イルマーレ (2006年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イルマーレ
The Lake House
監督 アレハンドロ・アグレスティ
脚本 デヴィッド・オーバーン
原作 イ・ヒョンスン
ヨ・ジナ
イルマーレ
製作 ダグ・デイヴィソン
ロイ・リー
製作総指揮 メアリー・マクラグレン
アーウィン・ストフ
デイナ・ゴールドバーグ
ブルース・バーマン
出演者 キアヌ・リーブス
サンドラ・ブロック
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 アラー・キヴィロ
編集 アレハンドロ・ブロデルソン
リンジー・クリングマン
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
バーティゴ・エンタテインメント
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年6月16日
日本の旗 2006年9月23日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $52,330,111[1]
世界の旗 $114,830,111[1]
テンプレートを表示

イルマーレ』(The Lake House)は、2006年アメリカ映画2000年韓国映画イルマーレ(時越愛:シウォレ)』をリメイクした恋愛映画。主演は大ヒット作『スピード』以来の再共演であるキアヌ・リーブスサンドラ・ブロック。オリジナルの基本的な設定は同じであるが、舞台は海辺の家から湖畔の家へと変更されている。

ストーリー[編集]

2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことに。郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)からの手紙だった。

キャスト[編集]

アレックス・ワイラー
演 - キアヌ・リーヴス、日本語吹替 - 森川智之
2004年に生きる建築家。
ケイト・フォースター
演 - サンドラ・ブロック、日本語吹替 - 本田貴子
2006年に生きる医師。
サイモン・ワイラー
演 - クリストファー・プラマー、日本語吹替 - 有川博
アレックスの父親。有名建築家。アレックスとの間にわだかまりがある。
ヘンリー・ワイラー
演 - エボン・モス=バクラック、日本語吹替 - 内田夕夜
アレックスの弟。建築家。
ケイトの母親
演 - ヴィレケ・ファン・アロメーイ、日本語吹替 - 小宮和枝
モーガン・プライス
演 - ディラン・ウォルシュ、日本語吹替 - 咲野俊介
ケイトの元恋人。弁護士。
アンナ・クリゼンスキー
演 - ショーレ・アグダシュルー、日本語吹替 - 塩田朋子
ケイトの同僚医師。サイモンの主治医。
モナ
演 - リン・コリンズ
アレックスに想いを寄せる女性。
その他の日本語吹替
山田里奈よのひかり上村典子楠見尚己長克巳MAI島香裕田村聖子松元惠小松史法外村晶子北沢力

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The Lake House (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]