インゴ・シュヴィヒテンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インゴ・シュヴィヒテンバーグ
Ingo Schwichtenberg
生誕 1965年5月18日
出身地 西ドイツの旗 西ドイツハンブルク
死没 (1995-03-08) 1995年3月8日(29歳没)
ジャンル ヘヴィメタル
パワーメタル
ジャーマンメタル
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1981年 - 1993年
共同作業者 ハロウィン

インゴ・シュヴィヒテンバーグIngo Schwichtenbergインゴ・シュヴィヒテンベルク 1965年5月18日 - 1995年3月8日)は、ドイツハンブルク出身の元ドラマー。ジャーマンメタルバンドとして有名なハロウィンで活躍したが、1995年に列車に飛び込み自殺した。身長185cm。

経歴[編集]

15歳のころドラムに初めて触れる。同じハンブルク市内で既に音楽活動を始めていたカイ・ハンセンが当時結成していたGentryに加入し、ドラマーとしての第一歩を踏み出す。その後バンドは名称を変えながら最終的にハロウィンとなるが、この名前を考案したのはインゴである。1stミニアルバムの「Helloween」から「Chameleon」まで参加し、カイヴォーカル期とキスクヴォーカル期を支えるも、1993年に脱退。この時既にアルコールやドラッグに冒され、満足に音楽活動が出来る状態ではなかった。また統合失調症を患っていたと言われている。

外部リンク[編集]