イージー・アクション (T・レックスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
"Solid Gold Easy Action"
T・レックスシングル
初出アルバム『Great Hits (1972)』
B面 "Born To Boogie"
リリース
規格 7" シングル
ジャンル グラムロック
時間
レーベル EMI
作詞・作曲 マーク・ボラン
プロデュース トニー・ヴィスコンティ
年表
"Children of the Revolution"
(1972)
イージー・アクション
(1972)
20センチュリー・ボーイ
(1973)
サンプルミュージック
イージー・アクション
テンプレートを表示

イージー・アクション (Solid Gold Easy Action)」は、マーク・ボランが書いたT・レックスの楽曲。1972年シングルとしてリリースされ、全英シングルチャートで第2位まで上昇した[1][2]。この曲は、いずれのオリジナル・スタジオ・アルバムにも収録されなかったが、1972年EMIが出したコンピレーション・アルバム『Great Hits』に収録された。この曲では、ボランとともにジェフ・リンがギターを演奏しているが[3]、これに対する返礼としてボランは、この録音後ほどなくして、リンの率いるエレクトリック・ライト・オーケストラ (ELO) のヒット曲「Ma-Ma-Ma Belle」の録音に参加した[4]

歌詞の内容[編集]

この曲の音楽的なスタイルは、1950年代ロックンロールに根差すものであるが、歌詞はシュルレアリスム(超現実主義)的であり、ボラン的なナンセンス詩英語版の典型的な一例となっている。この曲は、ボランの多くのヒット曲と同様に、狐や虎といった捕食動物への言及とともに、「サティスファクション (satisfaction)」や「アクション (action)」といった単語を多用し、性的なほのめかしを曲に盛り込んでいる。リズムや、素早いパターンで搔き鳴らされるギターと結び付けて、ボランは、当時のポピュラー文化の潮流となっていた、十代の性的フラストレーションのイメージを創り出している。曲の後半のブレイク英語版のところで、これはさらに強調され、「I know you're shrewd and she's a dude / But all I want is easy action」という歌詞によって、歌い手が相手の性別を問わず性交渉を求めており、それを他人がどう考えよと構わない、と思っていることが示唆されている。

ケラング!』誌の創設者ジョフ・バートン英語版は、『Classic Rock』誌への寄稿の中で、この曲の冒頭の2行「Life is the same and it always will be / Easy as picking foxes from a tree」は、マーク・ボランの1977年の事故死を予言するものであったと述べた。立ち木に衝突して事故死したときボランが乗っていた車のナンバープレートは「FOX 661L」であった[5]。これは、マーク・ボランの死をめぐる数多くの「予言」とされるもののひとつである[6]

他のバージョン[編集]

1981年デパートメントS英語版は、バッキング・ボーカルにバナナラマを据えて、この曲をカバーし、シングル「Is Vic There?」のB面に収録した.[7]2007年には、ザ・フラテリスがこの曲をカバーして、映画『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』no サウンドトラック に収録した[8]キム・ワイルドは、2007年11月の「Perfect Girl」ツアーの2期でこの曲を取り上げた[9]2015年1月現在、この曲はイギリスにおいて、アズダの広告に使用されている[10]

トラック・リスト[編集]

  1. "Solid Gold Easy Action"
  2. "Born To Boogie"

チャート成績[編集]

チャート((1972年 – 1973年) 最高位
オーストラリア (Go-Set Top 40)[11] 39
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[12] 13
フランス (SNEP)[13] 68
ドイツ (Official German Charts) 6
アイルランド (Irish Singles Chart)[14] 4
ノルウェー (VG-lista)[15] 5
UK Singles (Official Charts Company)[2] 2

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rice, Tim; Roberts, David (2001), Guinness Book of British Hit Singles, Guinness World Records, p. 435, ISBN 0-85112-156-X 
  2. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart.
  3. ^ Jeff Lynne Song Database, jefflynnesongs.com, http://www.jefflynnesongs.com/jlworks7.php 2013年5月30日閲覧。 
  4. ^ Eder, Bruce. On the Third Day – Electric Light Orchestra - オールミュージック
  5. ^ Barton, Geoff (2012年6月22日), 1977: Did Marc Bolan predict his own death?, Classic Rock, オリジナルの2012年6月25日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120501000000*/http://www.classicrockmagazine.com/features/1977-did-marc-bolan-predict-his-own-death/5/ 2013年5月30日閲覧。 
  6. ^ Gallucci, Michael (2013年1月29日), Marc Bolan – Famous Musicians Who Correctly Predicted Their Own Death, Ultimate Classic Rock, http://ultimateclassicrock.com/marc-bolan-musicians-predicted-their-deaths/ 2014年8月30日閲覧。 
  7. ^ Bananarama Aie A Mwana, Bananarama UK, http://www.bananaramauk.com/mainsite/html/discography/singles/aieamwana/aam_bio.html 2011年1月14日閲覧。 
  8. ^ Phares, Heather. Hot Fuzz – Cherry Tree - オールミュージック
  9. ^ Solid Gold Easy Action, Wilde Life, http://www.wilde-life.com/encyclopedia/solid-gold-easy-action 2011年1月14日閲覧。 
  10. ^ Spirit Global”. Spirit Music Group. 2015年1月18日閲覧。
  11. ^ Solid gold easy action in Australian Chart”. Poparchives.com.au. 2013年7月18日閲覧。
  12. ^ "Austriancharts.at – T. Rex – Solid Gold – Easy Action" (in German). Ö3 Austria Top 40.
  13. ^ Solid gold easy action in French Chart” (French). Dominic DURAND / InfoDisc (2013年7月18日). 2013年7月18日閲覧。 Select "T. Rex" from the artist drop-down ment
  14. ^ Solid Gold Easy Action in Irish Chart”. IRMA. 2013年7月18日閲覧。 Only one result when searching "Solid Gold Easy Action"
  15. ^ "Norwegiancharts.com – T. Rex – Solid Gold – Easy Action". VG-lista.

外部リンク[編集]