アメノオシヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アメノオシヒ(アマノオシヒ)は、記紀等に伝わる日本神話

古事記』・『日本書紀』では「天忍日命(あめのおしひのみこと)」、他文献では「天押日命」や「神狭日命」とも表記される。

大伴氏(大伴連/大伴宿禰)の祖神で、天孫降臨の際にニニギ(瓊瓊杵尊/邇邇芸命)に随伴したと伝わる。

系譜[編集]

アメノオシヒの系譜について、『古事記』・『日本書紀』に記載はない。

古語拾遺』や『先代旧事本紀』「神代本紀」では、高皇産霊尊(タカミムスビ)の子とする。なお「神代本紀」では、別名に「神狭日命」の名称を挙げる。

また『新撰姓氏録』では、高皇産霊尊の五世孫または六世孫とする(後述)。

記録[編集]

古事記』の天孫降臨ニニギの降臨)の場面では、天忍日命・天津久米命久米直の祖)の2人が、背に強固な靫を負い、腰に頭椎の太刀を下げ、手に天のはじ弓を持ち、 天の真鹿児矢をたばさんで、天孫の先導をしたとする[1]

日本書紀』神代下第九段 一書第四の天孫降臨の場面では、天忍日命は天槵津大来目(来目部遠祖)を率いて、天磐靫を背負い、稜威の高鞆を腕に着け、天梔弓・天羽羽矢を手に取り、八目鳴鏑を添え持ち、また頭槌剣を帯びて、天孫の先払いをしたとする[2]

同様の伝承は『古語拾遺』、『先代旧事本紀』「天神本紀」、『新撰姓氏録』左京神別 天神 大伴宿禰条にも見える。

後裔氏族[編集]

アメノオシヒについて、『古事記』・『日本書紀』とも大伴連(大伴氏)の祖とする。

また『先代旧事本紀』「神代本紀」・「天神本紀」においても大伴連の祖とし、『古語拾遺』では大伴宿禰の祖とする。

『新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 左京神別 天神 大伴宿禰 - 高皇産霊尊五世孫の天押日命の後。続けて天孫降臨の際の天押日命の伝承を載せる。
  • 右京神別 天神 大伴大田宿禰 - 高魂命六世孫の天押日命の後。
  • 右京神別 天神 佐伯日奉造 - 天押日命十一世孫の談連(大伴談)の後。
  • 大和国神別 天神 高志連 - 天押日命十一世孫の大伴室屋大連公の後。
  • 河内国神別 天神 家内連 - 高魂命五世孫の天忍日命の後。
  • 河内国神別 天神 佐伯首 - 天押日命十一世孫の大伴室屋大連公の後。

大伴氏のカバネは初め「」であったが、天武天皇13年(684年)の八色の姓制定時に「宿禰」を賜っており[3]、カバネの記載が異なるのはこのことによる。

考証[編集]

「オシヒ」の名称については、「大し(おし)霊(ひ)」の意とする説や[1]、「オホシヒ」と見て勇壮な意とする説が挙げられている[4]

大伴氏は歴史的に天皇・宮門の警護や地方平定などに携わった氏族であり、天忍日命の上記説話のほか道臣命大伴武日大伴室屋らの説話は、そうした大伴氏の職掌の起源を説明するのが目的とされる[3]

また『古事記』の伝承では天忍日命・天津久米命が同格で先導を行うが、『日本書紀』・『古語拾遺』の伝承では同格でなく大来目を従えるという異同が存在する[2][5]。これについて、大伴氏が来目部(久米部)を従えるようになったのち、それが神話に反映されたとする説がある[2][5]

信仰[編集]

現在、アメノオシヒは次の神社などで祭神に祀られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『新編日本古典文学全集 1 古事記』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、p. 117。
  2. ^ a b c 『新編日本古典文学全集 2 日本書紀 (1)』小学館、2002年(ジャパンナレッジ版)、pp. 144-145。
  3. ^ a b 大伴氏(古代氏族) & 2010年.
  4. ^ 天忍日命(神道大辞典) & 1941年.
  5. ^ a b 天忍日命(国史).
  6. ^ 宇治山田市役所 編『宇治山田市史 下巻』宇治山田市役所、1929年、948ページ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]