アンディ・フレッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンディ・フレッチャー
Andy Fletcher
Andy Fletcher t.jpg
2006年撮影
基本情報
出生名 Andrew John Leonard Fletcher
別名 フレッチ
生誕 1961年7月8日
出身地 イングランドの旗 イングランド ノッティンガム
死没 2022年5月26日
ジャンル ニュー・ウェイヴ
オルタナティヴ・ロック
シンセポップ
エレクトロニカ
職業 ミュージシャンDJマネージャー音楽プロデューサー
担当楽器 キーボードベースギターサンプラーボーカル
活動期間 1977年 - 2022年
レーベル ミュート、トースト・ハワイ
共同作業者 デペッシュ・モードクライアント

アンドリュー・"アンディ"・ジョン・レオナード・フレッチャー (Andrew John Leonard Fletcher, 1961年7月8日 - 2022年5月26日[1])は、イギリスミュージシャンデペッシュ・モードのメンバーとして知られ[2]フレッチ (Fletch)の愛称で親しまれる。

来歴[編集]

1970年代後半に学生時代の友人であったヴィンス・クラークとともにNo Romance in Chinaというバンドを結成し、ベースギターを担当した。1980年マーティン・ゴアと出会い、3人組としてComposition of Soundを新しく結成。同年暮れにデイヴ・ガーンが加入しデペッシュ・モードを結成、メンバーの一員としてデビューした。

役割[編集]

「世界的に有名な一本指奏者」と自称しており、主にキーボードとプロデュースを担当している。フレッチは自他共に認めるマーティンの最大の理解者である。マーティンの機嫌をとり、またやる気を出させるのがフレッチの最大の役目である。また、バンドにはとりあえずマネージャーはいるが、実質的にバンドのマネージングを行っているのはフレッチであるとする見方は強い。バンドにおいてフレッチにしかできないことは多い。

トースト・ハワイ[編集]

2002年にトースト・ハワイというレコードレーベルを設立、シンセポップデュオクライアントをデビューさせ、自らプロデュースも担当した。クライアントは2006年にレーベルを移籍し、その後のトースト・ハワイからのリリースは途絶えている。

DJとして[編集]

クライアントのツアーサポートとして始めたDJの活動も有名で、デペッシュ・モードのツアー後のオフなどにヨーロッパアジア南アメリカなど「デペッシュ・モードがまだ来ていない、または来れていない」地域などでギグを行ったりフェスティバルに参加している。1990年以来デペッシュ・モードとして来日が実現していない日本でも、2011年サマーソニックに参加。東京公演は8月13日ソニックマニア、8月14日はサマーソニック大阪会場でプレイした。

[編集]

2022年5月26日、60歳で死去[3]。のちにデペッシュ・モードのInstagramにて、バンドメンバーのデイヴ・ガーンとマーティン・ゴアの連名により、自宅にて大動脈解離を発症しての急逝であったことが公表された。

脚注[編集]

  1. ^ “Depeche Mode keyboardist Andy Fletcher dies” (英語). BBC News. (2022年5月26日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-61597992 2022年5月26日閲覧。 
  2. ^ Ankeny, Jason. “Biography: Depeche Mode”. オールミュージック. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ “Depeche Mode keyboardist Andy Fletcher dies” (英語). BBC News. (2022年5月26日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-61597992 2022年5月26日閲覧。