社ウィルスタジオを設立し、ウェブサイトなどの広告物の制作、コンサルティング業務を行っている。

沿革[編集]

  • 1993年10月 - ウィル不動産販売を兵庫県宝塚市にて創業[6][7]
  • 1995年6月 - 不動産流通事業及び受託販売事業を行うことを目的として「株式会社ウィル不動産販売」を設立[6][7]
  • 1999年4月 - マンション・戸建住宅の企画、開発を行う開発分譲事業を開始[6][8]
  • 2001年4月 - 損害保険代理業務を開始
  • 2003年4月 - 不動産流通事業の客を対象として、リフォーム事業を開始
  • 2004年12月 - リフォームの設計、施工管理を行うことを目的とする株式会社ウィル空間デザインを株式交換により100%子会社化[6][9]
  • 2005年
    • 2月 - 保険商品及び住宅ローンの見直し等を提案するファイナンシャルプランニング業務を開始
    • 11月 - 中古住宅の買い取り及びリフォーム販売を行うリノベーション事業を開始することを目的として、株式会社リノウエストを設立[6][9]
  • 2007年2月14日 - JASDAQ証券取引所(現東京証券取引所ジャスダック市場)に上場[6][9]
  • 2008年
    • 1月 - ファイナンシャルプランニング業務、損害保険代理業務、住宅ローン事務代行業務などを事業目的として、株式会社ウィルフィナンシャルコミュニケーションズを設立[6][10]
    • 7月 - 社名を「株式会社ウィル」に変更[6][10]
  • 2010年
    • 5月 - 阪神間-北摂エリアのほぼ全ての分譲マンションを掲載した「マンション大全集」をリリース[11]
  • 2013年11月 - 富裕層向けにリフォームの設計、施工管理を行うことを目的として、株式会社遊を設立[6][12]
  • 2014年
    • 4月 - 教育事業に参入。「大阪大学神戸大学合格専門塾 志信館」として豊中教室と箕面教室の2校オープン[13]
    • 7月 - 不動産・住宅系企業の広告ブランディング事業を目的として株式会社ウィルスタジオを設立[12]
    • 8月 - 地価から条件に合う町と土地が探せるウェブサイト「まちっか」をリリース[14]
  • 2015年
  • 2016年3月 - 家の中の知識や工夫を共有するSNS「イエナカ手帖」をリリース[15]

関連会社[編集]

  • 株式会社ウィル空間デザイン
  • 株式会社リノウエスト
  • 株式会社ウィルフィナンシャルコミュニケーションズ
  • 株式会社遊
  • 株式会社ウィルスタジオ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 会社情報 - 会社情報”. 株式会社ウィル. 2019年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e 第24期期末WILL IRレポート (PDF)”. 株式会社ウィル. 2019年5月18日閲覧。
  3. ^ a b 2019年12月期第1四半期報告書 (PDF)”. 株式会社ウィル. 2019年5月18日閲覧。
  4. ^ 2019年12月期第2四半期報告書 (PDF)”. 株式会社ウィル. 2019年8月9日閲覧。
  5. ^ 「理想のリノベ、ワンストップで支援 株式会社ウィル」、『日本物流新聞』2016年6月10日付、第1面、日本物流新聞社
  6. ^ a b c d e f g h i j 沿革 - 会社情報”. 株式会社ウィル. 2017年12月16日閲覧。
  7. ^ a b これまでの歩み(1993年-1997年)”. 株式会社ウィル. 2017年12月16日閲覧。
  8. ^ これまでの歩み(1998年-2002年)”. 株式会社ウィル. 2017年12月16日閲覧。
  9. ^ a b c これまでの歩み(2003年-2007年)”. 株式会社ウィル. 2017年12月16日閲覧。
  10. ^ a b これまでの歩み(2008年-2012年)”. 株式会社ウィル. 2017年12月16日閲覧。
  11. ^ 分譲マンションデータベース提供サイト 『マンション大全集』グランドオープン”. value-press (2010年7月1日). 2017年12月15日閲覧。
  12. ^ a b c これまでの歩み(2013年以降)”. 株式会社ウィル. 2017年12月16日閲覧。
  13. ^ 「ウィル、教育事業に参入 高校生向け進学塾 3年で10校」、『日本経済新聞』(近畿版)2014年3月1日付朝刊、第35面、日本経済新聞社
  14. ^ 「地価検索サイト開設 ウィル、自社物件購入促す」、『日本経済新聞』(近畿版)2014年8月15日付朝刊、第27面、日本経済新聞社
  15. ^ 「顧客交流サイトを一般開放 情報発信力を高め営業強化」、『神戸新聞』2016年2月17日付朝刊、第10面、神戸新聞社

外部リンク[編集]