2007年アイスホッケー世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2007年アイスホッケー世界選手権
2007 Чемпионат мира
概要
開催国 ロシアの旗 ロシア
期間 4月27日 - 5月13日
参加チーム数 16チーム
会場数 2会場 (2都市)
最終結果
優勝 Gold medal blank.svg  カナダ (24回目)
準優勝 Silver medal blank.svg  フィンランド
第3位 Bronze medal blank.svg  ロシア
第4位  スウェーデン
統計
試合数 56試合
ゴール数 361点 (1試合平均6.45点)
観客動員数 330,708人 (1試合平均5,906人)
得点王 スウェーデンの旗 Johan Davidsson (14 points)
MVP カナダの旗 リック・ナッシュ
2006
2008

2007年アイスホッケー世界選手権(第71回アイスホッケー世界選手権)は4月27日から5月13日までロシアモスクワメガスポルト)とムィティシムィティシ・アリーナ)で開催された。カナダ代表が優勝しリック・ナッシュが大会最優秀選手に選ばれた。

世界選手権[編集]

大会方式[編集]

16ヶ国が4ヶ国ずつ4つの1次リーグに分かれて争い、上位3位以内に入った12ヶ国が6ヶ国ずつ2つの2次リーグに分かれて争い、上位4ヶ国ずつ計8ヶ国がトーナメントに進出し優勝を争う。また1次リーグで最下位に終わった4ヶ国でリーグを行い、下位2ヶ国がディビジョン I に降格する。リーグ戦で勝利すると勝ち点3、オーバータイムまたはペナルティシュートアウトで決着がついた場合は勝利チームに勝ち点2、敗戦チームに勝ち点1が与えられる。勝ち点方式はディビジョン I 以下についても同様。

結果[編集]

順位 備考
優勝 カナダの旗 カナダ 24回目の優勝
2位  フィンランド
3位 ロシアの旗 ロシア
4位  スウェーデン
5位 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6位 スロバキアの旗 スロバキア
7位  チェコ
8位 スイスの旗 スイス
9位 ドイツの旗 ドイツ
10位  デンマーク
11位  ベラルーシ
12位 イタリアの旗 イタリア
13位  ラトビア
14位  ノルウェー
15位  オーストリア ディビジョン I に降格
16位  ウクライナ ディビジョン I に降格

ディビジョン I[編集]

ディビジョン I の試合は、中国チチハル(グループA)、スロベニアリュブリャナ(グループB)で行われた。

グループ A
順位 備考
優勝 フランスの旗 フランス 世界選手権に昇格
2位 ポーランドの旗 ポーランド
3位  カザフスタン
4位  エストニア
5位 オランダの旗 オランダ
6位 中華人民共和国の旗 中国 ディビジョン II に降格
グループ B
順位 備考
優勝 スロベニアの旗 スロベニア 世界選手権に昇格
2位  ハンガリー
3位 日本の旗 日本
4位 イギリスの旗 イギリス
5位  リトアニア
6位  ルーマニア ディビジョン II に降格

ディビジョン II[編集]

ディビジョン II の試合はクロアチアザグレブ(グループA)、韓国ソウルで行われた。北朝鮮代表は出場を辞退した。

グループ A
順位
優勝 クロアチアの旗 クロアチア ディビジョン I に昇格
2位  ベルギー
3位 スペインの旗 スペイン
4位 セルビアの旗 セルビア
5位  ブルガリア
6位 トルコの旗 トルコ ディビジョン III に降格
グループ B
順位
優勝 大韓民国の旗 韓国 ディビジョン I に昇格
2位 オーストラリアの旗 オーストラリア
3位 イスラエルの旗 イスラエル
4位 アイスランドの旗 アイスランド
5位 メキシコの旗 メキシコ
6位 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 ディビジョン III に降格

ディビジョン III[編集]

ディビジョン III の試合はアイルランドダンダークで行われた。

順位
優勝  ニュージーランド ディビジョン II に昇格
2位 アイルランドの旗 アイルランド ディビジョン II に昇格
3位 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
4位  南アフリカ共和国
5位 モンゴルの旗 モンゴル 初出場
6位 アルメニアの旗 アルメニア 出場辞退

外部リンク[編集]