アマート・ロンコーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖アマート・ロンコーニ 
Saint Amato Ronconi
Sant'Amato Ronconi.jpg
生誕 1225年
イタリアサルデーチョ
死没 1292年5月8日
イタリアリミニ
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1776年4月17日
列福決定者 教皇ピウス6世
列聖日 2014年11月23日
列聖場所 聖パウロ大聖堂, バチカン
列聖決定者 教皇フランシスコ
記念日 5月8日
守護対象 サルデーチョ
テンプレートを表示

アマート・ロンコーニイタリア語: Amato Ronconi1225年頃 - 1292年5月8日)は、13世紀イタリアの慈善家で、フランシスコ会在俗会員。リミニにほど近いサルデーチョで生まれ、リミニに死去した。

1776年に教皇ピウス6世によって列福され、2014年11月23日に教皇フランシスコによって列聖された[1]

生涯[編集]

聖アマートは1225年頃 イタリアサルデーチョ(現代ではエミリア=ロマーニャ州リミニ県に属する)の裕福な家に生まれた。しかし非常に幼い時期に孤児になり、彼の兄の家で育てられた。

福音に従って生きるように神に呼ばれたように感じたが、彼は結婚しなくてはならない立場だったので、修道院には入らず、フランシスコ会在俗会の会員となった。その後、彼は一人になれる場所を探し、そこに逃げて、多くの人に非難されながらも隠者として生き始めた。

ある日、聖アマートの隠遁小屋が不可思議な光で光り輝き、天の歌声のようなものが聞こえてきた。その後彼は隠遁生活を止め、スペインサンティアゴ・デ・コンポステーラや、著名な聖堂などへの巡礼の旅に出た。そして、貧しい人やけが人の世話をするようになり、リミニの近くにあるオルチャリ山 (Orciale) に病院をつくり、彼は看護師として生涯を送った。

彼が死去したのは1292年5月8日である[1] [2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Saint Amatus Ronconi, Catholicsaints Info. (英語)
  2. ^ Blessed Amatus Ronconi - Roman Catholic Saint (英語)