アルファ・ウマル・コナレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファ・ウマル・コナレ
Alpha Oumar Konaré
Konare27022007.jpg

任期 1992年6月8日2002年6月8日

出生 1946年2月2日(68歳)
Flag of French Sudan (1958-1959).svg フランス領スーダン(現マリ共和国)、カイ
政党 マリ民主同盟(ADEMA)
配偶者 アダム・バ・コナレ

アルファ・ウマル・コナレ(Alpha Oumar Konaré, 1946年2月2日 - )は、アフリカ連合(AU)の執行機関であるAU委員会の元委員長(2003年9月16日-2008年2月1日)。マリ共和国政治家で元大統領ポーランドワルシャワ大学卒業。マリ共和国で初となる独立系新聞「レゼコ」の創設者。

ムーサ・トラオレ独裁政権を批判したことでスポーツ文化相を解任され、以後は反体制派に転じる。マリ民主同盟(ADEMA)党首時代の1992年4月、大統領選で当選。マリ史上初めて民主的な手続きにのっとり政権交代が行われた。2002年6月まで2期10年間の任期をまっとうし、2003年7月のAU首脳会議でAU委員会委員長に選出され、同年9月16日より就任、2008年2月1日まで務めた。

彼の夫人、アダム・バ・コナレは、作家、歴史家で難民教育基金の理事。


公職
先代:
アマドゥ・トゥマニ・トゥーレ
(人民救済移行委員会委員長)
マリ共和国の旗 マリ共和国大統領
第3代:1992 - 2002
次代:
アマドゥ・トゥマニ・トゥーレ
外交職
先代:
ニャシンベ・エヤデマ
西アフリカ諸国経済共同体議長
第20代:1999 - 2001
次代:
アブドゥライ・ワッド