アレクサンドル・オベチキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンドル・オベチキン

2018年5月21日
生誕 (1985-09-17) 1985年9月17日(37歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1954–1991).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
身長
体重
6 ft 2 in (1.88 m)
230 lb (100 kg; 16 st 6 lb)
ポジション レフト・ウィング英語版
シュート 右打ち
NHLチーム
過去所属
ワシントン・キャピタルズ
HCディナモ・モスクワ
代表 ロシア
NHLドラフト 1位英語版(2004年)
ワシントン・キャピタルズ
現役期間 2001年 – 現在
ウェブサイト www.ovie8.com

アレクサンドル・ミハイロヴィチ・オベチキンロシア語: Александр Михайлович Овечкин, ラテン文字転写: Alexander Mikhailovich Ovechkin1985年9月17日 - )は、ソビエト連邦モスクワ出身のロシアのプロアイスホッケー選手。ポジションはレフト・ウィング英語版ナショナルホッケーリーグ(NHL)のワシントン・キャピタルズに所属し、キャプテンも務める。愛称はオビー(Ovi)。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

母タチヤナによれば、オベチキンがアイスホッケーに興味を持ったのは2歳の時だったという。ある時、母親に連れて行かれた玩具店で2歳のオベチキンはおもちゃのアイスホッケースティックをつかむと、買ってもらうまで離さなかった[1]。幼年時はテレビでアイスホッケーの試合を欠かさず見るようになり、両親がチャンネルを変えようとすると嫌がった [1]。8歳の時にアイスホッケースクールに通い始める[1]。 少年時代の好きなチームはピッツバーグ・ペンギンズHCディナモ・モスクワだった。好きな選手はペンギンズのマリオ・ルミューとディナモのアレクサンドル・マリツェフであった[2][1]

両親は仕事で忙しく、息子をスケートリンクまで送迎できないことがあり、アイスホッケーを断念せざるを得ない状況になったことがあった。だが、オベチキンの才能を見抜いていたコーチと兄セルゲイは両親を説得し、オベチキンはアイスホッケーを続けることができた[2]

その後、HCディナモ・モスクワのアイスホッケースクールに誘われる[2]

プロ入りとディナモ・モスクワ時代[編集]

2000年にディナモのトップチームに加入した[2]

2001年に当時16歳でロシア・スーパーリーグデビュー。2001-02年シーズンは21試合に出場し2ゴール2アシストを記録した。

2002年の第13回U-18アイスホッケー選手権英語版で自身初めてロシア代表に選出された。同大会で8試合に出場し、14ゴール4アシストを記録し。ロシアを優勝に導いた[2] [3]

2002-03シーズンはディナモの定期試合で15ポイント(8ゴール7アシスト)を記録。シーズン中の2002年12月から2013年1月にかけて開催された第27回世界ジュニアアイスホッケー選手権英語版のロシア代表に選出された。

2003年は4月に開催された第14回U-18アイスホッケー選手権英語版のロシア代表に選出された。6月にはNHLドラフト英語版フロリダ・パンサーズはオベチキンを獲得しようとしたが、当時のNHLの規則で18歳の誕生日に2日足りなかったため、移籍は実現しなかった[2]

キャピタルズ時代[編集]

2004年のNHLドラフト英語版1巡目全体1位英語版ワシントン・キャピタルズに指名され、NHL入り。しかし、NHLはロックアウトに突入。2004-05シーズンは開催されなかったため、NHLで試合に出場することは無かった。8月から9月に開催された第2回ワールドカップ・オブ・ホッケー英語版のロシア代表に選出された。

2004年12月から2005年1月に開催された第29回世界ジュニアアイスホッケー選手権英語版のロシア代表に選出された。4月から5月に開催された第69回アイスホッケー選手権英語版のロシア代表にも選出された。

2005-06年シーズンは開幕戦でデビューを果たし、アリーナの壁の部分の金属支柱を吹っ飛ばす「フィジカルプレー」を見せた。それだけでなく、2ゴールを決め、ド派手なデビューを果たした。その後も順調にゴールとアシストを決めたオベチキンは新人としては最多の106ポイントをあげ、シドニー・クロスビーとの熾烈な「カルダーカップ(最優秀新人)」争いを制した。また、シーズン中の2月に開催されたトリノオリンピックのアイスホッケー男子ロシア代表に選出された。5月に開催された第70回アイスホッケー世界選手権のロシア代表にも選出された。

2006-07年シーズンは92ポイントと不振で、クロスビーに差をつけられたが、それでも46ゴールをマークした。4月から5月に開催された第71回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2007-08年シーズンはまさに「オベチキン・イヤー」ともいえる活躍で、65ゴールをあげた。彼の112得点はNHL1位となり、2位のエブゲニ・マルキンとともにロシア人でNHL得点ランキングのワンツーフィニッシュを果たした。また、チームもオベチキンの活躍などでプレーオフに進出。5月に開催された第72回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2008-09年シーズンは成績が多少なりとも落ちるのは予想されていたが、それでも50ゴール100得点を突破、2年連続の得点王とはいかずも、2年連続MVP受賞で、「リーグ最強選手」として名を上げつつある。

2009-10年シーズンは開幕から好調で1試合1個近いペースでゴールを量産。しかし怪我を煩う。復帰後は勢いは落ちたが、安定して貢献している。12月にはトレードされたクリス・クラーク英語版に代わりキャプテンに任命された。2007年までは「オベチキン一人のチーム」といった感じで、チームもプレーオフとは無縁であったが、彼にスコアリングチャンスを与えられるアレクサンドル・セミン英語版ニクラス・ベックストロームスウェーデン語版マイク・グリーン英語版といった面々が台頭してきて、チームもプレーオフ争いに参加できるようになった。また、2月に開催されたバンクーバーオリンピックのアイスホッケー男子ロシア代表に選出された。また、5月に開催された第74回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2011年4月から5月に開催された第75回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2012年5月に開催された第76回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2012-2013年シーズンはロックアウト英語版の影響でキャピタルズのチームメイトのベックストロームと共に古巣のHCディナモ・モスクワでプレーした。KHL初出場を果たした。ロックアウト終了後、ベックストロームと共にキャピタルズに復帰。 5月に開催された第77回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2014年2月に開催されたソチオリンピックのアイスホッケー男子ロシア代表に選出された。5月に開催された第78回アイスホッケー世界選手権のロシア代表に選出された。

2015年5月に開催された第79回アイスホッケー選手権英語版のロシア代表にも選出された。

2016年5月に開催された第80回アイスホッケー選手権のロシア代表にも選出された。

2016-17年シーズンはシーズン開幕前の9月に開催された第3回ワールドカップ・オブ・ホッケー英語版のロシア代表に選出された。シーズンでは2017年1月11日にピッツバーグ・ペンギンズとの試合において試合開始35秒で先制点を記録。このゴールはオベチキンにとってNHLでの通算1,000ポイント目となった。またNHLで84人目となる1,000ポイントプレイヤーとなった[4]

2017-2018シーズンはチームが1998年英語版以来となるスタンレー・カップ・ファイナルに進出[5]。オベチキンにとっては初となるスタンレー・カップ・ファイナルとなった。ベガス・ゴールデンナイツとのスタンレー・カップ・ファイナル英語版でチーム初となるスタンレー・カップ優勝を果たし[6]、スタンレー・カップ・ファイナルでの活躍が評価され、コーン・スマイス賞を受賞した[7]

2019年5月に開催された第83回アイスホッケー選手権英語版のロシア代表に選出された。

2021年7月27日に5年総額$47,500,000でキャピタルズと契約延長した[8]

2021-2022年シーズンは2022年2月3日にNHLオールスターゲーム英語版に選出されたが、COVID-19に感染したため辞退している[9]

人物[編集]

父のミハイル・オベチキンはサッカー選手、母のタチアナ・オビチキナ英語版バスケットボール選手で1976年モントリオール五輪と1980年モスクワ五輪の2大会で金メダルを獲得している。

2012年12月にテニス選手のマリア・キリレンコと婚約した[10]が、2014年7月に婚約解消を発表した[11]

EAスポーツNHLシリーズでは「NHL07英語版」と「NHL 21英語版」でカバーを務めた。

元プロアイスホッケー選手であるイリヤ・ニクーリンロシア語版とは同郷の出身という事もあって親友であり、彼はオベチキンの息子の名付け親でもある。

詳細情報[編集]

レギュラーシーズンとプレーオフでの成績[編集]

Bold indicates led league

レギュラーシーズン プレーオフ
シーズン クラブ リーグ GP G A Pts PIM GP G A Pts PIM
2001–02 ディナモ2-モスクワ RUS-3 19 18 8 26 20
2001–02 HCディナモ・モスクワ RSL 21 2 2 4 4 3 0 0 0 0
2002–03 HCディナモ・モスクワ RSL 40 8 7 15 29 5 0 0 0 2
2003–04 HCディナモ・モスクワ RSL 53 13 11 24 40 3 0 0 0 2
2004–05 HCディナモ・モスクワ RSL 37 13 13 26 32 10 2 4 6 31
2005–06 ワシントン・キャピタルズ NHL 81 52 54 106 52
2006–07 ワシントン・キャピタルズ NHL 82 46 46 92 52
2007–08 ワシントン・キャピタルズ NHL 82 65 47 112 40 7 4 5 9 0
2008–09 ワシントン・キャピタルズ NHL 79 56 54 110 72 14 11 10 21 8
2009–10 ワシントン・キャピタルズ NHL 72 50 59 109 89 7 5 5 10 0
2010–11 ワシントン・キャピタルズ NHL 79 32 53 85 41 9 5 5 10 10
2011–12 ワシントン・キャピタルズ NHL 78 38 27 65 26 14 5 4 9 8
2012–13 HCディナモ・モスクワ KHL 31 19 21 40 14
2012–13 ワシントン・キャピタルズ NHL 48 32 24 56 36 7 1 1 2 4
2013–14 ワシントン・キャピタルズ NHL 78 51 28 79 49
2014–15 ワシントン・キャピタルズ NHL 81 53 28 81 58 14 5 4 9 6
2015–16 ワシントン・キャピタルズ NHL 79 50 21 71 53 12 5 7 12 2
RSL 合計 151 36 33 69 106 21 2 4 6 35
KHL 合計 31 19 21 40 14
NHL 合計 839 525 441 966 567 84 41 41 82 38

国際大会での成績[編集]

チーム 大会 結果 GP G A Pts PIM
2002 ロシア U18 2位 8 14 4 18 0
2003 ロシア WJC 1位 6 6 1 7 4
2003 ロシア U18 3位 6 9 4 13 6
2004 ロシア WJC 5 6 5 2 7 25
2004 ロシア WC 10 6 1 1 2 0
2004 ロシア WCH 6 2 1 0 1 0
2005 ロシア WJC 2位 6 7 4 11 4
2005 ロシア WC 3位 8 5 3 8 4
2006 ロシア OG 4 8 5 0 5 8
2006 ロシア WC 5 7 6 3 9 6
2007 ロシア WC 3位 8 1 2 3 29
2008 ロシア WC 1位 9 6 6 12 8
2010 ロシア OG 6 4 2 2 4 2
2010 ロシア WC 2位 9 5 1 6 4
2011 ロシア WC 4 5 0 0 0 4
2012 ロシア WC 1位 3 2 2 4 2
2013 ロシア WC 6 1 1 1 2 0
2014 ロシア OG 5 5 1 1 2 0
2014 ロシア WC 1位 9 4 7 11 8
2015 ロシア WC 2位 2 1 1 2 0
2016 ロシア WC 3位 6 1 1 2 2
ジュニア合計 32 41 15 56 39
シニア合計 92 42 31 73 77

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 8(2005年 - )

代表歴[編集]

  • 2002年世界U-18アイスホッケー選手権ロシア代表
  • 2003年世界ジュニアアイスホッケー選手権ロシア代表
  • 2003年世界U-18アイスホッケー選手権ロシア代表
  • 2004 ワールドカップ・オブ・ホッケー ロシア代表
  • 2005年世界ジュニアアイスホッケー選手権ロシア代表
  • 2005年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2006年オリンピックアイスホッケーロシア代表
  • 2006年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2007年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2008年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2010年オリンピックアイスホッケーロシア代表
  • 2010年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2011年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2012年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2013年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2014年オリンピックアイスホッケーロシア代表
  • 2014年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2015年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2016年アイスホッケー世界選手権ロシア代表
  • 2016 ワールドカップ・オブ・ホッケー ロシア代表
  • 2019年アイスホッケー世界選手権ロシア代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]